Twitter | Search | |
映画『月子』公式
三浦透子、井之脇海主演、越川道夫監督作品『月子』公式Twitter。8/26(土)より新宿K's cinemaにてロードショー。
679
Tweets
22
Following
150
Followers
Tweets
映画『月子』公式 retweeted
たたたのたじま 8h
井之脇海くんって沼ありそう なんか本当に好き………………………
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
大地泰仁 おおちやすひと 8h
『月子』で、獣のように泣く背中を見て、声を聞いて、そうやって泣いた過去の自分の姿を見ている気がしていた。その姿を映画の中に残してくれるようにも(勝手に)感じて、感謝して泣いてしまった。あんな声を映画で聞いたことがなかったから、演技の具体としても本当に驚いた。とても好きなシーンです。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 8h
『月子』劇中での月子(三浦透子)、タイチ(井之脇海)、警官(内田周作)、施設の職員(大地泰仁、信川清順)です。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
映画『二十六夜待ち』公式 9h
月齢4.6です。月がだんだんと膨らんでいきます。由実(黒川芽以)の叔父役・鈴木晋介さんです。『月子』でもタイチ(井之脇海)の父ほか『ドライブイン蒲生』『かぞくのくに』も印象深く、今回も叔母さんのことが大好きな心優しい人物を浜通り弁で演じられています。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 8h
『月子』と『二十六夜待ち』。まさに越川組とも言うべき俳優さんたちが両作を脇から支えています。内田周作さんはタイチに突っかかっる警官を、杉山ひこひこさんは冒頭でタイチの家の不動産屋を演じられています。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
映画『月子』公式 Nov 20
『海辺の生と死』『二十六夜待ち』の越川道夫監督作品『月子』の愛知・名古屋シネマテーク、第31回自主製作映画フェスティバルでの上映が決定しました。12/21(木)13:30〜 12/22(金)18:00〜 ぜひ! 三浦透子、井之脇海主演 映画『月子』予告 より
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 18h
【三浦透子さんのコメント③】 「どうしてだか、当たり前みたいに一緒に歩く月子とタイチがおかしくて、笑いながら、涙が出ました。ふたりに愛をおくる気持ちで、この作品を届けたいです。」
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
れい Rei Nov 20
井之脇海くん主演の映画「月子」、山際から都会を経て海へと辿り着く景色がどれも切なくて儚い美しさで。同じ電車に乗って何日もかけてその道のりを辿ってみたいなと思った。(覚くんの映画だったら本気で実行したと思う)
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 Nov 21
【三浦透子さんのコメント②】 「できなかったことを考えるときりがないけれど、月子もこんな風に世界と触れ合っていたのかなと思える瞬間もたくさんあって、そのすべてに思い出があります。」
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 Nov 20
【三浦透子さんのコメント①】 「月子にだけ光って見えるものや、お気に入りの音、触りたいと思うものや、されて嫌なこと。 全部知りたくて、話を聞きにいったり、本を読んだりしましたが、撮影中、私にできたことは、必死にからだを動かすことだけでした。」
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
富岡。月子の海。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 Nov 20
『海辺の生と死』『二十六夜待ち』の越川道夫監督作品『月子』の愛知・名古屋シネマテーク、第31回自主製作映画フェスティバルでの上映が決定しました。12/21(木)13:30〜 12/22(金)18:00〜 ぜひ! 三浦透子、井之脇海主演 映画『月子』予告 より
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
小高への旅は、よい旅でした。上映の翌日寺田さんは島尾伸三さんと一緒に幾つも幾つも小高の海を車で巡って、いろいろな話しをしてくれました。それは島尾敏雄さんの海でもあり、ぼくにとっては『二十六夜待ち』の由実さんの海でもありました。ありがとうございました。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
吉増剛造さんは、杉並区中央図書館でのトークの時、越川さんの映画には波が寄せる時ではなく、寄せた波が引いていく時の感じがある、と話してくれました。ぼくの中にある海は、中田島の荒々しい海、どこの星なのかわからなくなるような360°の風景、そして湾の奥の奥のような静まり返った汽水湖の海。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
『海辺の生と死』のチーフ助監督Mは長崎の海辺で育ち、海になんかいい思い出はありませんよ、漁港なんで海は誰それが事故にあったとか、誰それが死んだ、とか、そんな思い出ばかりです、と固い口調で言いました。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
『海辺の生と死』を札幌で観てくれた義母は、厚岸の漁師の娘なので、トエが夜の海を行く怖さに震えた、と言い、そして、自分はあのような危険をおかしてまでも突き進むような真剣な恋愛をしただろうか、と話してくれました。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
それぞれのひとに、それぞれの海がある。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
『二十六夜待ち』の由実さんにも、きっとそんな場所があったのではないか。南相馬の海。母が癌を患って入院した時、病室の窓から藪しか見えず、せめて海でも見えればな、と思ったことは、この映画の中にも出てきます。『月子』の月ちゃんも記憶の中にある海の音に導かれ、生まれた家を目指します。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
母が夕陽を眺めていた場所は、彼女が子供の頃から夕陽を眺めていた場所で、草叢を掻き分けた海辺の崖でした。今はもうありません。サイクリング道路かなんかになったのです。ぼくらもそこに座り込んで、三人で夕陽を眺めました。夕方なので蟹がよく歩いていました。
Reply Retweet Like
映画『月子』公式 retweeted
muttnik Nov 20
母はここで育ったので、父と何があったのか不機嫌になると必ずぼくと妹を連れて浜名湖の夕陽を見に行きました。面倒くさいと思いつつ、凪の海で泳ぐのは心地よく、ぼくらは母に付き合いました。満月の夜に浜辺に押し寄せるハゼを手掴みで獲ったこともありました。海は、いつも側にあったのです。
Reply Retweet Like