Twitter | Search | |
世に倦む日日
世に倦む日日のTwitterです。ご連絡先
23,918
Tweets
0
Following
23,524
Followers
Tweets
世に倦む日日 11m
今回、安倍晋三が久しぶりに選挙で苦戦した。総理総裁になって6年経つが、初めて選挙で苦戦して予想外の結果が出た。これまで国政選挙で5戦5勝、すべて大勝と圧勝ばかり。今回はトリプルスコアで勝つと事前に豪語していたから、この意外な批判票は相当に不本意だろう。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 6h
「平壌南北首脳会談の不足感 - 金正恩は国連総会に出るべきだった」をアップしました。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 6h
小泉進次郎がもっと早く石破茂支持を表明していれば、議員票(無派閥)ももっと石破茂に流れただろうし、党員票(地方票)は同数になるか、あるいは上回る結果になったかもしれない。大番狂わせが起きていた。小泉進次郎、不細工だな。とりあえず、石破派に入れよ。反主流派を作って動け。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 6h
総裁選結果。これは影響大きいかもしれない。地方票(党員票)、ほぼがっぷり四つじゃないですか。あれだけ厳しい締めつけをやって、石破茂が地方で集会を開けないようにしておきながら。マスコミ報道では、石破茂に票が入るのは、鳥取・島根・高知だけで、あとは全て安倍晋三の圧勝という話だった。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 6h
あ、議員票と党員票の内訳が出ていた。石破茂が議員票で73票も取っている。これって事前のマスコミ報道と全然違うじゃないか。50票だったはずだ。地方票にいたっては事前の情勢予測と全く違う。小泉進次郎の態度決定の前ですでにこうだった。安倍晋三、事実上の敗北だぞ。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 6h
石破茂、254票。十分な健闘結果ですね。政治家としての生命力を今後に残した。安倍晋三は、目標として掲げていたトリプルスコアの獲得に失敗した。553票じゃ、やっとダブルスコアだ。まさか、党員票で負けていたんじゃないだろうな。番狂わせじゃないか。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 11h
小泉進次郎は男を下げたと思う。今回の総裁選での一挙一動を見て、この男の派閥に入ろうと思った人間はいないだろう。安倍晋三は四選に出てくるし、党規約を変えて任期を無期限にする可能性もある。小泉進次郎、今回を見送った時点で負けだよ。次があるなどと考えるのは甘い。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 13h
小泉進次郎が石破茂支持の意向を表明。もう少し早く言わないといけないよね。党員票が締め切られた後でこんなことを言って。おそらく、ポストをもらえないことの打診を受けたからだろう。無派閥の議員票には少し影響するかもしれないが。小泉進次郎、次もないと私は思う。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 22h
金正恩と文在寅が一緒にNYへ行って、国連総会で演説すればよかったんですよね。これだけ仲よくやっているんなら、それを国際社会に対して正しく見せるべきだった。平壌でこそこそやらずに、民族だけの内輪で自己満足せずに、世界に向かってアピールすべきだった。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 19
今回発表された南北の「軍事分野合意書」。 韓国と北朝鮮の二国間で結んだ終戦協定・平和協定という感じですよね。非常に画期的で有意義だけれど、ここに米国が入ってくれないと本当の終戦協定にならない。米韓合同軍事演習が再開されたら白紙に戻されてしまう。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 19
米韓合同軍事演習が再開されたら、次は瀬取りの摘発になる。6月の米朝首脳会談のあと大目に見ていた瀬取りに取り締まりが入る。臨検される。北朝鮮政策のヘゲモニーをボルトンが握り、ヘイリーなどタカ派がドライブする。中国は、米中貿易戦争の中で自由に身動きがとれない。時間がないぞ。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 19
こういう民族のサプライズで演出するのではなく、2泊3日をギリギリまで使って非核化の説得をして欲しかった。それを期待した。小出しにしたりお茶濁しで済ませていてはだめだ。トランプが失脚する。金正恩がNYに乗り込んで工程表を見せるか、北京に飛び込んで核の傘に入る宣言をするしかない。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 19
非核化で何も成果がないから、白頭山訪問のサプライズ演出で得点狙い。韓国内でどう評価されるかだが、対米的・対トランプ政権的には博打という感じが強い。韓国でよほど支持率が上がらないと、米韓合同軍事演習の再開になるぞ。トランプは支持率が落ちて手足を縛られている。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
大事なのは、32年後の世界経済で、中国が米国を抜いて第1位になっているだけではなく、中国のお友だちが大きくなって地位を占めていることだ。BRICSのインドは第3位で米国と同等の規模。第4位はブラジル。第5位はインドネシア。第6位はメキシコ。第7位はロシア。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
ゴールドマンサックスの予測では、2050年に中国のGDPは52兆ドルで米国34兆ドルの1.5倍。この規模になれば、軍事力も米国と肩を並べているだろう。基軸通貨は人民元。IMF本部は北京。経済のルールは中国が決めている。産業製品の標準仕様も。あと32年後。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
枝野幸男、半年前までは、「理念・政策の一致が大事」「数合わせはしない」と言っていたのに、いつの間にか、一人区で国民民主党も含めた野党候補を立てるという話になった。選挙が終わったら院内統一会派だろう。神津里季夫の手打ちでシャンシャン。それが見えているから、国民はシラケるのだろう。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
CNNが紹介した予想らしいが、2025年にGDPで中国が米国を追い越す。あと7年後。 このグラフだと2020年の段階で僅差になっている。2017年の実績ベースは、中国が12兆ドルで米国が18兆ドル。トランプの「経済戦争」の意味はここにありそうだ。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
テレビの報道屋というのは、一応は中立のコードがあるから、どれほど与野党を公平に扱おうとしても、立憲民主党の支持率がこうやって半分に落ちて自民党の7分の1の数字じゃどうしようもない。野党5党でも自民党の4分の1。これが世論の所与だから、デフォルトで政治の説明と言論の態度は決まる。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
安倍晋三は勝つために着々と態勢を整えている。報ステの小川彩佳を降ろして徳永有美に替える。スクランブルの橋本大二郎を降ろして小松靖に替える。ZEROの村尾信尚を降ろして有働由美子に替える。いちだんと安倍翼賛シフトを固める。影響大きいよね。確実に世論と選挙の動向に影響が及ぶ。
Reply Retweet Like
世に倦む日日 Sep 18
立憲民主党はなぜこんなに支持率が下がるのか。自民党の支持率は同じ水準で安定しているのに、立憲民主党の支持率はなぜ半分になるのか。その質問に真面目に答えてもらいたい。その上で「野党共闘」で参院選を戦うのが正しいのかどうか考えてもらいたい。一人一人が主権者なのだから。
Reply Retweet Like