Twitter | Search | |
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派)
主水裁判傍ポイント聴報告。まず原告側からエル金の公示送達の申し立てを行う旨が述べられる。あとは原告側の弁護士と裁判長の間で電話会議、準備手続き、公開法廷、分離について話がなされる。次回期日は未定。原告側は予告通り主水氏本人と大川・橋本弁護士が出廷。被告側は誰一人出廷せず。
Reply Retweet Like More
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派) 11 Sep 16
Replying to @wochakai
タイプミスがありますがご容赦を。
Reply Retweet Like
ほかほかごはん 11 Sep 16
Replying to @wochakai
お疲れ様です。被告側は誰一人出廷せずとのことで、被告側の誠意に疑問を感じます。
Reply Retweet Like
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派) 11 Sep 16
Replying to @hokahoka
もう誠意も誠実もあったもんじゃないと世間に思われても仕方ないでしょうねぇ。
Reply Retweet Like
ほかほかごはん 11 Sep 16
Replying to @wochakai
本当にひどいものです。
Reply Retweet Like
高島章(弁護士) 11 Sep 16
Replying to @wochakai
公示送達の関係で期日は追って指定のようですね。ほかの被告が訴状未送達の被告の所在を知っているかどうかについて紹介をかけるとか…。
Reply Retweet Like
高島章(弁護士) 11 Sep 16
Replying to @wochakai
電話会議・弁論準備は、裁判の性質上避けるべきでしょう。遠隔地ということであれば、公開の法廷でテレビ会議という方法もあり得ます。ともかく、憲法の趣旨に即した公開裁判が大事です。
Reply Retweet Like
小菅 信子 11 Sep 16
Replying to @BarlKarth @wochakai
「被告側は誰一人出廷せず」というのは、代理人弁護士を除いてという意味ですか?
Reply Retweet Like
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派) 11 Sep 16
代理人の弁護士も含め被告側は誰一人として出廷していません。
Reply Retweet Like
高島章(弁護士) 11 Sep 16
おそらく代理人も欠席です。「擬制陳述」といって被告側は、第1回は、出席しなくてよいのです。しかし、この種の裁判は、それでも代理人が双方出席することが多いですね。
Reply Retweet Like
高島章(弁護士) 11 Sep 16
大阪周辺の弁護士は、出席してもよいと思うが。
Reply Retweet Like
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派) 11 Sep 16
誠意大将軍にはなれませんな。
Reply Retweet Like
ヲ茶会(はぐれ界隈状況派) 11 Sep 16
正直、薄情なものだと思わざるを得ませんね。
Reply Retweet Like