Twitter | Search | |
竹内修
「海空領域の強化」が明記される、次期大綱期間中に、陸自の装軌式装甲車が導入される事はまず無いし、歩兵戦闘車はともかく、中小国はAPCを装輪装甲車で賄うのがトレンドになってるんで、73式を後継する装軌式装甲車は、未来永劫作られないとも思う。
Reply Retweet Like More
エンリステッド Dec 8
Replying to @otfsx1228
ASCODシリーズとか買えば良いんじゃと?英国とかも買ってるわけですし。 何ならシンガポールのバイオニクス装甲車とかSTキネティック社はレッドサラマンダーで日本の官庁に納入実績も有ります!何となら代理店のモリタのバッジ付いて国産のフリもできるww
Reply Retweet Like
原田浩司/Koji Harada Dec 8
Replying to @otfsx1228
ああ、雲仙普賢岳災害の時に走りまくっていたAPCは見れなくなるのですな。
Reply Retweet Like
セイバードッグ@グラブルデレマス Dec 8
Replying to @otfsx1228
装軌式はAAV7とおそらくその後継が残りますし・・・
Reply Retweet Like
hukakimono Dec 9
Replying to @otfsx1228
なんと…悲しいですね… 北海道なんかでは冬季は道路除雪しないと装輪車は走れないので、有事や火山災害時には装軌式のが有利なのですが… 大型雪上車では火山礫等に対する防護性が不安ですし… なんとかならないものか…
Reply Retweet Like
名無しトマホーク Dec 9
Replying to @otfsx1228
戦車も装輪ですし…
Reply Retweet Like