Twitter | Search | |
鶴見済 『0円で生きる』発売中
ライター。新刊『0円で生きる』発売中。共同の畑や0円ショップなどで無料経済を実践しつつ、社会不適応者たちが生きやすいオルタナティブを広げることをもくろむ。頑張らず、少なく稼いで、稼ぎを公平に分け、のんびり生きられる社会がいい。日本独特の集団主義、同調圧力も嫌悪。他の著書に『脱資本主義宣言』『完全自殺マニュアル』など。
9,905
Tweets
981
Following
8,618
Followers
Tweets
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 15
ブログに、 関係のインタビューや書評をまとめて、気づいたことを書き足した。「一切の価値が空しくなったとき、かえって鮮烈によみがえってくる価値というものがある」などという話も。ブログでの紹介等も、まだあったら加えてていきます。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 15
18日(金)の毎日新聞夕刊に、 関係のインタビュー記事が載る予定です。よかったら読んでみてください。ネット配信は有料。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 15
今年も芽が出てきた苗80個。直まきするとネキリムシとヨトウムシから守り切れないので苗で。なかなか名案だと自負。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
yassyyassy May 11
ほんとにそう思う。 そして、とても才能豊かで色んな優れた能力を持っているのに、生きていくにはまずは必ずその能力をお金に変換する必要があり、それが出来ないと能力が無いことになってしまうとしたら、それは何かがおかしい。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
River Coffee & Gallery May 14
0円コーナーもつくりました。週刊誌や紙もの、その他不用品を置いています。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
くりかにすと@四十路からのチャレンジャー May 14
これほんとその通りだと思う。軽く頼んだり軽く断ったり出来るのは、人間関係の成熟度というより、お互いのコミュニケーション力の成熟度の問題だと思う。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 14
プロ奢ラレヤーを見ていると、例えば泊めてほしいとか、もっと軽く頼んでもいいのだし、同じように頼まれたほうも、そんなに重く受け止めず、もっと軽く断ってもいいのだなと思える。これでも昔に比べればはるかに軽くなったが、まだ重い。 
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 14
以前は教師の労働問題としてしか語られなかった部活問題が、いよいよ生徒の問題として語られるようになってきた。その次は、こういうものを支えてきたこの国の人間のメンタリティまで追求したい。|運動部の活動に総合的な指針 「ブラック部活」解消なるか
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 14
議会前抗議レイヴはすごいが、Age of Loveで熱狂してるのもすごい。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
しうん🐺野良夫婦 May 13
【救急支援のお願い】横転事故に遭遇し車と家を同時に失い、天のお導きにより新たな展開を迎えました。これから能登半島の限界集落で、土蔵を改築してのらりくらり暮らします。わたしたち夫婦へお布施の投げ銭をどうぞよろしくお願いします🤲
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 13
Replying to @wtsurumi
苦しくても誰にも助けられなかった人は、社会のためとか困っている人のためとか、そんなことは気にせず、思う存分自分で自分を助けていいと思う。それが公平ってものだ。自分勝手ではない。それは、深い経験から来た大切な感覚なのだから、否定することはない。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 13
この世界に対する「おあいこ」の感覚というのが、普通あると思う。例えば、自分が苦しんでいる時には、誰にも助けられなかった。それなのに困っている他の人を助けろとばかり言われても、納得いかない。これでおあいこだという。それが、思いやりのなさなどとは違うということがわからない人が多い。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 13
大原扁理氏の新刊で対談してます。「貨幣のトンネル」(ⓒ未来食堂さん)を通すやり方と通さないやり方、お金を共有することなど、面白い放談になったと思う。それにしても告知が早い!
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
大原扁理 May 11
新刊『なるべく働きたくない人のためのお金の話』7/2発売。予約受付中です。 →年収が下がるほど経済的不安から解放されるという珍体験。何を考え、どう行動したらそうなったのか、思い出せること全部書きました。よろしくお願いします!
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
まー坊/0円研究家 May 11
【世界一貧しい大統領"ホセ・ムヒカ"の言葉】 ①人生をすべて資本主義経済に委ねてはいけない ②あなたがモノを買うとき、それはお金で買っているのではなく「お金を稼ぐために費やした時間」で買っているのです ③かけがえのない人生を大切にして下さい 沁みる 僕もモノではなく人生を所有しよう。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
しうん🐺野良夫婦 May 12
で事故に遭うとこうなります。皆さんくれぐれもお気をつけて!
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
日刊ゲンダイ May 10
【政治】北朝鮮を巡る情勢がめまぐるしいこの時期に、弾道ミサイルを警告するJアラートのテスト放送が全国で一斉に実施されるというから驚きです。今年度は5月、8月、11月、来年2月と4回実施予定で昨年から倍増。1.3億円の予算が組まれています。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
人文書院 May 12
鳥取)憩いの古書店 来月再開へ : 読売新聞
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
モダンギャルド modern-garde May 11
Replying to @moderngarde
大分市の坂ノ市で「萬弘寺の市」 3,300人が出演、恒例の物々交換も メインの「物々交換」は19日4時から。暗い中で「換えんかえー」の掛け声とともに持ち寄った品々を交換し合う。例年大人から子どもまで約300人が参加。持ち寄る品は野菜、酒、手作りの菓子や雑貨などが多い。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 May 11
0円ショップ、来月は必ずやるので、物品を取っておいて待っていてください。
Reply Retweet Like