無限 零 Sep 13
夢見色、同じ空の下 ふたりは景色に溶けていく 繋いだ手のぬくもりだけ 奇跡のように想ひ出を重ねていくのね 天使もうらやむ似た者同志は 恋人のように重なり逢う 輪廻の流れが一瞬ならば ああ、どうか今夜だけ時を止めておくれ