Twitter | Search | |
牟田和恵
科研費についてdisが湧いてますが、まさにそれがジェンダー研究が必要な事を証明してくれてます。一般の皆さんに知っていただきたいのは、ジェンダー研究が科研費を取れるようになるまで、どれだけ先達の苦労があったか、です。そんなのは「学問では無い」と言われながら。非力ながら引き継いでます。
Reply Retweet Like More