Twitter | Search | |
朝日新聞南阿蘇駐在(前大槌駐在)東野真和
阿蘇は、あちこちで山火事。放火です。牧野を守り、病害虫を防ぐため、毎年村民がボランティアの協力で行っています。人と自然の関係とか、地域のありかたとか、外とのつながりとか、色んな原点を感じますが、地震の影響でできない地区もあります。

The following media may contain sensitive material. Learn more.

Reply Retweet Like More
スーザン・ソンタグ Mar 4
不勉強ですみません。これは「山火事」ではなく「野焼き」というのではないのでしょうか…? QT 朝日新聞南阿蘇駐在(前大槌駐在)東野真和 阿蘇は、あちこちで山火事。放火です。牧野を守り、病害虫を防ぐため、毎年村民がボランティアの協力で行っています。
Reply Retweet Like
サイノア Mar 4
ネタかと思った…
Reply Retweet Like
ブックボーイ たつの Mar 4
春先にはあちこちの水田で畔焼きや、岡山の後楽園でも「芝焼き」をしてますが…
Reply Retweet Like
polaris Mar 4
「野焼き」を「放火」と言ってる新聞記者がいると聞いて。
Reply Retweet Like
福袋 Mar 4
. 「山火事」「放火です」っておかしいぞ、内容からしたら「野焼き」でしょうが?と思ったら、一斉に指摘されてて笑ったw
Reply Retweet Like
ブエノ Mar 4
中学生が書いているのかと思いました。
Reply Retweet Like
カレー細胞 Mar 5
まあ、野焼きですよね。
Reply Retweet Like
河津一郎 Mar 5
野焼きを「放火」と言って大炎上している記者が居ると聞いて・・・
Reply Retweet Like
88歳精神科医@十三リンチ事件で検索 Mar 6
中学生だともっとマシな文章書きますし、知識もあります。小学生以下ですね。
Reply Retweet Like
ブエノ Mar 6
友達か家族と話すような交互口調。お勉強はできる人なんでしょうね(笑)
Reply Retweet Like
松本ミゾレ Mar 6
野焼きのことを放火と言うとか、それでも記者か
Reply Retweet Like