Twitter | Search | |
月世界婦人
「“話が脱線してますよ”と親切な読者は言う。とんでもない!僕はひとつの結論に達したかっただけなんです。ダダ公債に応募しませんか。なんにも返ってこない唯一の公債です」(トリスタン・ツァラ)
20,922
Tweets
317
Following
2,437
Followers
Tweets
月世界婦人 retweeted
K 8h
お誕生日らしい! アンリ・ミショーの『氷山』をいぜんに訳したもの。
Reply Retweet Like
月世界婦人 4h
めちゃめちゃコンサバティブな紺色スーツを買ってしまったので頭に動物を乗せる・冠を被る・トランプキャップを被るなどしてハードルを下げて着たい
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 23
Replying to @saqrako
面白かった 「隣人を愛するとは隣人を食べないことである」「天国行きの通路にバイパスがあれば、教会の権威は相対化される」など平易かつ格調高い 「犯してない罪」を「未然に」告解する教義の記述に息を呑む 「神」は始まりで終わりだ 「事実」も「虚構」も同じだ 著者の資料捏造は一種の信仰か(?
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 23
Replying to @Chisaka_Kyoji
確かにそうですね。引用が捏造だという本から引用したいので、件の本を訪ねてまた来ます。検索したら開架にあるはずなのですが見当たりませんでした。同じことを考えている人がいるのかもしれません。
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 23
もし神のおわしませば深井智朗氏の本から本に書いてないことを引用して何か作ると思うので人間もそれに準ずることをしなければいけないと思って図書館で探したら、ぜんぜん回収とかされてないので図書館えらいなと思った
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
pha May 22
外山恒一『全共闘以後』、分厚いから適当に飛ばし読みするつもりが文章うまくて面白くて結構読んでしまう。才能があって人を集めるのが好きで活動する若さがある人間がいると自然と運動というのは生まれていく(そして離合集散する)のだな、というのが丁寧に描かれている
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
kamarado serafima May 23
リュブリャナ市当局とROGの戦いは長年続いている。近所にあるもう一つのスクウォットMetelkova ACは当局に認めてもらい、それも戦いの結果ではあるが、現在はリベラルで若者街〜のリュブリャナをアピールする観光名所扱い。一方多数の人が(生活のためにも)頼りにしているROGは攻撃され続ける。
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
Replying to @saqrako
マーフィーの戦い、白鯨のオマージュなのかな
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
ピーターオトゥール演じる英兵が南国で生き残り、終戦後も独の潜水艦を攻撃して「敵」ごと死ぬ『マーフィーの戦い』、英兵と言ってもアイルランド系だろうと書かれた本あってなるほどと思った マーフィーの法則も愛蘭史関係あるのかなと思い調べたがなさそうだが同名のアイリッシュパブが世界中にある
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
Replying to @Chisaka_Kyoji
『ジャッカルの日』は自分には難しく、メモを取りながら観た記憶があります。今69年のIRA青年を描いた元シンフェイン党首の短編を訳していて、当時の活動家が何を参考に活動していたのかに興味があり、資料の古さがたいへん有難いです。
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
「支配階級に理解できるのは勝利だけだ」
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
Replying to @Chisaka_Kyoji
千坂さんのツイートから、IRAのでてくるところを探して入手しました。各国の繋がりが面白かったです。本当に、小学校の棚にある偉人伝のような語り口でした。
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 22
がんばれーってなる すき (批評とか論文はすごいいいわかったぞとはなってもがんばれーっころせーっとはならない なる人もいるとおもう)
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
月世界婦人 Sep 28
外山さんは世の中変えたいか。亜近代として、ファシストとして。僕は変えたくないby菅野 菅野さんは保守だから当然。でも今、この時代そのものが正しさに抑圧されてる こんな筈じゃなかったという変えられ方だ これを止めなければいけなくないか 今の時代の生き辛さは、敵が正しいというとこだby外山
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
寺山修二郎 Mar 2
Replying to @kcmsy700
外山恒一「全共闘以後」読了。歴史書を書くというのは一つの批評文脈の提示でありそれ自体、批評家の誕生である。百田尚樹「日本国紀」と並べて紀伊国屋で平積み。菅野完の解説が2つの歴史書の性格をよく表現している。後者は安倍晋三も読んだ。私に言わせれば勝ち負けの問題ではなくエロスの問題だ。
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
イースト・プレスの電子書籍 Jan 16
【新刊】これまで不可視になっていた全共闘以後50年の歴史を新しく塗りかえる著者渾身の大冊! 絓秀実氏、推薦。菅野完氏、解説。 『改訂版 全共闘以後』著者:外山恒一
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA May 21
【明日】5/23木18時より芸大にて中ザワヒデキ「AIと美学・芸術」講義(学内外問わずどなたでも聴講可)。東京藝術大学芸術情報センターAMC主催2019年度「メディア特論:アート+」美術校舎中央棟第一講義室 ※人間の美学や芸術はいよいよ安泰ではない!!
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 20
Replying to @mayuqix
結局人は百年経ってもロマン主義から抜け出せないのでロマンの矛先を個人の心情の及びもつかないなにかに全振りする努力をしたほうがよいように思います(なんか話がズレた気がする上に手前の嫌悪「感」という手前の心情に基づいた話になっているのはおかしいかもしれません)
Reply Retweet Like
月世界婦人 May 20
「本当の君を知りたい」的な奴に対する嫌悪は決して当人に伝わらず「私たち分かり合ってるね」に転化して余計気持ち悪くなるメカニズムはこの辺にキーがある気がする 「本当の私を誰も知らない」みたいな、元来知る価値もないものを見せ消しして表面を装う仕草もこの気持ち悪さのバリエーションだろう
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
Sangmin @ChoimiraiSchool May 19
ハナグマの動画を逆再生すると完全にジュラシックパーク 🦕 wwww
Reply Retweet Like