Twitter | Search | |
シリンゴ 16 Jan 15
大塚周夫さんの訃報を知り、大変ショックを受けております。子供の頃から大好きな声優(俳優)さんでした。「軍用列車」の新録時でご本人とお会いできたときは、感激で涙がでそうになりました。心よりご冥福をお祈りします。そして、そのお声で数々の感動を与えてくださったことに感謝します。
Reply Retweet Like
青梅特快 16 Jan 15
Replying to @siringo_real
大塚周夫版ブロンソンの『軍用列車』は素晴らしい企画でした。ベン・ジョンソンを吹き替えた加藤精三さんが亡くなった時もショックでしたが、周夫さんが亡くなるなんて信じられません。
Reply Retweet Like
シリンゴ 16 Jan 15
Replying to @oumetokkai201
実は、あるメーカーさんと協力して『メカニック』のソフト化権を取ることができたら、周夫さんバージョンを制作するという企画がありました。(結局、権利が取れなかったので流れましたが)
Reply Retweet Like
青梅特快 16 Jan 15
Replying to @siringo_real
それは実現して欲しかったです。『メカニック』は今は字幕のみのDVDで出てますね。それを見た時「吹き替えを入れれば・・・」と思っていました。
Reply Retweet Like
シリンゴ
近々、『狼の挽歌』をブルーレイで発売する予定があるのですが、大塚ブロンソン、森山サバラスで欠落部の追加録音を考えていたところ、この訃報が飛び込んできました……
Reply Retweet Like More
青梅特快 16 Jan 15
Replying to @siringo_real
魅力的な企画でしたね。ぜひ拝見したかったです。『狼の挽歌』は以前発売されたDVDは買いました。大塚ブロンソン、大平サバラスのバージョンも見てみたい作品です。
Reply Retweet Like
シリンゴ 16 Jan 15
Replying to @oumetokkai201
そちらのバージョンも収録する予定です。いや、こうなったら絶対収録しなければ、という気持ちになりました。
Reply Retweet Like
青梅特快 16 Jan 15
Replying to @siringo_real
本当ですか!ありがとうございます。大塚周夫さんの吹替作品(ブロンソンやリチャード・ウィドマークなど)が今後ソフトに収録されるよう微力ながら応援していきます。名演を残していってほしいです。
Reply Retweet Like
らいおん丸 16 Jan 15
『狼の挽歌』、楽しみにお待ちしております。ブロンソンものは比較的吹替入りソフトが出ているのですけれど、ウィドマークものは少なくて残念です。
Reply Retweet Like