Twitter | Search | |
行政書士試験勉強bot
2017年度行政書士試験に1発合格。試験範囲の知識をランダムで配信しています。皆様の勉強にお役立てください。なお内容は2017年時点のものです。(法改正等で違う答えとなった場合はリプ頂けたら幸いです)
14,709
Tweets
44
Following
791
Followers
Tweets
行政書士試験勉強bot 22m
(民法)離婚後の姓 離婚した場合は「当然に」旧姓に戻る。しかし離婚の日から3ヶ月以内に届け出れば、そのまま名乗り続けることができる。 では「死別」の場合はどのような扱いとなるか。 ↓ そのまま使い続けるか旧姓に戻すかは、自由に選択することができる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 1h
(行政事件訴訟法) 事情判決は、それのみをもって被告に損害賠償を命ずることはできない。(損害賠償は、後訴による国家賠償請求によって求める) ※既判力が働くため、後訴において被告が違法性を否定することはできない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 2h
(行政法) 行政庁はその権限の一部を他の行政機関に代行させることができるが、「権限の委任」と「権限の代理」の違いを答えよ。 ↓ ▼権限の委任 権限が委譲され、行政庁は権限を失う。法的根拠必要。 ▼権限の代理 権限を代理させ、行政庁は権限を失わない。法的根拠不要。行政庁の名で行う。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 3h
(民法)隔地者間の契約 申込みの撤回が承諾の意思表示の発送後に到達した場合や、承諾の通知が申込みの期間経過後に到達した場合などに、相手方に「延着通知」が義務付けられることがあるが、どのような場合に義務となるか。 ↓ 通常であれば期間内に到達するように発送したと知ることができたとき
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 4h
(行政法) 行政手続法上、公聴会の開催が求められているものがあるが、それはどのような場合か。 ↓ 申請に対する処分を行う際に、「申請者以外の者の利害を考慮すべき」ことが要件とされている場合 なお、開催は努力義務であり、開かずに処分をしても違法ではない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 5h
(一般知識) データそのものではなく、作成日時や作成者名などのデータに関するデータのことを何というか。 ↓ メタデータ
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 14h
(行政事件訴訟法) 原告が、被告とすべき相手を誤って訴訟を提起した場合、原告に「①」または「②」がなければ、裁判所は原告の申立てにより、決定をもって、被告を変更することを許すことができる。 ↓ ①故意 ②重大な過失
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 15h
(行政手続法) 申請に関する行政指導に関し、申請者が従わない意思を表明したときは、行政指導に携わる者はその申請が取り下げられたとみなしてよいか。 ↓ ダメ。 そのような規定はない。 勝手に取り下げられたとみなしてはならない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 16h
(行政手続法) 意見公募手続が義務付けられているのは、内閣または行政機関が定める「①」「②」「③」「④」である。 ↓ ①~④命令・規則、処分基準、審査基準、行政指導指針
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 17h
(行政事件訴訟法) 取消訴訟と関連請求に係る訴訟とが別の裁判所に係属する場合、「①」または「②」でその訴訟を取消訴訟の継続する裁判所に移送することができる。 ↓ ①申立て ②職権
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 18h
(民法)地役権 土地の共有者の一人が時効によって地役権を取得した場合、他の共有者もこれを取得するか。 ↓ する。地役権は不可分性があるため、共有者の一人でも取得すれば全員が取得する。 基本的に民法は地役権に優しく、「なるべく成立するよう」「なるべく消えないよう」配慮されている。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 19h
(行政事件訴訟法)【判例】 新築の建物について過大に登録免許税を納付した者が、登記官に対して、税務署長に対する還付通知(お金返してと要求)をした場合において、登記官が拒否の通知(お金返しませんと返事)をしたことは、『行政処分』にあたる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 20h
(民法)表見代理 印鑑証明書下付(かふ)申請のような「①」の行為は基本代理権にならず、表見代理は成立しない。 ただし「登記申請」については、それ自体は①の行為であっても、私法上の取引行為の一環として私法上の効果も生じるので、基本代理権が認められ表見代理が成立する。 ↓ ①公法上
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 21h
(民法)土地の工作物責任 土地の工作物に瑕疵があり、他人に損害を生じさせた場合は、誰が責任を負うか。 ↓ ①まず初めに「占有者」が責任を負い、 ②占有者が損害発生を防止するために必要な注意をしていたことを証明した場合は「所有者」が責任を負う。(無過失責任)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 22h
(行政不服審査法) 行政庁は、不服申立て可能な処分を書面でする場合には、3つのことを書面で教示する義務があるがそれは何か。 ↓ ①不服申立てできること ②申立て先の行政庁 ③申立てできる期間 ※利害関係人から求められたときも教示が義務。口頭OKだが、書面を求められたら書面。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 23h
(債務引受) 債務引受とは、まったく同一の債務を、契約で他の者に移転すること。 ●免責的債務引受:他の者が債務を引受け、元の債務者が債務から解放されるもの(元の債務者の意思に反しない限り可) ●重畳的債務引受は、別の者が「連帯債務者」になるもの(元の債務者の意思に反しても可)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Nov 11
(行政不服審査法) 行審法上の執行停止は、審査請求人の申立てにより要件を満たした場合に行う必要的執行停止の他、審査庁が必要と認めるときに行う任意的執行停止がある。 審査庁が処分庁・上級庁の場合は職権でできるが、それ以外の場合はどのように行うか。 ↓ 処分庁の意見を聴取した上で行う
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Nov 11
(憲法)財政 憲法84条には「税は法律で定める」という租税法律主義が規定されているが、国民健康保険「料」のような、税以外の公課にも適用されるか? ↓ 憲法84条の「趣旨が及ぶ」 ※直接適用される、という肢は不正解なので注意!
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Nov 11
(民法)遺留分 遺留分が認められている相続人は誰か。 また遺留分の請求は、誰に対して、どのような請求をするか。 ↓ 認められているのは、配偶者・子・直系尊属である。(※兄弟姉妹は認められない) 財産を取得した人に対し、「遺留分減殺請求」を行う。(裁判外でも可)
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Nov 11
(一般知識)三位一体改革 小泉内閣時代に、行われた三位一体改革の3つを挙げよ。 ↓ 目的は「地方分権」の推進 ①税源の移譲(国税を地方税に移す) ②国庫補助金の廃止・縮減 ③地方交付税の見直し
Reply Retweet Like