Twitter | Search | |
西村 やすとし
トランプ大統領から「シンゾーの案に従う」と頼られ、安倍総理が「ルールに基づく貿易システムを発展させていく」と提案し、合意につながりました。フランスのマクロン大統領からも「シンゾーの提案のおかげだ。ありがとう」と声をかけられていました。
Reply Retweet Like More
ともこアンダンテ Jun 10
Replying to @nishy03
西村さん、お疲れさまでした。これからも日本をよろしくお願いします。
Reply Retweet Like
kiki Jun 10
Replying to @nishy03
安倍総理がどれだけ信頼が厚いのかよくわかりました。国民として鼻高々です(*^^*)野党、マスコミ、コメンテーターなどが、連日のように蚊帳の外とか言ってましたが、元々蚊帳なんてありませんよね。いつもの印象操作、姑息なやり方にうんざりです(´・_・`)
Reply Retweet Like
津原泰水 Jun 10
Replying to @nishy03
合意につながりました? よくもまあ、嘘八百を。
Reply Retweet Like
城之内 みな Jun 10
Replying to @nishy03
素晴らしいですね。これ、もっと他のメディアが報道してくれれば良いのですが。
Reply Retweet Like
田川滋 Jun 11
Replying to @nishy03
五転六転したG7会議 トランプ氏、首脳宣言を反故:日本経済新聞
Reply Retweet Like
田川滋 Jun 11
Replying to @nishy03
”…折衷案を出したのは安倍氏だった。「『自由で公正なルールに基づく』ならいいだろう」。WTOルールを連想させる欧州案の「多国間ルール」との文言を微妙に修正し、トランプ氏も「シンゾーの案に従う」と最後は折れた。”→
Reply Retweet Like
田川滋 Jun 11
Replying to @nishy03
”ただ、トランプ氏の妥協は、もともとG7の首脳宣言を軽視していた姿勢の裏返しともいえる。同氏はG7を途中退席して急きょ記者会見に臨み「不公正貿易から米国を守るためなら、どんな手段も採用する」と関税発動を正当化した。”→
Reply Retweet Like
田川滋 Jun 11
Replying to @nishy03
→”さらには「首脳宣言は承認しない」と自動車関税の発動に言及する9日夜の表明につながっていく。”
Reply Retweet Like