Twitter | Search | |
持続可能な地域交通を考える会(SLTc)
クルマに頼らず、人と環境にやさしい交通手段の利用をすすめる市民活動団体。本会からのお知らせや報告はもちろん、関連するイベントなどの情報も掲載してゆきたいと思います。(更新は不定期になります)
2,929
Tweets
276
Following
530
Followers
Tweets
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
5月13日(月)、東京・永田町で「第12回 EST普及推進フォーラム」開催。無料・要事前申込。例年、国内の先進事例が紹介されるので、関心がある方はお出かけください。会場には「自転車ルール教本」の小さな展示もあります。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
川崎市の自転車ネットワーク計画本決まりを受けて、タウンニュースさんからコメントを求められたので、今回の市の取り組みに期待していることを伝えた上で、いくつか指摘させていただきました。そのひとつが幅。自転車利用者の立場に立って、幅を広く取ってほしいと思います。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) retweeted
タウンニュース May 1
【川崎区・幸区版】川崎市自転車計画|10年間で213Km整備へ|川崎駅周辺など安全対策|川崎市は3月、自転車道などを整備することで市民が安全・安心で快適な道路利用ができるよう、「川崎市自転車ネットワーク計画」を策定した。今後10年間で、自転車利用者が多い…|
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
Replying to @sltcjp
この記事に違和感を持たれる方もおられるようで、時々ご意見を頂きます。日本のマスコミは極度に自動車に偏っているので、その受け売りで、違和感を持たれるようです。 しかし、世界的にはむしろこの方向になってきたと感じていますし、国交省でも議論が動きはじめました。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
『クルマ社会を問い直す』3月号には、「平成から次の時代へ」と題して、平成の変化を振り返り、近頃起きているMaaS等の交通分野での変化を占う記事を寄稿しています。〆切の都合で1月頃に書いたものです。ご案内が遅くなりましたが、PDFは無料なので、どうぞご笑覧ください。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
Replying to @donnamonjya
時々お問い合わせをいただくのですが、今回の展示にスタッフの立ち会いはありませんので、どうぞお気軽にご覧ください。 当会スタッフにご用の方は、個別にご連絡いただくか、6月16日に同じ高津市民館で開催の「高津どんなもんじゃ祭り」 には居りますので、そちらにご来場ください。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
Replying to @sltcjp
会場の高津市民館11階ウォールギャラリーは、ロビーの壁を使った展示で、開館時間中(9時~21時)なら無料・申込不要で自由にご覧いただけます。 南武線 、東急田園都市線・大井町線 正面の丸井11階エレベータを降りて正面左手。または下りエスカレータのすぐ近く。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
本日より、高津市民館11階ウォールギャラリーにて、長尾台コミュニティバスのパネル展示が始まりました。 主催者のご厚意で場所をいただき、2011年より8年ぶりに再開した三陸鉄道リアス線(JR山田線・宮古~釜石)と、2021年度に再開予定のJR只見線の写真展を併催しています。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) May 2
10連休を謳歌しておられる方もいれば、むしろ繁忙期という方や、困惑している方もおられるでしょうか。改元で一部では年末年始のようなお祝いムードもあるようですが、当会スタッフは普段と変わらず、通常業務の傍らで展示作りや事務作業に追われていました(苦笑)
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Feb 1
おはようございます。かわさきボランティア・市民活動フェア「ごえん楽市」、始まりました。朝から賑わっています。当会は 2階ホールに出展しています。入退場自由・無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。ご来場は15時頃までを目安にどうぞ。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 18
Replying to @sltcjp
あまり関心が高くない方々にわかりやすく伝えることの難しさは、我々も日々の活動で実感していますが、「炭素税」はそのための手段でもあります。率先して低炭素化を進めた人や企業がむしろ得をする制度になり得るので、ぜひ前向きに進めてほしいと思います。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 18
Replying to @sltcjp
今日も少し話が出ていましたが、一般市民の中でもこのような勉強会に積極的に参加する人(少数)と、そうでない人(大多数)の情報格差が大きくなっていることも、気がかりのひとつ。本来はその中間を埋める役割を担うべきマスコミが、あまり機能しているように見えないことが残念です。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 18
Replying to @sltcjp
とりわけ気候変動分野では、国際社会の最新情勢を追いかけているNGO主催によるこうした勉強会は頻繁に開催されています。企業関係者やマスコミの記者の勉強の場にもなっているようですが、環境NGOの勉強会はそうした専門家だけでなく、広く一般に門戸が開かれていますので、ぜひ参加してみてください。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 18
本日はグリーン連合とNPOアクト川崎主催の「カーボンプライシングと炭素税」学習会に伺いました。 環境省より諸国の導入事例や国内での検討状況 などの説明を受け、気候ネットワーク 桃井さんから問題提起を頂いた後に、参加者でアイディアを出してゆきます。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 18
講演 事故で息子を亡くし17年 栃木の楠野さん、今も癒えぬ悲しみ 18日「世界道路交通犠牲者の日」 /栃木
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) retweeted
柳原三佳 Nov 17
世界の交通事故死者数は年間130万人 きょうは死傷者を想い、被害ゼロを願う日(柳原三佳) - Y!ニュース
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 17
Replying to @sltcjp
巨額の広告費が流れる自動車の利点は過剰に宣伝される一方で、負の側面はあまり報じられない傾向があります。 公害や鉄道事故の歴史は事業者でも引き継ぐ努力がされています。しかし残念ながら自動車メーカーなどの自動車に携わる人たちには、自動車がもたらす負の側面への認識が欠けているようです。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 17
Replying to @RoadPeace
World day of Remembrance は1993年に英国のNGO が始めたのがきっかけとなって世界に広がり、国連決議を経て、毎年11月の第3日曜日と定められました。今年は本日(11月18日)になります。
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 17
おはようございます。本日は国連が定める世界共通の「世界道路交通被害者の日」。これに先立ち、昨夜は東京・芝公園でキャンドルイヴが開催されました。 詳しくは主催者公式ページをご覧ください→
Reply Retweet Like
持続可能な地域交通を考える会(SLTc) Nov 17
かしてつバスBRT(鹿島鉄道代替バス専用道)視察 10月に出掛けた現地視察の報告も掲載されています。こちらはK-cubeさんが主催したもの。同会ではこうした視察を会員向けに不定期で開催しているので、興味がある方は記事を参照の上、問い合わせてみてください。
Reply Retweet Like