Twitter | Search | |
戦史の探求
ソ連が戦後作成した「枢軸国が勝利した場合の世界各国への侵攻主要ルート」MAP 関東軍はドイツ中央軍集団と西シベリアのオムスクで邂逅、という無茶ぶりが旧軍を襲う 放し飼いにしておけば南端までアフリカ大陸縦断するだろって思われてるロンメル将軍も相当アレな扱いですが
Reply Retweet Like More
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス 6 Jul 18
Replying to @noitarepootra
ギレンの野望感ある
Reply Retweet Like
francco 6 Jul 18
ハーツ・オブ・アイアン?
Reply Retweet Like
pure 7 Jul 18
なぜ日本の驚異的な輸送力でアメリカに本土攻撃できるだけの物資が運べたのかが知りたい
Reply Retweet Like
米投機筋〜蜀の字義は、芋虫の意。心理的にずっこけますが、蜀は絹の大生産地、すなわち、蚕の事ですね😁 6 Jul 18
Replying to @noitarepootra
ははは。大笑いの進攻ルートですね。各大陸放射状に矢印がばらけていますが、これは戦略上原則禁忌事項。これでは最後まで戦力が分散しっ放しになります。逆に言うと最初ばらけている矢印が収斂する流れが原則正解になります。図のアフリカなら南端ケープタウンで合流するイメージですね。図は不合格。
Reply Retweet Like
阿納 丹益 7 Jul 18
Replying to @noitarepootra
ドイツが南極にまで行けてない件。
Reply Retweet Like
コムギン 6 Jul 18
Replying to @noitarepootra
補給の概念が無い。流石。
Reply Retweet Like
郭 奉考(真) 6 Jul 18
Replying to @noitarepootra @hkokado
「レッドサンブラッククロス」かと思ったら「トゥモロー・ザ・ワールド」か? …マイナーネタですみません。
Reply Retweet Like