Twitter | Search | |
日経新聞 写真部・映像報道部
日本経済新聞社が取材する写真と動画の公式アカウントです。最新のニュースや話題をビジュアルにお届けします。 写真特集は 映像特集は
3,785
Tweets
90
Following
36,196
Followers
Tweets
日経新聞 写真部・映像報道部 2h
悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大アメフト部内田前監督と井上コーチは緊急会見を開き、謝罪しました。 前監督からの指示は否定し、コーチは「倒してこいと言ったのは真実」と述べました=為廣剛撮影
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 22
日大アメフト部の宮川泰介選手が記者会見し、負傷させた関学大の選手らに対し「深く反省しております。申し訳ありませんでした」と謝罪しました。前監督からコーチを通じて指示があったことを認めて「事実を明らかにすることが償いの第一歩」と述べました。=小幡真帆撮影
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 18
【せかい旬景】パレスチナ自治区にある「世界一眺めの悪いホテル」に入ると窓からは高さ9メートルの壁と監視塔、枕元には枕投げで戦うイスラエル兵とパレスチナ人。覆面アーティスト、バンクシーの壁画が描かれるベツレヘムを訪れました。(澤)
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 retweeted
日本経済新聞 電子版 May 16
西城秀樹さん死去 63歳、歌手
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 16
新企画「ニュース解説55」。初回テーマは6月に上場するメルカリです。上場で何を狙うのか。55秒で解説します。
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
⚡️【写真特集】ニッポンの森 再び輝く道 国土の約3割を占める人工林。樹齢50年以上のスギやヒノキが伐採時期を迎え、森林資源が注目されています。新建材、バイオマスの現場を追いました。
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
板の繊維方向を交差させて何層も重ね、強度を高めた新建材の直交集成材(CLT)。岡山・真庭市の銘建工業では高知や岡山のスギなどを使った大型パネルを製造しています。【写真特集】熱撮西風「ニッポンの森 再び輝く道」
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
国産木材が新建材の直交集成板(CLT)に使われ始めています。岡山県真庭市にあるCLT製造現場を動画で撮影しました(山)【写真特集】熱撮西風「ニッポンの森 再び輝く道」
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
ヘリがつり上げているのは木材高級品の吉野ヒノキ。轟音とともに丸太が空を運ばれていく様子に圧倒されました(淡)【写真特集】熱撮西風「ニッポンの森 再び輝く道」
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 15
全国で初めて園舎に直交集成板(CLT)を使った京都の西山井ノ内保育園。木の香りやぬくもりを感じる空間で、子どもたちが元気に遊び回っていました(淡)【写真特集】熱撮西風「ニッポンの森 再び輝く道」
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 13
NASAが新たな火星探査機を打ち上げました。約7カ月で火星に到着し内部構造などの調査を進める計画です。
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 10
2月に国民栄誉賞を授与された羽生善治氏の祝賀会が10日、東京都内のホテルで開かれました。羽生氏と同時に国民栄誉賞を受けた囲碁の井山裕太氏や親交のあるノーベル賞学者の山中伸弥氏が祝辞を述べました=小幡真帆撮影
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 7
芸術系の洋書を豊富に取りそろえ若者らの人気を集めた (東京都港区)が6月25日の営業を最後に閉店することになりました。閉店後は渋谷区の本店に統合されます。為廣剛撮影
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 5
【せかい旬景】30年ぶりに訪れたロンドン。当時撮影した写真を手に同じ場所に立ち、街の変化を見てみました。時計台「ビッグベン」は現在、改修工事中(写真右)ですが、周辺はその時と変わらず多くの観光客でにぎわっていました(井)
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 4
⚡️ 「 「銃社会変えたい」若者たちの叫び」 主役は高校生。全米各地で銃規制強化を求める声が高まっています。彼らの声が「銃社会」を動かし始めました。映像や写真特集でどうぞ。小高顕撮影
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 4
【INFOCUS】「銃社会変えたい」若者たちの叫び コロンバイン事件からの19年間に、米国で270人以上の生徒や教師が銃の犠牲になっているという。今年2月にフロリダの高校で17人が死亡して、同校の生徒が「 」と声を上げると、運動は全米に広がりました(顕)
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 4
【INFOCUS】「銃社会変えたい」若者たちの叫び 米国では伝統的に「銃=自己防衛」と考える人が多い。「銃がなければ、武装した悪いやつから子供や自分を守れない」という声も根強い。現状か変化か。銃問題が今秋の中間選挙の行方も左右しそうです。(顕)
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 4
【INFOCUS】「銃社会変えたい」若者たちの叫び 主役は高校生。全米各地で銃規制強化を求める声が高まっています。集会に参加した女子高生は「変わるまでやめないから」と力強い。彼らの声が「銃社会」を動かし始めました。映像や写真特集でどうぞ。(顕)
Reply Retweet Like
日経新聞 写真部・映像報道部 May 4
【INFOCUS】「銃社会変えたい」若者たちの叫び 「次はわたし?」米国の学校で銃乱射事件が続いています。19年前、コロラド州の高校で13人が犠牲になった学校の名前にちなみ、「コロンバイン世代」と呼ばれる若者たちが社会を変えようと立ち上がっています=小高顕撮影
Reply Retweet Like