Twitter | Search | |
ポーポー・ポロダクション
遊び心ある企画を考える/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」(10月22日発売)
1,881
Tweets
977
Following
1,203
Followers
Tweets
ポーポー・ポロダクション Nov 16
Replying to @ruusan888
なかなか出来ませんが、聞き上手な人になりたいです
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 16
「話し」ってね。 するものじゃなく、聞くものなんだ。 そんな感じがちょうどいい
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 15
占いの結果など根拠が乏しくても信じる形に自分をあわせる。これを「自己成就予言」と言う。 私は毎年、ボジョレーヌーヴォー方式で自己成就予言をしている。今年は「ここ10年最高の出来だった昨年にひけをとらない私」といったように耳障りの良い言葉を毎年更新し、自分に言い聞かせて頑張っている
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 15
疲労して思考回路が停止していると人は変なことを言う。私は近所の人に「こんばんは」ではなく「おつかれしたー」と言ってしまうことがある。 たぶん同じような状況だと思うのだか、先日、駅員さんに「ニンニク入れますか?」と聞いている人がいた
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 14
失敗したくない気持ちはわかるけど、飲食店を口コミサイトで検索して判断するのはどうかと思う。すでにその口コミは口コミではない。失敗してもいいじゃないか。失敗することより、感覚が鈍り、自分でものを判断できなくなるほうが何倍もおそろしいと私は思っている。 失敗こそが我が人生
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 14
「信頼」はすごく大事と思う。ビジネスでも、個人でも最後は信頼がものを言う。嘘をついてはいけないということではない。むしろひとつやふたつの嘘があったぐらいでは崩れない信頼関係を作らないといけない。私はいいかげんな人間だが、やっぱり信頼は失いたくないと思っている
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 13
シン・パンダ第三形態
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 12
頑張っているみんなに
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 12
Replying to @HiPDVkVC8Q9QqOv
企業が作る作品、商品を発売前に見て心理学的なアドバイスをしています。AとBなら多くの人に評価されるのはAで、その根拠は○○です。みたいな感じッス
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 12
人が何かを食べている音って苦手な人がいます。なので「ほんだし」のCMみたいに大勢がごはん食べているCMって、心理学的にはあまり好ましくない。ちょっと心配ッス。作り手の意図は良くわかりますが、もしポーポーが事前に拝見したなら修正プランを出していたと思います
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 12
最初に見たものの影響を強く受ける初頭効果、直近の情報の影響を受ける親近効果。この違いは視覚情報は初頭効果が出やすく、複雑な言語情報は親近効果が出やすいということ(個人差あり) つまりこれから学べるのは、あのニャンコスターのインパクトを負かせるのは、ナイツしかないということである
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 11
ホームページ経由でお問い合わせや質問をいただきます。韓国や台湾などの海外の読者から「このマンガのオチがわからない」というものがあります。これはこの前振りが活き、オチとして面白いんですよと。主観的な自分のネタを客観的に解説、返信するのは、自分の裸を解説するごとく、すごく恥ずかしい…
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 11
ずいぶんシニアの母がテレビのCMを見て、最近のCMは良いから欲しくなったり、行動したくなるねーとつぶやく。うんうん ふっとテレビを見ると斎藤工さんのindeedのCMが! 母、それバイト・社員のCMッス 今からバ、バイトか社員やるんすか! 息子、混乱する
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 10
ふっとテレビをつけたら鳥山明先生から作画を引き継いだとよたろう先生が出ていた。漫画のラフや描き方を見てめちゃすごいなと思った。ちょうど自分も家でイラストを描いていて机に戻ったらなんじゃこれはと思った 絵をもう一度勉強し直したいと思った。人の心を動かすには本質も表現力(演出)も大事
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 10
【宣伝です】『パンダ先生の心理学図鑑』心理学効果ごとにまとめた図鑑です。200個以上の心理効果と用語を心理学の達人パンダ先生が解説してくれます。根拠となる実験や研究、使える裏ワザも満載。知らない心理効果がたくさんあるはずです。簡単で深い、初心者から上級者まで読める1冊。会社帰りにぜひ
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 9
Replying to @ema2943
ありがとう!
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 9
ご近所でご不幸があり、お通夜に行った。斎場は暖房暑くてハンカチに手を伸ばす。ふと見るとなんとドクロマークの柄が!急いでいたとはいえ、なんというハンカチを持ってきたのか?! 汗を拭く、焦りさらに汗が出る、また拭く、焦るという負の連鎖! 不謹慎と暑さが生む謎のデフレスパイラルに沈む…
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 7
心理学者は嘘が見抜ける。もう私ぐらいのエキスパートになると、相手の嘘を見抜くどころか、自分の考えていることを相手にほぼ100%表情から教えてしまうらしい… て、て転職しようかな…
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 7
運が悪い人は回路が悪いことが多い。習慣や思考パターンなど、このシステムは悪いものを引き寄せる。また表層意識と深層意識が乖離していることがある。頑張る方向を間違ったり深層と表層で目指しているものが違う。アドバイスをしても深くまで届かない。そういう人をちゃんと説得できるようになりたい
Reply Retweet Like
ポーポー・ポロダクション Nov 7
承認欲求は歪むとこわい。頑張っていると認めてほしい、かわいそうと思われたい、そんな気持ちが高まると自ら病人になって同情を集めようとしてしまうことがある。これをミュンヒハウゼン症候群と言う。さらに子どもを病人にしてかわいそうな親を演じる代理ミュンヒハウゼン症候群というものもあります
Reply Retweet Like