take4 Jun 13
僕は米朝会談直前に米国側がCVIDでトーンダウンし始め、緊急日米電話会談で楽観論から悲観論に変わりました。藤井厳喜氏や西岡力氏の論説に説得力を感じないのです。高山正之氏の指摘の通り「核の威力」が如何に絶大なのかを思い知らされました。北が核を手放さないならば日本も核を持つ以外に道はない