Twitter | Search | |
Search Refresh
竹内 康正 Yasumasa Takeuchi 2h
Replying to @zephyorg
わが紐に付く の  を忘れむがため わが盛りまた変若めやもほとほとに  を見ずかなりなむ 「 は繁栄をきわめた であり、 として が君臨するところであった」 編『 人と作品』
Reply Retweet Like
Andiamo!空の彼方へ 10h
2019年4月2日 火曜日📰日経産業 万葉集の関連書籍が売れているの記事 新元号に引用された梅花の歌32首序文 天平2年1月13日 師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて宴会を申(ひら)く 時に初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す
Reply Retweet Like
関西ラジオワイド 22h
「万葉集」の編纂に大きく関わったのが の息子で、優れた歌人でもあった父の影響もあり、家持も素晴らしい才能を持っていました。万葉集には、作者不詳2000首に次いで家持の歌450首が収められています。/旬の人・時の人
Reply Retweet Like
Andiamo!空の彼方へ Apr 21
2019年4月1日 月曜日 東京新聞夕刊📰 JUST IN NHK 11時42分新元号『令和』決定で知った 東京新聞夕刊の見出し「平和続く時代に」 平和で穏やかな世界に賛同🙌 風穏やかで清らかな季節 元号に関する懇談会のメンバー9人の顔写真を拝見   
Reply Retweet Like
竹内 康正 Yasumasa Takeuchi Apr 21
Replying to @zephyorg
み芳野の の宮は山柄し 貴くあらし川柄し清けくあらし天地と 長く久しく万代に変らずあらむ行幸の宮 昔見し を今見れば いよよ清けくなりにけるかも 「 をことほいだ。山や川の清らかさ」 編『 人と作品』
Reply Retweet Like
竹内 康正 Yasumasa Takeuchi Apr 21
Replying to @zephyorg
の最初の使用者は というものがもつ、 へのスタンスを見事に現わすものが旅人の作品。 ののち、旅人が活躍する へ、政治態勢は大きな変貌をとげる。 への移行」 編 『 人と作品』
Reply Retweet Like
竹内 康正 Yasumasa Takeuchi Apr 21
Replying to @zephyorg
「大半の は、 にみちた、 としての歌。歌数が七二首というのも につぐ多さ。 として戦野に を重ねた経験すらもつ だのに、 としても一流」 編 『 人と作品』
Reply Retweet Like
竹内 康正 Yasumasa Takeuchi Apr 21
Replying to @zephyorg
の時に に味方し、五分の勝負を勝ちとって を樹立にみちびいた功労者である。 の心の原点は「」ー にあって、 が近づくと はしきりに「故郷」へと及ぶ」 編 『 人と作品』
Reply Retweet Like
・・ はしGO Apr 20
令和が発表される前から予定が決まってた太宰府へ。 の麓にも の歌碑があると 館長が話していたから見てきたら昭和52年の建立。 その後、 にも立寄り、混雑を覚悟していたけど、18時頃だったからゆっくりと見学。 音楽も聴けていい春の一日でした。
Reply Retweet Like
shiba-chan Apr 19
今日4/20 16:00より ミニコンサート 九州国立博物館1F ミュージアムホール にて 参加無料
Reply Retweet Like
なぎ Apr 17
アメブロを更新しました。 『「令和」ゆかりの地、大宰府の坂本八満宮へ』
Reply Retweet Like
笠間書院 Apr 16
『大伴旅人』再版が出来上がりました! ご予約いただいた皆様、大変お待たせいたしました😌 著者の中嶋真也先生が該当箇所に 「令和」の新たな解説を加えてくださいました。 さらに巻末には大岡信さんの「梅花の宴の論」も収録。 「令和」のルーツが知りたい方に最適な一冊です🍃
Reply Retweet Like
城崎温泉みなとや若旦那 Apr 16
城崎人には馴染みの名の駅を通過して、都府楼駅へ。 「令和」ゆかりの地、坂本八幡宮を参拝。
Reply Retweet Like
TourMaster (ツアーマスター) Apr 16
という元号によって「飛鳥~奈良時代の景色」が私達の生活に自然に入ってきました。 これから、日々の日常で「日本人・日本語のルーツ」についても、あたりまえのように意識できたらステキですね。
Reply Retweet Like
Kumamon Daisukidamon 💫 くまモン 大好きだモン 🍠구마몬 다이스키다몬 Apr 16
Replying to @kumamonsukisuki
の息子が 。 新編日本古典文学全集 7 p.39-41 頭注に以下の記述… 「表向きは宴の主催者である大伴旅人、そして実作者は山上憶良と考えられる」 「この序は、王羲之の「蘭亭序」や王勃・駱賓王などの初唐詩序の構成や語句などに学んだとみられる点が多い」
Reply Retweet Like
柱 丸々 Apr 16
Reply Retweet Like
朝日カルチャーセンター新宿教室 Apr 15
本日4月16日付の朝日新聞朝刊に、東京大学教授 さんの記事「万葉集「愛国」利用の歴史」が掲載されています。 品田さんの緊急講座「 から浮かび上がる のメッセージ」は 5/2 木曜 13:00~14:30開催。令和の出典となった『』の梅花歌群を読み解きます。 (馬)
Reply Retweet Like
ロック★4/28青海A-C61a Apr 15
先生ー「将軍」に征隼人持節大将軍は入るんですか??
Reply Retweet Like
number-trip Apr 14
大伴旅人が「梅花の宴」を開いた邸宅跡とされる 新年号「令和」ゆかりの地 坂本八幡宮を参拝! 月曜でしたが多くの人が訪れていましたよ!
Reply Retweet Like
O2 大塚健二 おおつかけんじ(熊本) Apr 14
#坂本八幡宮#令和元年#れいわ 場所: Dazaifu-shi, Fukuoka, Japan
Reply Retweet Like