Twitter | Search | |
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア
小泉進次郎環境相が育休を取得することは素晴らしい。 期間は短いし、「パフォーマンスだ」という批判もある。 しかしパフォーマンスから社会は変わるし、今の日本の男性はその「パフォーマンス」すら出来ていないのではないか。
Reply Retweet Like More
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @ryuichirot
私も2008年に4ヶ月の育児休業を取得した。今から10年以上前だ。 家族とどう向き合いたいか。日本の企業社会がどうなって欲しいか。そしてどう生きたいのか。 そうした問いを考え抜いたからこそ取得した。もちろん生き方はそれぞれだけど、本当におすすめです!
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @ryuichirot
私も取材やイベントで「育児休業(休暇)」を取得したいという方に会いますが、「上司が…」「うちの会社では…」という苦しい気持ちを伺います。 今後は小泉議員に、そうした社会を変えて欲しいです。
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @ryuichirot
私はこうして、Twitterやイベントで自分が育休を取った経験をできるだけ話すようにしています。 ハフポスト編集部では、「うまく行った企業」を取材するようにしています。 こちらは「激務」のリクルートで男性の育休が必須化、やってみたらどうなった?という記事です。
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @ryuichirot
批判も少なくないが、大事なのは、日本の企業幹部たちが得意な「このご時世ですからねぇ…」話法だ。 「小泉大臣も取ったので、認めるか。このご時世ですからねぇ」と、理念ではなく「空気」によって変わる。 ネクタイ外したのも、「クールビズ」から。会話を生み出すことが本当に大事…。
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @hoikuenhairitai
このイベントで司会をしたのが、2018年10月。1年前だ。 主催は、みらい子育て全国ネットワーク 。 参加者の中に、「自分は取得は無理だけど、上司に雑談だけしてみます」という方がいた。実現は難しくても、「会話ができる」と勇気をもらった。
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @nasan_incya
そうですよね…。 私も取材で、育休を取りたかったけど出来なかった男性に会います。理由として「人手不足」や「取得しづらい雰囲気」を挙げる人が目立つ印象です。 参議院議員会館でのイベントも協力させていただきましたが、苦しい思いをされている方に多く会いました。
Reply Retweet Like
神馬幸悦 Jan 14
Replying to @ryuichirot
イメージをよくするパフォーマンスでない事を望みます。
Reply Retweet Like
諦めの悪い福祉マン(1日1点) Jan 14
Replying to @ryuichirot
政治パフォーマンスできる政界4世と普通のサラリーマンは違いますよ。
Reply Retweet Like
竹下隆一郎/ハフポスト編集長/会話が生まれるメディア Jan 14
Replying to @IB2IMk1nfHic9ft
ありがとうございます。 そこは難しいですよね。 私も取材やイベントで「育児休業(休暇)」を取得したいという方に会いますが、「上司が…」「うちの会社では…」という苦しい気持ちを伺います。 今後は小泉議員に、そうした社会を変えて欲しいですよね。
Reply Retweet Like