Twitter | Search | |
オッカム
僕が子供の頃の北海道米は本当に酷かった。でも僕は子供だったので分からなかった。ただただ喉を通らない不味いガム、よくて最悪のモチを食べている感じだった。しかし米とはそういうものだと思っていた。ところがある日の弁当で衝撃を受けた。身も蕩けるほど美味い。帰って母にどういうことか聞いた。
Reply Retweet Like More
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
何かの景品で「あきたこまち」が当たったのだと。それを使ったと。僕はこの時、初めて自分がこれまで食べていたのが「キタヒカリ」という北海道米で、世界には「あきたこまち」や「コシヒカリ」というものが存在していることを知った。僕は今後、「あきたこまち」を使ってくれと頼んだ。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
すると母は「お父さんの給料でそんなものは食べられない」と取り合わない。しかし一度、上位規範を知ってしまった僕は、もうキタヒカリに耐えられなかった。思えば、父はいつも白米に味噌汁をぶっかけていた。そういうことだったのか。汁物をかけないと食えないものだったのかと。それから戦争だった。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
僕はそれ以来執念深く、母にまともなコメを食わせろと言い、これ見よがしにコメに味噌汁といい時には番茶さえぶっかけて、「こんなもの流し込まなければ食えたもんじゃない」とやり続けたところ、ある日、母がキレて泣き出した。父は沈黙した。それ以来、僕は憑き物が落ちたように大人しくなった。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
ある日、「きらら397」がすべての光景を一新させた。品種改良で北海道米に革命が起こった。これ以降の北海道米はあきたこまちやコシヒカリよりも美味いと思う。大学生の頃母と電話で話した時、彼女は「農学部の人には頭があがらない、あなたのような口舌の徒は文句言うだけで何もしない」と言った。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
しかし僕はすでに違う考え方を持っていた。コメのようなものを寒冷な北海道で作ることがそもそも合理的だったのだろうかと。こんなに美味い北海道米を作るにはどれだけの資源が投入されたのだろうか、本当はもっと別なことに資源を投入すべきだったのではないかと。コメ信仰は疑うべきではないかと。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
信仰や政策、世論の中身を疑うことなく、よりそれに適合的な技術を追求する知性は危険なのではないか、それなら「ああいう属性の人種は滅ぼすべきだ」となったら「はい分かりました」と効率的に殺戮する技術を生み出す知性が奨励されるようになるのではないかと。「僕は北海道米の美味さが怖い」と。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
母は「もうあなたには何も言わない」と。父は「それは重要な指摘だ、考えてみれば持参金が少ないという理由で嫁さんを焼き殺すインド人も原子力潜水艦を動かしている。技術と知性は違うのかもしれない。すなわち価値判断だ!」とか調子を合わせた。母は「この家は昔からそうだ!」と吐き捨てた。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
そして北海道米は美味い。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @oxomckoe
しかしコメの食べ方のグルーバル・スタンダードとしては、塩やスパイスの効いた汁をかけて食べる方が正統的で、コメそれ自体の美味さを求めるのは、これはやはり信仰と呼ぶべきものの帰結だったのだろうと思う。
Reply Retweet Like
100MANACO Nov 24
Replying to @oxomckoe
味噌汁かけるのもそうでしたし、納豆、卵、とろろなどご飯に何かかけて食べるのや、ふりかけなどとにかく白いご飯に味つけしてくれるものはなんでも好きでした。嗚呼もちろん「バターと醤油」とかも。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @100MANACO
いや本当にそうでした。
Reply Retweet Like
オッカム Nov 24
Replying to @goza_u1 @YS_GPCR
考えてみると本当にここ20年ちょっとの変化なんですよ。
Reply Retweet Like