Twitter | Search | |
行政書士試験勉強bot
2017年度行政書士試験に1発合格。試験範囲の知識をランダムで配信しています。皆様の勉強にお役立てください。なお内容は2017年時点のものです。(法改正等で違う答えとなった場合はリプ頂けたら幸いです)
15,764
Tweets
55
Following
855
Followers
Tweets
行政書士試験勉強bot 25m
(行政事件訴訟法)訴えの利益 行訴法上の訴訟要件には、「訴えの利益」が必要であるとされている。 では、再入国の不許可処分の取消訴訟継続中に、原告である外国人が日本を出国した場合、訴えの利益はどうなるか。 ↓ 失われる。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 1h
(行政手続法) 意見公募手続が義務付けられているのは、内閣または行政機関が定める「①」「②」「③」「④」である。 ↓ ①~④命令・規則、処分基準、審査基準、行政指導指針
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 2h
Replying to @EDE1upNk73eBx8k
高いですよねぇ。 司法書士や弁護士はこれよりさらに高いのでびっくりです😅
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 2h
(登録費用) 東京都行政書士会の場合、行政書士登録には以下の費用がかかる。 ●登録手数料 2万5000円 ●入会金 20万円 ●会費 1万8000円(※月あたり6000円の3ヶ月分前払い) ●登録免許税 3万円 〇政治連盟会費 1万2000円(月あたり1000円)※任意
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 3h
(地方自治法) 市の仕事全般に関する「事務監査請求」は、①有権者総数のどれだけの連署で、②誰に請求し、③誰が最終報告を行うか。 ↓ ①1/50 ②監査委員に対し ③監査委員が行う ※監査請求ときたら、監査委員に請求 ※住民監査請求は、違法不当な「財務会計」の行為。違いに注意。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 4h
(地方公共団体) 「市」として認められるためには、人口は何人必要か。 ↓ 5万人 ※一度認められれば、その後人口が5万人を下回っても資格は失われない
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 5h
(行政法) 普通地方公共団体の長が、公共団体を代表して契約行為を行う際、相手方の代表にもなることは禁止されるか。 ↓ 禁止される。 民法の「双方代理」が類推適用されるため。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 6h
(一般知識) 中央銀行が民間の金融機関に対して行う貸出利率を上下させることで、通貨量の調節を図ることを何というか。 ↓ 公定歩合操作
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 15h
(民法)弁済 弁済にかかる費用(送料や手数料など)は、民法の原則ではどちらが負担するか? ↓ 売主(債務者)負担。 なお、契約後に債権者が海外に移転したなど、負担が増えた場合は、その増加分を買主(債権者)負担。 ※債権者、債務者の判断は「物」を基準として考える。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 16h
(行政法) 行政行為に瑕疵(違法または不当)があった場合、行政庁がみずから取り消すことを「①」と呼び、「②」と「③」が行うことができる。 これに対し、適法な処分を後発的な事由で効力をなくさせることを「④」と呼び、②のみが行える。 ↓ ①職権取消し ②処分庁 ③上級庁 ④撤回
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 17h
(民法)契約の成立 契約の申込みにあたり「承諾の期間」を定めた場合、その期間内の申込みの撤回はできない。では、「承諾の期間」を定めなかった場合は、いつまで撤回できないか。 ↓ 承諾の通知を受けるのに通常要すると考えられる相当の期間
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 18h
(民法)損益相殺 不法行為によって被害者に「利益」があった場合に、加害者の賠償金額から相殺することを損益相殺という。例えば不法行為によりAが死亡した場合、Aが生きるために必要だった「?」の負担はなくなるため、Aの家族はその分利益を得ており、損害賠償額から控除される。 ↓ 生活費
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 19h
(民法)占有訴権 占有を妨害された場合は「占有保持の訴え」によって、妨害の「①」および損害賠償を請求できる。 占有を妨害されるおそれがある場合は、「占有保全の訴え」によって、妨害の「②」または「③」を請求できる。 ↓ ①停止 ②予防 ③損害賠償の担保 ※保全は「または」なので注意
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 20h
(一般知識) 「特殊法人」とは何かを完結に述べ、その代表例を2つ挙げよ。 ↓ その法人を設立する旨の具体的な法令に基づいて設立され、独立行政法人、認可法人、特別民間法人のいずれにも該当しないもの。 ▼代表例 日本年金機構 日本放送協会
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 21h
(行政手続法) 地方公共団体の行政庁が、法律を根拠とする許認可等の審査基準を定める場合、意見公募手続は義務か。 ↓ 義務ではない。 地方公共団体には意見公募手続の規定が適用されない。 ただし、公正の確保と透明性の向上を確保するため、必要な措置を講ずるよう努めなければならない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 22h
(民法) Aには妻Bと子Cがいる。Aの死亡と近接した時にCも死亡したが、CがAの死亡後もなお生存していたことは明らかでない。この場合、相続はどのようになるか。 ↓ AとCは同時に死亡したと推定され、Cは相続人とならない。よってBが全てを相続する。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot 23h
(行政法) 「違法行為の転換」とは、ある行政行為としては瑕疵があっても、別の行政行為としてみれば瑕疵がない場合に、転換して効力を維持すること。 ▼認められた事例 〇死者を名宛人として行った処分を、相続人に対する処分とした 〇小作人への農地買収を、請求が必要としないものにした
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jan 14
(地方自治法) 長が、拒否権を「行使しなければならない」場合はどのようなときか3つ答えよ。 ↓ ①「違法」な議決があった場合 ②「義務費」の削除・減額の議決があった場合 ③「非常費」の削除・減額の議決があった場合 長は理由を示して再議に付さなければならない。
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jan 14
(民法)留置権 留置権とは、債務者が弁済しないときに預かっているものを返さなくてよいという権利。成立要件4つを答えよ。 ↓ ●その物に関して発生した債権であること ●債務が弁済期にあること ●占有していること ●占有が不法行為で始まっていないこと
Reply Retweet Like
行政書士試験勉強bot Jan 14
(行政法) 地方公共団体が、第三セクターの法人事業に関して締結した損失補償契約は、財政援助制限法に違反して直ちに無効となるか。 ↓ ならない。 損失補償契約は地方公共団体の執行機関の裁量であり、その範囲を逸脱または濫用したか否かによって適否を決するものである。
Reply Retweet Like