Twitter | Search | |
竹内修
ミサイル艇は廃止され、掃海艇の隻数は削減。DDの一部はFFMで更新される将来の海自は、もうデカいフネでブラウンウォーターネイビーをやる組織じゃないし、海自が陸空に比べて永田町の意向に沿う形で転換を推進してるってのが、河野さんが異例の長さで統幕長をやっておられる理由の一つなのよ。
Reply Retweet Like More
Chippy Ho!! 16 Oct 18
Replying to @otfsx1228
従来の地方隊は消滅して、1個隊群の隻数も縮小し、既存のDDは少数をDDX、多くをFFMで置き換えていく。その代わり余力があれば護衛隊群と主力艦を増やすという所でしょうか。
Reply Retweet Like
hukakimono 16 Oct 18
Replying to @otfsx1228
PG、MSC、DDの任務はFFMの機能拡張で対応する、外洋活動なら船体は大きい方がいい、て所でしょうか その場合こんごう型は艦齢40年以上現役ですかね SM-2やSM-3Bk1Aは製造終了になるでしょうし、バーク級Ft1のようにBL9改修しないと陳腐化しそう。次期中期に改修計画出てくるのかどうか気になりますね
Reply Retweet Like
老舗 16 Oct 18
Replying to @otfsx1228
FFMって個艦防御システムが1基になったりVLSが16セルになったりと弱体化してるように思うのですが更新対象のDDの代わりになれるような戦闘能力ってあるんですか?
Reply Retweet Like
エンリステッド 17 Oct 18
Replying to @otfsx1228
FFMは小型艦と呼ぶには基準排水量3900トン・・・立派な大型外洋艦でヘリコプター搭載で海外派遣等にも対応できることが大きいですね。
Reply Retweet Like
酩酊街(偽物) 16 Oct 18
Replying to @otfsx1228 @jpg2t785
…? 外より失礼します つまり、海自は弱体化するってことですか?
Reply Retweet Like
アマギ@横鎮 16 Oct 18
Replying to @otfsx1228 @jpg2t785
この場合適した形になるのかと 以前地方隊はDEだったので大型旧式汎用DDから小型FFMにして人員削減と沿岸警備および削減する掃海も兼ねて適した形するのでは? 外洋艦艇の小型縮小と見るか、小型艦艇の統合及び大型汎用化と見るかは今後の活躍次第でしょうね。
Reply Retweet Like