Twitter | Search | |
takumi oshima
メンズファッションに関わる事を中心に、少しプライベートも交えてツイート
362
Tweets
6
Following
1,333
Followers
Tweets
takumi oshima Apr 6
マーベリックのパイプドステムとウエスタンブーツ。 なかなか相性のよい組み合わせ。 ミリタリーではないオリーブのパンツも新鮮な印象。
Reply Retweet Like
takumi oshima Apr 4
所有しているSHOESを勝手に順位付けしてみました。 私自身楽しめる内容でした。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 23
最近なかなか手が伸びなかったビットローファーを。 自分の中での気分はあるものの、やはり永遠のクラシックシューズであると思う。 ミリタリーウェアとのミックスはなんとも言えないマッチング。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 20
今日の足元 ガンクラブチェックのパンツと、ダークブラウンのリブソックス、デザートブーツのブラックスエード。 自分で言うのもあれですが…かなり格好良いと思う組み合わせ。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 19
1990年に幕を閉じたMIGHTY-MAC かなりニッチなセーリングウェアをメインに取り扱っていたブランド。 (今は復活したというはなし) なんとなく今なら着られるかなと思ってスタイリング。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 17
コテコテデザインとテカテカ素材の組み合わせ。 今なら商品化される前に却下されるであろう彼等にこそ物欲がかき立てられる。 売る為にではなく、単純に格好良いから作るアイテムにはトレンドとは別の力があるような気がしてならない。 そんなアイテムを着ていたいし、紹介していきたい。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 16
ブラックのバッグを所有していないので拝借。 擦れたキャンバスに頼りない雰囲気の革紐…ただやはり驚くほどしっかりした作りと品のある佇まい。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 14
カーゴパンツとミリタリーチノパンのコーディネートを考える ・革靴を合わせる ・ジャケットやシャツを合わせる ・ネクタイを合わせる ・ボリュームを考える 詳しくはこちらをご覧ください。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 13
昨日のスタイル スエードとデニムというラギッドの中に潜むクロコダイルの輝き…。 超高級素材なのにとてもラギッドなアイテムとも馴染みが良い特別な存在。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 13
この組み合わせが最高に好き。 かなり肉厚なアメリカらしいスエードとシャンブレーのウエスタンシャツ。 他のアイテムではなかなか味わえない特別な感覚。 ちなみにこのスエードブルゾンなんて形なのだろう… レースアップブルゾン? フロントレースアップジャケット? ご存知の方ご教授下さい。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 11
ブーツカット×ラウンドシューズ ブーツカットデニムは意外と靴を選ばないと思っている。 セオリー通りだとウエスタンブーツのような細い靴だろうが、パラブーツのようなボリュームのある靴も、ラウンドトゥシューズも違和感なく収まる。 意外と万能シルエットなのだと思う。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 9
コンチョベルト 昨日オフィスでかなり話題になった私のベルト。 ラルフローレンのそれはラギッドで男らしい表情と、少し繊細な模様で意外とジャケットスタイルにもハマる優れ物。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 8
M-65 ベージュ+ヘリンボーンジャケット+ウエスタンシャツ+ネッカチーフ シンプルだけど、最上位に入るくらい相性が良い組み合わせ。。。だと思う。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 5
ビジネススーツではNGとされるからか、メンズドレスファッションでは取り入れ辛いと思われるホワイトソックス。 故にこれを上手くコーディネートした際の効果は絶大。 まずはコインローファーとの組み合わせを楽しんで頂きたいアイテム。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 5
デニムセットアップ 決してデニム風のスーツ型ではなく、デニムジャケット(Gジャン)とジーンズ(Gパン)のセットアップ。 勿論メーカーも違うし生地も違うが、この場合ほぼ同じであればOKとしている。(個人的解釈) 是非皆様にも試してほしい。 男らしさや無骨感、なんとも言えない高揚感がウリです。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 4
買ったばかりの時は嬉しくて、ついつい眺めているものの2週間もすれば気にも留めなくなる。 ただ半年も経つと雰囲気が変わっている事に気付き、1年経過する頃には手に馴染んでいる。 そしてふと革質の良さやステッチの美しさに驚かされる。 そんな革小物のお話しです。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 2
J.Fenestrier 当時はフランス靴のなかでJ.M.WESTONと人気を2分していたと言われるメーカー。 繊細過ぎず無骨過ぎない佇まいと、深くない赤茶の色目がフランス靴らしい雰囲気を醸し出す。 初日はアメリカ軍M43HBパンツと組み合わせにて。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 2
Cole Haan クラシカルなデザインの物は好みの物が多いが、なかなかサイズが合わず購入する機会が無かったメーカー。 遂に手に入れたモデルはなんとリアルクロコのキルトタッセルローファー。 カーゴパンツやヴィンテージデニムなどカジュアルなスタイリングにこそ使いたい一足。
Reply Retweet Like
takumi oshima Mar 1
マーベリックのマスタードカラーの 緩いブーツカットにブラックのウエスタンブーツ。 ブーツカット…やはり良い。 広がりすぎない程度のブーツカットは、私が知らない70年代を感じられるアイテム。
Reply Retweet Like
takumi oshima Feb 29
本日もガンクラブチェックを。 レンガ色のニットとリジットデニムのコーディネーション。 柄物の中でもコーディネートの懐の深さを感じるチェック。
Reply Retweet Like