Twitter | Search | |
株式会社 スノードロップ
神戸にあるアニメーション制作会社です。 グロス請け中心にテレビ・劇場のアニメを作っています。 デジタル作画について勉強中! 今のところは、自社のやり方などを公開します。
52
Tweets
11
Following
102
Followers
Tweets
株式会社 スノードロップ Jan 17
Replying to @snowdrop_anime
関わるスタッフが皆クリップスタジオを使い、この構成でやりますと取り決め、統一した作り方をすることで、初めてデジタル化して効率を上げることが出来ると考えています。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 17
このやり方について補足。公開しているページにも書いてありますが 「あくまで社内で同じ形式で進め、効率良く作るためのやり方」です。 画像出力をするのは、社内動画が出来ないカット分のみ。 上記以外で出力を必要とする作り方は、各署の負担が大きいので行いません。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
デジタル作画では、 受け取る人が分かりやすい構成にするのが、 大事だと言うお話でした😊
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
ただ、このやり方は画像出力 (アニメーションセル出力)する際に 注意が必要です。 1つのセルフォルダーは、 一枚に統合されて出力されてしまうため、 一枚のレイヤーをそれぞれ画像化したい場合は、 画像のように、2回に分けて出力が必要になります。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
また、ライトテーブルに登録するのも とても簡単で、原画、演出修正などと セットで登録、表示や指パラもワンセットで行えます。 オニオンスキンや次のセルで 表示だけでチェックするのは 困難な場合(キーになる絵が1として、 それに合わせて5とか6を描く場合) とても有効です。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
そこで、スノードロップ式の、 原画マンの作ったフォルダーに 同封してしまうやり方です。 これだと、演出、作監、総作監は セル指定しなくて済みます。 しかもレイヤーも自由に増やせます。 このやり方は、 チェック側の負担を減らす為なのです😊
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
でもそうやって個々がフォルダーを 作っていると複雑な構成になって、 目当てのレイヤーは どこに存在しているか、見つけにくいです。 また、演出、作監、総作監それぞれが、 みんなセル指定をしないといけないですよね😢
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
フォルダーをセル指定してしまえば、 その中のレイヤーは自動で表示されます。 作監も同様に下描きする場合もありますので、 その時にフォルダーがあると便利です。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
一枚の絵を描くのに、 下描きをしたり描き直しをしたり 色を薄めに入れたりと、 新規レイヤーを次々作って 描くと思います。 それをいちいちセル指定するのは とても手間… そこで登場するのがフォルダーです。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
Replying to @snowdrop_anime
通常は 演出や作監の専用フォルダーに 修正レイヤーを入れていく形に なると思うのですが、 アニメーション機能では レイヤーを タイムラインにセル指定しないと 表示出来ません。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 12
マニュアルのレイヤー構成について 弊社の構成は、とっても単純です。 セルを構成するフォルダーに 原画も修正も一緒に入れてしまいます。 これには理由があって、演出・作監と 何度か話し合ってこの形になりました。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 10
ゾイドワイルド、明日(土)朝6:30〜 放送です😆
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ retweeted
株式会社 スノードロップ Jan 4
ゾイドワイルド第27話 スノードロップが制作協力として 担当しました! みなさん、是非見て下さい!
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ retweeted
ゾイドワイルド【アニメ公式】 Jan 4
次回、第27話「燃えよ!運び屋の誇り!」 砂漠で意気倒れ寸前になったアラシ達は、サンラータンに助けられる。助けたお礼に運び屋の仕事を手伝うことになるが、一行が立ち寄った街「ザギン」は既にデスメタルによって破壊されていた・・
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ retweeted
ゾイドワイルド【アニメ公式】 Jan 7
次回の放送の主役!サンラータン! 画像からも伝わるこのギャップ・・!
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 8
Replying to @snowdrop_anime
思ってた以上に反響があって驚いてます😅 そんなわけで宣伝宣伝! スノードロップでは、現在、2019年4月入社のアニメーターの募集をしてます。 デジタル作画は、アナログでの動画を覚えてからになりますが、興味がある人はホームページを見てみて下さい!
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 7
ぎふとアニメーションさんの 原画の説明の動画 (ややこしい日本語…💦) が素晴らしいです✨
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ retweeted
モリ 賢 Jan 6
先ほどのスノードロップ さんのマニュアルとは関係ありませんが、自分のデジタル原画の作業環境を動画にまとめて公開して行こうと思います。クリスタでの原画は決して敷居の高いものではないと伝われば嬉しいですー
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 6
Replying to @springprunus
もし良ければ少し古い記事ですが、読んでみて下さい😊 曲線ツールのスタイロスをやめ、フリーハンドのクリスタへ移行したことを書いてます。
Reply Retweet Like
株式会社 スノードロップ Jan 6
Replying to @springprunus
確かに曲線ツールは均一できれいな線がひけますね。自分たちは食器など硬いものを描く時に使ったりします。 動画スタッフも技能がついて来れば、いづれ原画を描くようになります。その時にフリーハンドで自在にペンが使えるように、うちでは動画もペンを使うのが基本です。
Reply Retweet Like