Twitter | Search | |
Podoro
Die Grenzen meiner Sprache bedeuten die Grenzen meiner Welt. / Wittgenstein
7,943
Tweets
111
Following
17,467
Followers
Tweets
Podoro Sep 8
モーターボートに襲いかかるカバのスピードにビビったので調べたら、 カバ:水中時速8km 北島康介:時速6km (地上では時速30km、100m12秒) 泳ぐのでなく、水底を走ってこのスピード。獰猛で、ボートを襲い転覆させるなど毎年約500人殺してるので、これもあわやだったと…
Reply Retweet Like
Podoro Sep 6
単純な疑問なんですが、 ・「国旗及び国歌に関する法律」で定められた日本の国旗は日章旗。旭日旗は外されている。 ・旭日旗が現在正式に定められているのは陸・海上自衛隊旗のみ。 という現代で、スポーツ応援にて日章旗ではなく旭日旗を掲げたい理由ってなんですかね?
Reply Retweet Like
Podoro retweeted
増田聡 Sep 3
昨日のシンポの議論で「本当にダメな意見は相手にせず少しダメな意見を厳しく批判する学知」問題が面白かった。「格が下がるから相手にするな」をやっているうちにダメな意見が無批判なまま隆盛する合成の誤謬問題。「話が通じない人にいかにして働きかけるか」をまじめに考えなあかんと個人的には思う
Reply Retweet Like
Podoro Sep 2
Replying to @podoron
カプサイシンが感覚神経のカプサイシン受容体(熱、酸、カプサイシン、痛みに反応)に触れると、焼けるような痛み、灼熱痛を引き起こす。 甘味・酸味などを感じる受容体は口の中にしかないが、カプサイシン受容体は口以外にもあるので、辛みは味覚じゃない。 だから、ちんちんも「辛い」と感じる。12/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 2
Replying to @podoron
〈補足解説〉 唐辛子の辛み成分カプサイシンは脂溶性:水に溶けにくく油に溶けやすい。 その性質により、唐辛子の辛みを油に溶かしたラー油などが作れるし、ハバネロちんちんの際は水で洗っても落ちないが油で洗い流せる。 「油で炒めて辛みを出す」からこれを逆算出来たあの時の自分を褒めたい。11/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
なんで急にこんな事を書いてるかって?  4年振り3回目の「ハバネロちんちん」やらかしてさっきまで悶絶してたからですよ。 でも、前回得た知識で致命傷は回避。 「おちんちんが辛い時は、油!」 みなさんのちんちんを救う大事な知恵です。10/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
この事件を「ハバネロちんちん」と命名。 一命を取り留め、後日、友人などに顛末を話したら、普段から料理する男には意外と経験者が居た。 「ハバネロちんちん」の有無、料理男子を見分けるポイントとしておススメかもしれない。経験者なら確実に料理慣れしてる。9/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
……辛み成分は脂溶性!! オリーブオイルをちんちんにまぶす。  みるみる辛みが引いていく!!!! ちんちんに唐辛子がついたら、水、石鹸、牛乳は効果なし。油! この知識の有無がまさかの時のあなたのちんちんを救います。覚えておきましょう。8/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
うずくまり絶望する。氷で冷やすと少し気が紛れるが、焼け付く辛みが引く気配はない。 ちんちんを焼く灼熱感に脂汗流しながら転げ回りつつ、何か策はないかと朦朧とした頭で唐辛子に思いを馳せる。 作ろうとしてたのは唐辛子をたっぷり効かせたアラビアータ。油でじっくり炒めて辛みを引き出す。7/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
もう既に15分以上激辛ちんちんを味わっており、痛みで頭も朦朧としてくるが、「料理が辛い時に水飲むのは罠で、牛乳が効く」ことを思い出す。知識って大事。飲んで美味しい、チーズになる、辛さにも効く。困ったら牛乳に相談だ。 冷蔵庫の牛乳パックを掴み、牛乳でちんちんを洗う。 効果なし。 6/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
早急に辛み成分を洗い流さないと、このままではちんちんが死ぬ。 「辛さ」に耐えつつ、必死に水で洗う。 効果なし。 洗浄効果がたりない。ボディーソープでごしごし洗う。 効果なし。 膝から崩れ落ちる。お湯で洗ったらむしろ痛み悪化。家庭の医学に「ちんちんが辛い」なんて症状は載ってない。5/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
トイレから出たら、何だか熱いから始まって徐々に猛烈な痛みが襲いかかり、気付く。 人生で初めての感覚、「おちんちんが辛い」 最初、何が起きてるのか分からなかったが、焼け付くような強烈な「辛さ」でさっき触ってた唐辛子に思い当たる。耐えがたい痛みに震えるが、恐ろしいのはここから。4/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
「辛い」という味覚は存在せず、刺激による痛覚を「辛い」と感じるのだそうですが、身をもってその意味を知ることになります。 激辛料理を食べた時の焼け付くような灼熱感、あれがちんちんを襲う。 熱い、痛い、辛み成分が口の粘膜に広がった時と同じ感覚を、ちんちんの粘膜で味わう。3/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
Replying to @podoron
パスタや中華料理などには唐辛子をよく使いますね。割って種を出し、油でじっくり炒めて辛みを出す。割る時は手。 そして男性はトイレの小の場合、あそこを手で持つ。 そう、辛み成分がついた手で、最もデリケートな粘膜に触る。2/
Reply Retweet Like
Podoro Sep 1
男性の皆様、パスタや中華料理を作ってる途中でトイレに行きたくなったら、トイレに入る【前に】手を洗いましょう。 意味が分かる人は思い出して悶絶して下さい。意味が分からない人は、命にかかわるので続きをよく読むように。1/
Reply Retweet Like
Podoro Aug 30
Replying to @podoron
謎である。「モチベーション」とは斯くも複雑怪奇なものだよというお話。(詳しい議論は3ツイのリンク先記事を参照) そんな中で、自由に食べれる餌がなくなるまでは面倒なレバーには絶対手を出さないお猫様、さすがである。 しかし、なぜ猫だけがそう進化したのか気になる所。
Reply Retweet Like
Podoro Aug 30
Replying to @podoron
心理学者や経済学者は、「人や動物は、”報酬”、あるいは(本人にとっての)”価値”を最大化するよう行動する。だから、(見えないだけで)本人が感じてる何かの”報酬、価値”があるはず」と説明するが、 「”報酬・価値”を最大化するはずだから、何かあるはず」では、ただの循環論法。
Reply Retweet Like
Podoro Aug 30
Replying to @podoron
実験では、自由な餌はあるし、餌が出てこなくなるとレバーを押すのをやめる。ネズミ達は「餌が必要だから」レバーを押してるんでなく、「そうすると餌が出てくるから」レバーを押している。 人間だって給料出ないなら仕事辞めるはず。しかし、宝くじ当てた人や裕福な定年退職者も仕事続けたりする。
Reply Retweet Like
Podoro Aug 30
Replying to @podoron
なぜ合理的に進化したはずの動物が無駄なことするのか? 一つの仮説は、「(他の、自由な)エサがなくなった時に備えての情報収集」行動が”本能”として身に付いたとの説。 しかし、実験では「数回チェック」でなく、何度もやり続けるので、説得力ある説明とは言い難い。
Reply Retweet Like
Podoro Aug 30
Replying to @podoron
人間だと、自由に取れるアメあるのに幼児は100%レバー押す。年齢と共に割合下がるが、大学生すら50%は無駄に押す。 他にも、自由に入れる部活、無意味で理不尽な入部試験ある部活だと、後者の方が価値あると感じるなどの研究結果。 「価値」を錯覚してないか注意したいですね。
Reply Retweet Like