Twitter | Search | |
ソウル・フラワー・ユニオン
『男はつらいよ・浪花の恋の寅次郎』観了。上方芸人の活力迸る、大阪舞台の第二十七作。松坂慶子演じる芸者ふみとの出逢いは、寅にとって久々の本物の恋。さくらの「お兄ちゃん、余程好きだったのね、あの人が」という台詞もいつ以来か。結局逃げる寅はいつものことだが、男女の機微、哀感沁みる一篇。
Reply Retweet Like More