Twitter | Search | |
荻野 暢也
「先に生まれただけの僕」 木下ほうか演じる及川先生の板書。例の減衰曲線の絶対値付き積分の問題。nの奇偶で場合分けしている。絶対やっちゃあいかん解法。ここは当然 x−(k-1)π=t。 周期関数の部分が三角関数の場合だけ出来ても仕方がない。周期性を利用して0〜πへ平行移動だオーン。
Reply Retweet Like More
佐藤 敏弘 24 Oct 17
Replying to @oginonobuya
古文の先生も、教室でやっちゃーいけない説明をしてました(笑)
Reply Retweet Like
kuma 25 Oct 17
Replying to @oginonobuya
先生の数学への魂を感じました!
Reply Retweet Like