Twitter | Search | |
井上太郎 May 18
大量の懲戒請求を送られた佐々木亮、北周士の両弁護士。司法記者クラブの会見で請求者が両弁護士に慰謝料計10万円を支払えば和解に応じる方針と発言。これって恐喝だと思います。佐々木亮弁護士、懲戒請求受けた理由を青林道相手の代理人と独りよがり。ブラック何とかのメンバーとして有名だろ。
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ May 19
Replying to @kaminoishi
弁護士による「和解」詐欺。  恐喝行為。 「きょうびの弁護士は、平気で和解という名目の恐喝をする」(カッパ記者 【どんどん弁護士の社会的地位が低下している。その責任は日弁連にある】 「弁護士をみたら、恐喝されるとおもう」(僕記者
Reply Retweet Like
燃えたいゴミ!! May 19
和解金を一件でも受け取れば 新たな懲戒請求事由になるのでは? 今回の件で驚かされたのは 弁護士会が個人情報を護らないという点・・・(ー_ー:)
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ May 19
Replying to @gamu0514 @kaminoishi
これ、保全。  他にも多数あるので、みんなで証拠保全。 (その他記者
Reply Retweet Like
燃えたいゴミ!! May 19
こんなのもある・・・・・
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ May 19
Replying to @gamu0514 @kaminoishi
なので、日弁連だけでなくて、「弁護士そのものをなくしてしまえ!」という構想を考えているのがボスなどw  つまり、弁護士だけでなく、だれでも「弁護」できるシステム。 「弁護士を、法的な専門の助言をするコンサルに格下げする」
Reply Retweet Like
today
これは、個人情報保護法の目的外使用と、刑法134条の1秘密漏示罪で、刑事告発した方がよいと思います。 懲戒請求者の身体・生命・財産が危機にさらされていますからね。
Reply Retweet Like More