Twitter | Search | |
月世界婦人
「“話が脱線してますよ”と親切な読者は言う。とんでもない!僕はひとつの結論に達したかっただけなんです。ダダ公債に応募しませんか。なんにも返ってこない唯一の公債です」(トリスタン・ツァラ)
20,196
Tweets
287
Following
2,377
Followers
Tweets
月世界婦人 7h
Reply Retweet Like
月世界婦人 9h
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 12
Replying to @Chisaka_Kyoji
同じ講演で寺山は「個的なものに執着して自己完結の言葉を並べるより電話帳の方が詩だ、電話帳の裏には他人がいる、読者が他人に電話をかける」と言い、実際電話帳を詩集として刊行したアメリカの詩人の話をしてるのですが、こう説得のうまい人がいると無意味が無意味でなくなるので難しいなと思います
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 12
「大学の外的形態は、毎日出かけてきて、椅子に座って、人の話を聞いて帰っていくという、極めて特殊な、つまり故障しない椅子を長持ちさせるという」(寺山修司同志社講演) となるとARFの大阪芸大襲撃の際わざわざ椅子の脚切ったというのは全く「無意味な破壊」という訳ではなかったのかもしれない
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 11
Replying to @gricorealism
これ映画も未見なんですが(前知識ゼロでゾンビものだと言われて読んだというマヌケ体験)、よく映画化できましたね。そう、読んでても壮大すぎて笑えてきました。映画観てみます!
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 11
Replying to @saqrako
『復活の日』裏テーマとして、神の死の後の近代的な唯物論的進歩史観の彼方に厳然と存在する人間の生の無根拠さと孤独な死の恐怖、があると思うが、最後までやはり進歩史観なのが逆に壮絶(著者の執念が)。
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 11
小松左京『復活の日』初めて読んだ 技術の進歩と人類の未来というテーマに加え、パンデミックという国際的な案件を壮大に描くあたりなるほどガチの元共産党員だ。生存したエリートに理想コミューン(大衆が物理的に死滅したので理想が理想のまま実現する)を建設させる設定が凄まじい(著者の執念が)
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
名古屋アナキズム研究会 Dec 11
来年一発目の読書会は1.12で確定しました。
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 10
Replying to @metabofafa
リアルタイムには存在を知らなかったのですが、後に活動家になろうとする時に「言語感覚を鍛えろ」と渡されました。掲載作品のレベルが高いと思っていたのですが、そんな高倍率だったのですね。
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 10
Replying to @metabofafa
前上位のかたのその後を調べようとしたらネオリベ自己啓発みたいになってるかたいらしたので変わってないほうが楽しいなと無責任に思います
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @metabofafa
ひょっとして全部家元がやってるんじゃないかとチラッと思っていたのでめちゃめちゃ感激しています!
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
萬流コピー塾に投稿していたかたからご連絡いただいた!
Reply Retweet Like
月世界婦人 retweeted
梨とキュウリとネキ好き花岡直樹 Dec 9
そのへんにわたしのコピーのってるかもです(弟子)
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
88年の糸井重里「萬流コピー塾」シリーズめくってたのだが「おたくの犬は化け猫です」(犬猫を飼いたくなくなるコピー)というやつ好き
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @johanne_DOXA
私歴史全然知らなかったのですが九州の右翼にはそのあたりの南朝の系譜のかたいたりして、凄味あるなあと思います
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @saqrako
あとオーナメント一個につき幾らかを寄付できるチャリティーツリーに参加した
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @saqrako
南朝は主に吉野ベースに立てこもっていたが調子がいいときは大阪まで進出して新ベースを作ったという ここがその墨江ベース
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @saqrako
浅澤神社前の古い常夜灯 奈良には海がないので、遣隋使が船出するときはここを港に使ったという 近くに一寸法師の流れてきた川があるという
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @saqrako
南朝の本拠地という住吉大社 裏に田んぼがあり、捧げ物の米をわざわざここで作るという そういえば近所の米屋さんは毎年バケツで稲を一株育てて秋に熨斗で巻いて軒先に吊るしている 参道の昔の大きな灯台があり、以前は海だったことがわかる 浦島がカメ見つけたのもここだとか
Reply Retweet Like
月世界婦人 Dec 9
Replying to @saqrako
「なんで神社では鳥居の真ん中を通ったらあかんか知ってるか? あの額、落ちてくることあんねん」千坂恭二氏
Reply Retweet Like