Twitter | Search | |
オフイス・マツナガ Nov 13
【国保・海外療養費と再入国手続き①】民主党の置き土産、外国人に食い物にされる国保財源
Reply Retweet Like
小坪慎也 Nov 13
Replying to @officematsunaga
ご紹介、ありがとうございます。 本件、実は解決済みです。 まだblogに書いておりませんが、議場ではやりました。 社会保険出版の国保マニュアル(市職員必携)に、本件を掲載して頂き、全国一律の改訂を済ませています。 まだ実証効果を測定中でありますが、そろそろネットにも放流しましょうか。
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ Nov 13
Replying to @kotsubo48
【地方が中央をかえる!】  ということで、みんなも、【実証効果を測定中】に協力しようぜ!  社会保険出版の国保マニュアル(市職員必携)をチェック (オイラ記者
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
是非、在日への生活保護支給の根拠となっている昭和29年厚生省社会局長通知のこともマツナガさんの力で、広く知らせて欲しいと思います。外国人に生活保護受給権がないことは最高裁ではっきりした以上、この通知による行政の裁量だけで外国人への生活保護支給が行われている
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ
前にもふれたけれど、これが憲法違反の通知! 「生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について」 昭和29年厚生省社会局長通知(昭和29年5月8日,(社発第382号) そこの維新の人、国会質問して! 昭和29年だぜ! (カッパ記者
Reply Retweet Like More
木星3 Nov 14
取り上げていただき、ありがとうございます。 残念ながら「憲法違反」と言い切るだけの判例がありません。 「外国人には生活保護受給権はないので、外国人に生活保護を支給しないことは違憲ではない」ことは最高裁判決ではっきりしております。憲法は外国人の社会権を保障しないことも最高裁判例に
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ Nov 14
「生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について」を取材したオイラ記者。 「厚労省役人は、昭和29年には相応の時代背景が」と。なるほと、それはそれで認めたとして 「昭和29年と平成29年では全くちがう」  見直しは当然!  それをしないのは行政の怠慢!
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
外国人は憲法によって社会権を保障されていないので、朝鮮学校への補助金支給は立法、司法の裁量。朝鮮学校やその支持者は「教育を受ける権利を守れ」と喚きますが、「教育を受ける権利」には自由権と社会権の性格がある。前者は憲法が外国人にも保障し、後者は保障しない。国は前者さえ保障すればよい
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
特別永住資格を在日3世以降は認めず、入管法による永住資格に一本化し、生活保護も認めないというのがぎりぎりの所でしょうか。 単なる永住資格の外国人まで生活保護を支給している現状は、即刻正常化すべきです。そもそも自力で生計を維持できない外国人は、永住資格を取り消し、退去強制すべきです
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ Nov 14
昭和29年「生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について」を見直すだけで「ちゃりんと、年間1200億円でるからな」(カッパ記者 いや、一定の保護規定は必要あるとおもう 「別の枠で200億円相当が妥当」 なので、 「ちゃりんと1000億円」(オイラ記者
Reply Retweet Like
タケ Nov 14
簡単に言うと教育は受けれる(自由権)けど補助金出すか出さないかは社会権の範疇だから司法、立法が決めていいよって事でok?
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
はい。教育内容を国家に統制されない権利は外国人にも保障されているけれども、国家に何かをしてくれと要求する権利(社会権)は、国家が前提の後国家的権利で国民に限定して問題はないし、判例も日本国民限定とする。教育するために補助金出せというのは社会権。
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
なお、教育内容と補助金については憲法第89条の問題があります。 憲法 第89条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
朝鮮学校の教育内容から判断して、朝鮮学校への補助金支給は憲法第89条に違反すると考えられる。
Reply Retweet Like
kabujirou Nov 14
だから、日本政府は保護費削減のために北への帰還運動を推進したのよ
Reply Retweet Like
木星3 Nov 14
ある程度の知識があると、大変参考になります。
Reply Retweet Like
木星3 Nov 15
法務省 永住許可に関するガイドライン (1)素行が善良であること(略) (2)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること 日常生活において公共の負担にならず,その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること。 (以下略)
Reply Retweet Like
木星3 Nov 15
永住許可の条件の一つが「独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること」であり、外国人に生活保護を支給するなどもってのほかで、在留資格を取り消し退去させるべきなのです。
Reply Retweet Like
木星3 Nov 15
不正受給も後を絶たず。
Reply Retweet Like
オフイス・マツナガ Nov 15
世界中どこにいっても、「外国人の永住許可」の条件はほぼ一緒 1素行(薬物はとくに厳しい) 2独立の生計 3共産党、極左、ナチ、カルト、他テロ集団と関係がない 4スパイ、工作員  なので、 「日本には強制送還させなければいけない外国人が多数いる」 (北岡
Reply Retweet Like