Twitter | Search | |
ふるかわさん Aug 4
Replying to @st00dw00d
シャッターももちろん切れまっせー\( ˙▿˙ )/\( ˙▿︎˙ )/\( ˙▿˙ )/
Reply Retweet Like
ふるかわさん Aug 4
Replying to @st00dw00d
無限連写() リモコン連写モードにしてシャッターボタンで連写開始、もう一度シャッターボタンで連写終了。 動物園に持っていく時は補助光のとこにカバーなり、光が漏れないようにしないとな...🤔
Reply Retweet Like
ふるかわさん Aug 4
Replying to @st00dw00d
グリップの中にはジェネリック赤外線リモコンの基板を丸ごと移植しています。 なのでコイン電池(CR2025)もトレイごとそのまま使用出来ます🙆 電池を基板側に押さえつけるために銅の薄板で押さえバネを作り、グリップ内部に熱圧入してます。
Reply Retweet Like
ふるかわさん Aug 4
Replying to @st00dw00d
赤外線リモコングリップ単体の外観 Q-S1本体の赤外線受光部に合わせて取り付ける構造。ただし、これだけでは固定が効かないので、ファインダーフードのベース部分にダボ及びインサートナットで固定します。 また、赤外線受光部との接合部にIR LEDを露出させ、シャッターボタンと連動させています。
Reply Retweet Like
ふるかわさん Aug 4
Replying to @st00dw00d
使用したジェネリック赤外線リモコンはコチラ。 単価が安く、電池も標準で付いてくるのでお買い得です🙆 需要があれば出品してみようかしら…🤔
Reply Retweet Like
ぺらねこ Aug 4
Replying to @st00dw00d @chaso_photo
ああ 設計思想がわかる…… かっこい
Reply Retweet Like
ふるかわさん Aug 4
ありがとうございます!🙇‍♂️ Qマウント機で少しでも快適に超望遠撮影するための補助具(背面液晶フードおよび赤外線リモコンシャッターグリップ)を3D CADで設計、3Dプリンターで具現化しました🙋‍♀️
Reply Retweet Like