Twitter | Search | |
路上博物館
【次の路上博物館は6/15上野公園にて!】博物館標本を博物館には縁遠い方々にも無理矢理お届けするプロジェクトです。 なお、本プロジェクトはJSPS科研費 JP 17K12967の助成を受けた研究の一環であり、結果の一部です。中の人は森健人 Kent Moriです。
504
Tweets
328
Following
694
Followers
Tweets
路上博物館 14h
Replying to @FFT_kedar
カムバックはやい
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 23
Replying to @MakotoShirasaki
なるほどー、そういう風に見るのですな
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 22
表面はしっとりしてるけど芯はすでにがっしり。フレッシュなサルノコシカケを初めて見ました。地味な絵面だけど。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 22
これは良い画像!
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 22
Replying to @nature3d_
承知しました!
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 22
Replying to @nature3d_
どちらも木粉でしたね。ナチュラルを頂けたらありがたいです
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 22
Replying to @nature3d_
木粉の方を頂きたいのですが、よろしいでしょうか!
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 21
Replying to @rojohaku
そして突っ張る後肢もかわいい
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 21
Replying to @rojohaku
そして、食べられない小石はエラから排出する器用さよ。どんな構造になっとるのかしら
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 21
餌の到来にはしゃぐプロトプテルス、めちゃくちゃかわいい。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 19
これは素晴らしい!
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
の組み合わせがエモ過ぎて心臓の高鳴りが収まらない。ううううう!!!!!可能性のカマタリ。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
Replying to @japanfossil
やっぱり一枚じゃ無理なんじゃないかね。深度マップの作られ方は少し勉強します
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
Replying to @FFT_kedar
ほほう。RealityCaptureですよね。そこに違いがあったのか。デプスマップのほうが計算速いですものね。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
Replying to @FFT_kedar
参考サイトありがとうございます!デプスマップの原理も全然わかってないので、どうにか学びたいところです。何が起こっているのか。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
Replying to @FFT_kedar
アライメントとキャリブレーション、ちょっとおざなりにしていたので勉強します!そしてデプスマップ素晴らしい。Yuさんの投稿みててよかった。ありがたし。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 18
Replying to @japanfossil
おりをみて試しにきてくださいな
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 17
Replying to @japanfossil
比較はしてないのでわからないですなー。今回のは高密度クラウド生成するか、いきなり深度マップからメッシュ生成するかの違いです。後者の方が断然早くて、断然きれい。枚数撮れてないような隙間がすごくうまくいってる。
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 17
Replying to @rojohaku
棘突起がややくっ付いてしまったのは要調査やな。なんか画像がよくないのだろうか
Reply Retweet Like
路上博物館 Jun 17
深度マップでメッシュ作ったらすごくきれいになった!ありがたい!
Reply Retweet Like