Twitter | Search | |
行政書士試験勉強bot
2017年度行政書士試験に1発合格。試験範囲の知識をランダムで配信しています。皆様の勉強にお役立てください。なお内容は2017年時点のものです。法改正等で違う答えとなった場合はリプ頂けたら幸いです。
18,257
Tweets
161
Following
1,062
Followers
Tweets
行政書士試験勉強bot 41m
(憲法) 参議院選挙は、都道府県の代表・地域代表の側面があるため、衆議院選挙よりも一票の価値の平等は後退するか。 ↓ 後退しない。 衆参両院共に、国会議員はあくまでも全国民の代表であるため、投票価値の平等が後退してよいとすべき理由はない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 2h
(民法)質権 質と言って一般的に想像するのは「動産質」である。当事者の合意と質物の引渡しで効力を生ずる。 では、もし質権者が占有を奪われた場合、質権者はどのような対応が取れるか。 ↓ 「占有回収の訴え」でのみ回復請求できる。占有を失っているため質権(物権)での返還請求はできない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 3h
(行政不服審査法) 行政不服審査会に諮問をした審査庁は、審査請求人に対し何を通知して、何を送付しなければならないか。 ↓ 諮問をした旨を通知し、 審理員意見書の写しを送付する
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 4h
(行政手続法) 聴聞は、「①」が、名宛人に対して相当な期間をおいて書面にて通知を行う。 当事者は「②」を述べ、「③」を提出し、主宰者の許可を得て「④」をすることが可能。 聴聞は原則「⑤」。 ↓ ①行政庁(×主宰者) ②意見 ③証拠 ④質問 ⑤非公開(行政庁の判断で公開も可)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 5h
(行政事件訴訟法)当事者訴訟 実質的当事者訴訟とは「①」の「②」に関する訴訟である。 具体例としては、「無効な懲戒処分を受けた議員の地位『③』」「日本国籍を有することの③」「在外国民に選挙権があることの③」「憲法に基づく損失補償請求」などがある。 ↓ ①公法上 ②法律関係 ③確認
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 6h
(民法)即時取得 ⚫︎即時取得は、「占有改定」では成立しない。外観上、占有者が明確になっていないといけないため。 ⚫︎金銭は、特段の事情のない限り、即時取得の対象とならない。 ⚫︎占有者からの譲受人は、過失がないものと推定されるので、自己に過失がないことを立証する必要がない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 7h
(民法)占有訴権 占有を妨害された場合は「占有保持の訴え」によって、妨害の「①」および損害賠償を請求できる。 占有を妨害されるおそれがある場合は、「占有保全の訴え」によって、妨害の「②」または「③」を請求できる。 ↓ ①停止 ②予防 ③損害賠償の担保 ※保全は「または」なので注意
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 8h
(基礎法学) 条約は国家間の文書による合意であり、国内の法的効力は法律より優先される。 条約と国内法との関係については、 ●国が締結した条約は国内法としても通用するという説(★通説)と ●条約は締結したままでは国内法に影響はなく、国内法の立法手続きが改めて必要という説がある。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 9h
(国家賠償法) 医薬品の副作用による被害が発生し、監督権者が被害の発生を防止するために権限を行使しなかった。しかし当時の医学的・薬学的知見では、その医薬品の有用性が否定されるまでに至っていなかった。国家賠償法上、違法とされるか。 ↓ されない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 10h
(地方自治法) 普通地方公共団体には議会が設置される。しかし、議会を置かなくてもよいとされる地方公共団体がある。それはどこか。 ↓ 町・村 人数が少ないため、「条例」によって議会の代わりに「総会」を設けることが認められる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 11h
(行政事件訴訟法)【判例】 審査庁が一度下した裁決を自ら覆す裁決をした場合、その裁決は「不可変更力」によって違法となるが、その違法が重大かつ明白で当然に無効と扱われる場合以外は、適法に取り消されない限りは有効とされる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 12h
(行政事件訴訟法) ▼処分性があるとされたもの ・みなし道路の指定 ・保育所の廃止 ・病院開設中止勧告 ・土地区画整理事業計画 ・輸入禁制品通知 ・供託物取戻請求却下 ▼ないとされたもの ・ごみ焼却場建設 ・用途地域の指定 ・国有財産の払い下げ ・交通反則金納付の通告
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 13h
(行政法) 各省および内閣府には、事務次官と副大臣が置かれるが、これは任意か必須か。 ↓ 必須 国家行政組織法および内閣府設置法に規定されている。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 14h
(行政事件訴訟法)裁判管轄 土地の収用、鉱業権の設定、その他「不動産・特定の場所に係る処分」の場合、不動産またはその場所の「所在地の裁判所」にも取消訴訟を提起できる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 23h
(民法)不動産の買い戻し特約 ●買い戻し特約は、売買契約と「①」でなければならない ●買い戻しの期間は「②」を超えられない ●買い戻し期間の伸長は「③」 ●期間を定めなかった場合は「④」以内に買い戻さなければならない ●登記で第三者効発生 ↓ ①同時 ②10年 ③できない ④5年
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 24h
(基礎法学)「科する」と「課する」の違い ▼科する 「罰としての制裁」の意味 ※科料など ▼課する 「負わせる」の意味(罰ではない) ※課税など
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jun 18
(行政不服審査法) 行政不服審査法上、「人の収用、物の留置など継続的性質を有する事実行為」は対象となるか。 ↓ なる。 公権力の行使にあたる事実上の行為は、「処分」に含まれる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jun 18
(民法)遺産分割 Aが相続財産中の土地を「Bに相続させる」旨の遺書を残して死亡した場合、原則として土地はAの死亡時に、何らの行為を要せずしてBに承継されるか。 ↓ される。特定の財産を「相続させる」遺言は、死亡時に直ちに財産が承継される。(登記もその相続人が単独で移転できる)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jun 18
(民法)占有 土地賃借人である被相続人が死亡した場合、その相続人は賃借地の占有権を取得するか。 ↓ 取得する。 占有は当然に相続人に移転する。(賃借地を直接支配していなくても)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jun 18
(民法)同時履行の抗弁権 ▼抗弁が認められるケース ・契約の解除による双方の「原状回復義務」 ・弁済と受取証書(領収書)の交付 ▼抗弁が認められないケース ・賃貸借契約終了に伴う「敷金返還義務」と「建物明渡し」 ・弁済と「借用証書の返還」 ・弁済と「抵当権登記抹消手続き」
Reply Retweet Like