Twitter | Search | |
礒部 雄大@税理士
リップラー税理士/ 宅建士/ ブロガー / 仮想通貨(暗号資産)XRPに惚れ込んでいます✨税金を知らずして仮想通貨投資をしてはいけませんよ。主に仮想通貨の税金を中心に情報提供していきます💰 所属
550
Tweets
126
Following
1,085
Followers
Tweets
礒部 雄大@税理士 19h
Replying to @pegatenn
事件前からも申請に時間かかっていたのですね。情報ありがとうこざいます(^^)
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 21h
コインチェックでリップルの貸仮想通貨(レンディング)の申請をして約1ヶ月経ちましたが、まだ貸出申請中のままです😅 リップルが人気なのか、思ってたよりも貸出しまでに時間がかかりますね。 レンディングをご検討の方は、申請に時間がかかるのでご注意下さい!
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 15
ビットコイン100万円超えましたね✨ これでメディアに取り上げて頂いて、仮想通貨市場が盛り上がって欲しいですね! そろそろリップルもきますかね。 ひとまず大阪G20を注視しておこうと思います。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 13
Replying to @yudai_isobe
今年の税制改正で、この2種類の方法のうち「総平均法」が法定評価方法となりました。 「移動平均法」で計算するためには、別途税務署に届出が必要になります。総平均法で計算するのであれば、この届出は必要ありません。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 12
仮想通貨の所得は「売却金額-購入金額」で計算されるため、所得を求めるためには購入金額を計算する必要があります。 また、同じ仮想通貨を2回以上購入した場合は、購入単価を求めなければなりません。 この購入単価を求める方法として「移動平均法」と「総平均法」の2種類があるわけです。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 retweeted
けいすけ🌏ツイッター分析のプロ Jun 11
けいすけのフォロワー様感謝企画🎉 フォロワー様が🎉13000人🎊突破致しました。 素直に感謝しています。ぼくの拡散力をフォロワーの皆様に還元します! 📢あなたの固定ツイートをRTします📢 🙅‍♂️不適切内容🙅‍♂️ 参加条件 ▶️ をフォロー ▶️このツイートをRT これからもよろしくお願いします😊
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
仮想通貨取引所を利用する場合は、2段階認証を必ず行いましょう! 2段階認証をしていないとハッキングされた場合に補償の対象とならない場合があります。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @endlessinvester
私は司法書士ではないのでそこまで詳しくありませんが、定款に含めていれば認められるのではないでしょうか。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
仮想通貨の所得は、「収入-必要経費」で計算します。 ○ 必要経費に含まれるもの ・仮想通貨の購入金額 ・仮想通貨関連の書籍代、セミナー代 ・通信費 ・パソコン、スマホ代 等 通信費、パソコン、スマホ代は、全額ではなく仮想通貨取引に使われた割合が必要経費となります。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @kizunatax
よろしくお願いします!
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @kizunatax
ぜひお願いします!
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @kizunatax
僕ももう少し情報が欲しいです😭いつか、お話しお聞かせていただけませんか?
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @CF6WPEKecNYXdhY
仮想通貨に関しては、今のところ対応している税理士は少ない印象です。 ただ、仮想通貨の申告も簡便化していってますので、今後は増えていくと思いますよ!
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 11
Replying to @yudai_isobe
個人では仮想通貨で赤字がでても基本、翌年に繰り越すことができません。 しかし、法人で仮想通貨を保有する場合は、青色申告であれば、赤字を10年繰り越すことが可能です!! ここは、法人保有のメリットです。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
税務系の雑誌でも暗号資産として表記されるようになってきてますね(^^) 仮想通貨は、暗号資産に名称が変更されます。 暗号資産が浸透してきたら、ツイートする時も暗号資産を使おうかな。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
Replying to @momomo_neko
残念ながら一昨年のマイナスは今年は使えないので、今年の50万円に税金がかかります。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
Replying to @CF6WPEKecNYXdhY
はい。全額は無理ですが経費で落とせます。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
Replying to @yudai_isobe
仮想通貨間でなくても、雑所得であれば相殺はできます。 例えば、アフィリエイト、ソーシャルレンディング、セミナー講演料の所得があれは、仮想通貨の赤字と相殺できます。
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
同じ質問を多く頂くので共有しておきます。 仮想通貨の所得は原則、「雑所得」となりますので赤字がでても他の所得と相殺することはできません。 しかし、仮想通貨間での相殺はできます。例えば、リップルで100万円利益、ビットコインで50万円の損失の場合は、雑所得は100万-50万=50万となります!!
Reply Retweet Like
礒部 雄大@税理士 Jun 10
Replying to @tbachin1
通算±0の場合は課税されないです!
Reply Retweet Like