Twitter | Search | |
鶴見済 『0円で生きる』発売中
ライター。新刊『0円で生きる』発売中。共同の畑や0円ショップなどで無料経済を実践しつつ、社会不適応者たちが生きやすいオルタナティブを広げることをもくろむ。頑張らず、少なく稼いで、稼ぎを公平に分け、のんびり生きられる社会がいい。日本独特の集団主義、同調圧力も嫌悪。他の著書に『脱資本主義宣言』『完全自殺マニュアル』など。
9,459
Tweets
940
Following
8,231
Followers
Tweets
鶴見済 『0円で生きる』発売中 2h
でも紹介した世田谷のフリーショップくるくるひろばで、皿を貰う。物品の持ち込み、20人のボランティア、そしてカンパによって維持されているスペースというのは一見の価値あり。写真の棚はごく一部。 
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 3h
部活動は地域のスポーツクラブで 自民が提言へ |これもいい。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 4h
フリーランスに最低報酬 政府、労働法で保護検討 |これで最低原稿料が決まるのか? 不満は言ってみるものだ。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
ひうでえ Feb 14
春休み6冊目は鶴見済氏の『0円で生きる』 内容を簡潔に言うとポランニーの言う商品交換が主流になった経済のなかで贈与・再分配・共同作業などを中心とした貨幣に頼らないもう一つの経済を作るための実践書です こういった本はよく出回ってはいるのですが(続く)
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 24h
ヨーロッパ12カ国に広がる車の相乗りサービス「Bla Bla Car」もいい。毎月100万人以上が利用していて、相手も簡単に見つかるようだ。非営利で、ガソリン代・高速代などを割り勘。羨ましい。|旅は道連れ。相乗り乗車マッチングアプリ「BlaBlaCar」
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 19
ハイデマリーの住み込み交換労働とは、彼女を泊めてくれる人の家の家事手伝い。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 19
お金を一切使わなかったドイツ人女性ハイデマリーのドキュメンタリーの日本語版。彼女の人生は、毎日が住み込みの交換労働。ゴミも拾うし、シェアも駆使する。 はマーク・ボイルよりハイデマリーに近いかも。 本も出ている。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
ステッカー、レーザー加工屋 Feb 13
お見積り無料ですので、お気軽にDMから お問い合わせ下さい😊 過去製作品→
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
神長恒一 Feb 19
だめ連ラジオ「熱くレヴォリューション!」26回 前半 ’17 忘年会、アップしました~。 遅くなりましたが今回は、12月におこなっただめ連忘年会のようすです。毎年恒例「私の一文字」で、豪華メンバーがそれぞれの2017年を振り返りました。その前半です。ヨロシク~。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
津田大介 Feb 18
東京都の「結婚に向けた気運醸成のための動画」がヤバい。頭痛くなるなこれは……。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 18
複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中  |「関係性を隠さず、全員がすべての関係に合意している」「順位をつけず、すべての人を誠実に愛している」。アメリカ都市部で増加中だと。男女一対一という関係のあり方まで緩くなる傾向。同性愛は言うまでもなし。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 18
「夫婦のみ」の世帯は戦後増え続けて、今や「夫婦と子供」世帯数に迫っている。未婚男女同居を入れたら追いついているんじゃないかと思うほど。行政にまるで相手にされていないので、はるかに少ないのかと思ってしまう。行政が思い描く古い家族像は崩壊している。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 18
「Q 女性の単身者ですが、里親になれますか? A 単身者でも里親になれます」。養育だけでなく、養子縁組もできる。海外の孤児を養子にするなど、色々な里親が増えると、社会の風通しがよくなりそう。|里親制度に関するQ and A
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
へび Feb 17
Replying to @wtsurumi
私は以前から、小中学校が大学のようなクラスのない単位制になればいじめ自殺は8割方減るんじゃないかと思っていました。転校が気軽に出来るのもいいと思います。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
芳賀竜也 Feb 13
駆け込み乗車にご立腹の車掌さんが「山手線は3分間隔で運転しております。駆け込み乗車で電車が止まりますと、運転再開まで3分以上かかります。よって、お急ぎの場合は駆け込み乗車をせず、後続の電車をご利用いただいた方が速いことになります」という華麗な三段論法を披露してちょっとびっくり。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
柳美里 Feb 16
本屋の開業準備を進めて、本屋さんのご苦労が身に染みる。 1冊の本のうち、出版社の取り分が約70%(著者印税、印刷代、装丁デザイン、編集者や営業の給与、会社の家賃など)、取次約8%、書店約22%。 22%はあくまで粗利で、運営費や人件費を引いた純利益は平均1%。千円の本の場合、十円!
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
柚季🃏3/18東5ネ74a Feb 16
Replying to @raim2005
鶴見済『0円で生きる』は町内レベルくらいでできることが多く書かれていたな〜という印象なので(まだ1回しか通読してないんだけど)、ゆるい繋がりというのは必要なんだわ モノの共有とか活発にしやすいのは田舎なんじゃないかなーと思う(元々基盤があるので)でも人が集まりやすいのは都会なんだよなぁ
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 retweeted
モダンギャルド modern-garde Feb 17
高円寺北中通り商店街周辺 気取らず居心地よく 話題の店、ユニークな店も キタコレビル、はやとちり、素人の乱5号店、マヌケ・ゲストハウス、SUB STOREなどが、毎日新聞の記事になっている!笑
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 17
伝統的な社会から今に至るまで、地縁、血縁など、縛りのきつい人間関係は、どんどんゆるくなっている。晩婚や離婚もそう。学校や職場にも同じ傾向がある。軽く人間関係を結びなおせる社会を、人は求めてきたし、自分もそれを強く願う。
Reply Retweet Like
鶴見済 『0円で生きる』発売中 Feb 17
小中学校の生徒が気軽に転校するようになったら、いじめも力を失う。軽い転校、大賛成。「文部科学省は、いじめが原因の場合は学区外への転校に柔軟に配慮するようにと「通知」を出しています」。ただしあまり知られていないとのこと。|いじめ解決に転校は有効
Reply Retweet Like