草野大悟【知的財産&通信確立ドローン】知財ユーチューバー Sep 19
現状、共同開発案件を優先して受注して売上高・粗利を作るか、エクイティファイナンスで調達して自社プロダクトの開発を優先して行うかという選択肢。 最短ルートを考えるとおそらく前者が正解だと思われる。 だけど、いつでも両方に舵を切れるようにはしておく。