Twitter | Search | |
植草一秀
ブログ記事「主権者裏切りの民主党に政治刷新を託せない」 メルマガ記事「戦争法廃止共同戦線妨害するエセ反自公勢力」 更新しました。ご高覧、拡散お願いします。
安倍首相は「戦争法」の呼称を批判するが、安倍政権が強行制定した安保法制は「戦争法制」と表現するのが妥当な内容を伴っている。 日本政府は1974年に日本の自衛権行使について公式な政府見解を示した。 そして、40年以上の長期にわたってこの見解を維持してきた。 このことにより、この政府解釈が日本国憲法の、文字通り内実そのものになっているのである。 1974年見解は、 ・日本は主権国家として個別的お...
Reply Retweet Like More