Twitter | Search | |
瀬宮新@寿司相談役-|- Feb 1
「Git入れたよ。ちゃんとブランチ切って適切な粒度でcommitしてね」 「CI入れたわ。これからはテスト書いてね」 「rubocopとeslint入れたわ。このチェックに引っかかったらレビューしないからね」 こういう改革者が入ると、既存メンバーからするとウゼーし面倒だし支払うコストが高いんですよ。
Reply Retweet Like
瀬宮新@寿司相談役-|- Feb 1
Replying to @shin_semiya
自分のことを「一人前の戦力」だと思っている人にとって いきなりよそ者が来て「お前らは全然ダメだ。俺が正しいやり方を教えるからその通りにしてくれ」と言われると反発が生まれるんですよ。 たとえどれだけ正当性があっても、これは人間の心理がそうできているので。
Reply Retweet Like
瀬宮新@寿司相談役-|-
このあたりで失敗する「改革者」の人は、首刈り族の前で宣教師が神の教えを説くと 首刈り族どもは神の教えのありがたさに感動し、ひれ伏しました、みたいなストーリーを夢想していたりするんですよ。 ただ現実は違うんですよ。去年フィリピンでそれをやった宣教師は「殉職」しましたし
Reply Retweet Like More
瀬宮新@寿司相談役-|- Feb 1
Replying to @shin_semiya
尊重とか共感とか傾聴とかそういうのは、反発を抑えるために使うんですよ。 臓器移植する時って適合性の高い臓器を選ぶし、移植後は免疫抑制剤を使うじゃないですか。 適合性の高いソリューションを選ぶ、反発は抑える。 これは「改革」される組織のメンバーの心構えに丸投げするのは無理なんですよ
Reply Retweet Like
瀬宮新@寿司相談役-|- Feb 1
Replying to @shin_semiya
そもそも効果の高い改革が変えるのはメソドロジーだけでなく価値観なのでー。 人の価値観を変えることがそんなに簡単にできるわけないじゃないですか。
Reply Retweet Like