Twitter | Search | |
森 勇一
Medpage Today 「麻疹は他の疾患の『免疫記憶』を消してしまう」 免疫グロブリン(IgG, A, M)量は変わらないとのことで、つまり、普通の検査ではわからないけど、これまで積み重ねた免疫が知らないうちに消えているってこと。これ、マジで怖いわ。
Study adds to evidence that measles infection causes immune amnesia
MedPage Today MedPage Today @medpagetoday
Reply Retweet Like More
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
2013年のオランダでの麻疹流行で感染したワクチン未接種の小児77名で罹患前後の血中抗体をVirScanシステムで検査。年齢中央値9歳。重症麻疹では感染前に持っていた抗体の中央値40%(11~62%)を失い、軽症では中央値33%(12~73%)を喪失、一方で同年代の非感染者は90%を保持していたと。
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
元論文は Sceience: Measles virus infection diminishes preexisting antibodies that offer protection from other pathogens
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
なお、この、免疫を消されてしまう現象は、ワクチンを接種した小児には見られなかったとのこと。
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
以前から、疫学調査では麻疹感染後も5年以上にわたり他の感染症の罹患率と死亡率が上昇し、ワクチン以前の時代では麻疹以外の感染症死亡率が50%まで増加していたことが知られており、仮説として免疫的健忘が唱えられてはいたが、直接の証拠はこの研究が初めてとのこと。
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
「最近のオランダでの麻疹流行期に、ワクチン接種率の低い地域の家庭に血液サンプル提供の同意を得た。ワクチン未接種小児77名(平均年齢9歳、SD±2)から、検査で確認された麻疹罹患の前後で血清を採取、加えて期間中に罹患しなかった非接種児5名からも採取した」 最初から狙ってやっていたのか…!
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
免疫グロブリン(血液中の抗体の全体量)は減少しておらず、単純に抗体を失ったのではなく、抗体レパートリーが再構築された、つまり、麻疹ウィルスにより免疫自体がリセットされてしまったのではないかと。
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 1
Replying to @ymori117
麻疹による免疫的健忘のあと、新たな感染に対して免疫は獲得されるが、いったん免疫を失ったリスクは残ったと。さらに、念の入ったことに、動物実験で同じ現象が起こることを確認している。この研究した人たち、めちゃくちゃ頭がいい上に徹底している。
Reply Retweet Like
HIROコスメ社長@NZ在住 Nov 2
Replying to @ymori117
ニュージーランドでも今麻疹流行中。今年1月から10/31までで1969人の罹患者。うちオークランドエリアでは1591人も!人口470万人弱なのに。
Reply Retweet Like
森 勇一 Nov 2
Replying to @co2beauty
えぇぇ! 人口比でその人数は大変ですね。
Reply Retweet Like