Twitter | Search | |
中村剛(take-five)
全国のtwitterの皆さんへ、意識調査にご協力下さい 謂れのない件で保守ブログに煽られ960名から懲戒請求を受けた弁護士2名が記者会見 懲戒請求者を提訴する予定だが、提訴前に真摯な謝罪と和解金10万円を払えば責任を免除すると発表 質問「この対応は恫喝と思いますか?」 リツイートで拡散して下さい
Reply Retweet Like More
中村剛(take-five) May 20
Replying to @take___five
勘のいい方ならお気づきかと思いますが、このアンケートにはある目的があります。そのためには、相当数のご回答をいただいた方がいいので、多くの方の投票とリツイートをよろしくお願いします。
Reply Retweet Like
菜々子姫 May 20
はい。更に追記すると…綱紀委員会は、出された懲戒請求が誹謗中傷や白紙提出、法的に根拠がない場合は開かれない。綱紀委員会が開かれたと言うことは弁護士会が法的な根拠があると言うことを認めてるって事ですから…
Reply Retweet Like
中村剛(take-five) May 20
弁護士法58条2項は、「前項の請求(懲戒請求)があったときは、懲戒の手続に付し、綱紀委員会に事案の調査をさせなければならない。」と書かれており、誹謗中傷であっても、法的に根拠がなくても、必ず調査されることになります。
Reply Retweet Like
菜々子姫 May 20
懲戒の議決がされる前に懲戒委員会の審査開始がありますが…多くの事案で懲戒委員会による審査さえされませんよ。 つまり、綱紀委員会による事案の調査のみで懲戒委員会による審査を求めないまま終了することの方が膨大。
Reply Retweet Like
中村剛(take-five) May 20
懲戒手続には、綱紀委員会と懲戒委員会の2つの手続があることはご存知ですか?あなたは、「【綱紀委員会】は、出された懲戒請求が誹謗中傷や白紙提出、法的に根拠がない場合は開かれない。」と仰っていたので、「綱紀委員会は、全件調査です」と指摘したまでです。
Reply Retweet Like
菜々子姫 May 20
懲戒請求の流れ ❶弁護士会 ↓ ❷弁護士会綱紀委員会 ⑴手続きしない→異議申し立て→❹ ⑵事案の審査を求めない→異議申し立て→❹日弁連綱紀委員会 ⑶事案の審査を求める ↓ ❸弁護士会懲戒委員会 意味わかる?
Reply Retweet Like
菜々子姫 May 20
私が話してるのは弁護士会綱紀委員会、あなた言ってるのは多分ですが、申し立てがあった後の日弁連綱紀委員会… わかりますか?違いを?
Reply Retweet Like
中村剛(take-five) May 20
❷の段階で調査が行われるということです。懲戒委員会に行かなくても、対象弁護士は調査されるために反論等の準備を行わなければならないということです。 これ以上はご自分でお調べになって下さい。
Reply Retweet Like
中村剛(take-five) May 20
違います。(単位会の)弁護士会綱紀委員会のことです。日弁連の綱紀委員会の話をしてるわけではありません。
Reply Retweet Like
弁護士 中井 真雄 May 21
Replying to @take___five
この質問、別の方が拡散されているのを見ましたが、面白いなあ、と色々考えさせられました。
Reply Retweet Like
中村剛(take-five) May 21
Replying to @nakaimasao
そうですね。私も興味深く見守っています。
Reply Retweet Like