Twitter | Search | |
相良 郁実|スポーツトレーナー
サッカーパーソナルトレーニングサポート/スポーツトレーナー/柔道整復師/サッカースクール外部講師/トレーニングサポートを通して「選手が自分の伸び代に向き合える環境」を提供しています。/仕事依頼はHPから→
546
Tweets
27
Following
209
Followers
Tweets
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 15
ジュニアアスリートのトレーニング 目の前の課題をコツコツとクリアし続けるような身体の準備を整え続ける ジュニアアスリートにとって夏休みは周囲と差がつく期間になる
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー retweeted
赤山僚輔|さぬきのスポーツトレーナー Jul 5
どんな行動をしたいかが明確になれば、準備も明確になる。 ただ流れるような情報社会の真ん中に、立っているだけではその情報によって身動きが取れなくなる。 しかも気づいたら、無意識的に。 行動を起こすためには準備が必要だ。|相良 郁実 |note(ノート)
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 11
慢性的な硬さには様々な要因がある ・習慣的に使うもの ・長い時間身を置く環境 ・長い時間身につけているもの リュックの中の配置を意識する。|相良 郁実 |note(ノート)
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 10
中心部分の柔軟性づくり 身体中心部分の柔軟性は全身を連動して動かすスポーツをするうえでは重要な部分。 ・胸 ・みぞおち ・へそした 触れる部位によっても捻れ方は変わる
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 10
継続の難しさを感じる日々だけど、継続によって得られるものも多い 継続でしか得られないものもある ストレッチやトレーニングが1週間続かないあなたへ。 より
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 8
対人競技のなかで様々な動きのパターンが必要とされるサッカーのようなスポーツでは、どのような局面でも柔軟な対応ができるだけの急激な動きの切り替えができる身体の状態をつくる。 動きの切り替えのなかで急激な回旋運動を起こせる身体を。
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 8
自分に合ったセルフケアやストレッチを見つけるための指標はあるに越したことはない ・歩きやすさ ・呼吸のしやすさ ・身体の軽さ ・普段のトレーニング ・視界の広さ ・視界のクリア加減 山ほどある情報の中から、何かを選択するときは自分の身体の感覚を利用することも有効
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 4
Replying to @sgr_tsl
特に面識のない人とのやり取りの中でこの辺りの差はすごく感じる ・相手への敬意と感謝 ・素直に行動を起こす 『誰でもできる皆がしないこと』の差は思ったよりも大きい。
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 4
トップ選手とのやりとりで感じること ・質問内容が明確 ・質問への回答が明確 ・目標が明確で具体的 ・自分の長所(プレー分析)が具体的 ・自分の短所(プレー分析)が具体的 ・挨拶をする ・感謝の言葉がある ・すぐに行動に起こす 『言語化』 『相手への敬意と感謝』 『素直に行動』
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 4
次のプレーにつなげることが要求されるサッカーのようなスポーツでは、安定だけを求めるのではなく「不安定を使いこなす」トレーニングも有効 不安定を使いこなすトレーニングがサッカー選手に必要な理由。 より
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 4
Replying to @sgr_tsl
あくまで全選手ではなく、この選手だったからという内容 トレーニングメニューを伝えるよりも自分と向き合えるスイッチを入れる役割の方が多いと感じる(あくまで主観だけど)
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 4
【初回トレーニングで伝えたこと】 ・自分の身体の伸び代を知る ・できない動きがあっていい ・できない動きが伸び代になる ・自分で決断すること ・練習していない時間に目を向ける ・周りの選手と差をつける瞬間はある ・理想の自分の姿を基準にする トレーニングメニューよりも差がつくところ
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 3
先日から指導している、ジュニアユース所属選手のトレーニング 様々な課題は自分自身を成長させるために必要な素材。どのように向き合って1つずつ課題をクリアしていくか。 これから一緒に走っていく過程で様々な面での成長を遂げる姿が楽しみ。
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 2
今日からできる、『積み重ねの質』を高める方法。|相良 郁実 |note(ノート)
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 2
Replying to @sgr_tsl
ルーティンという言葉自体の認識については触れていませんが、いつも同じことをする=ルーティンではないと考えています。 本記事の内容は一般的に用いられるルーティンという言葉の認識で読んでいただければと思います。
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 2
ルーティンになっているトレーニングの質が上がれば、あなたのパフォーマンスは高まる。 より
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jul 1
【身体が硬いサッカー選手へ】 柔軟性をつくりだすためのトレーニングやストレッチは重要だが、股関節に刺激が入っているときに「上半身が硬くなっていないか」は重要な指標 ・胸の動きが確保されている ・呼吸ができる ・会話ができる ・周りを見れる ・視野を広く保つ 上半身をフリーに使おう
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jun 30
股関節周囲の柔軟性+αトレーニング なるべく意図した場所に自分の身体を移動させることで再現性を高めるためのワークにもなる 股関節のストレッチするときでも上半身を柔らかくつかう
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jun 30
Replying to @sgr_tsl
ケガが少ない選手の評価は高いです。 どれだけ上手くてもケガが多いと評価は低くなります。 ケガが少ないという武器は後天的にも身につけれます。
Reply Retweet Like
相良 郁実|スポーツトレーナー Jun 30
「ケガをしない身体づくり」を始めたいあなたへ。 より
Reply Retweet Like