Twitter | Search | |
和田さや子
ライフオーガナイザー/一級建築士 片づけのこと 共働きのこと ワークアズライスのこと 子どもの教育のこと「片づけ収納ドットコム」ライター 家族は オット(サラリーマン)娘(小3)息子(年中)
1,199
Tweets
151
Following
71
Followers
Tweets
和田さや子 Aug 18
Replying to @HTorganizer
ビフォーがわからないと、どの程度間取りが変わってこれになったのかわからないけど、収納の奥行きが使いにくそうなのが気になるなー
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 18
Replying to @HTorganizer
階段もビフォーと同じ位置?
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 18
Replying to @HTorganizer
玄関たたきはビフォーと同じ広さ?
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 18
おススメありがとう!間取りは奥が深いよ。何案描いても、完全に同じ間取りにはならないから。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 15
夏休みの工作(自由研究)が無事終わった。工作キットを使わなかったので、試行錯誤を繰り返し、材料を買い足しにも行った。なるべく見守るスタンスだったけど、最後の仕上げで手を貸してしまったよ。お陰でまあまあ良い仕上がりになっちゃったよ。「ママすごいね」って娘喜んでた。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 15
公共交通機関が止まらないので、娘のスイミングスクールは予定通り。その間に息子と餃子をつつんでる。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 15
ぜひ、ほかの店も真似してほしい。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 14
娘の自由研究の工作の材料探しにダイソーへ。ちょうど12時を回った頃にお店を出たら、12時で閉店しましたって看板出してた。防災への意識がグンと高くなった一年だった。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 14
親子は近すぎてうまくいかないこともあるからね。第三者から学ぶ方が素直に聞ける。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 13
Replying to @nigiplus
図鑑ではわからない、リアルな体験たくさんできたな。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 13
Replying to @nigiplus
去年は熱中症、その前は小さすぎて参加できなかった息子も初参加。流れは穏やかと言っても5歳にはハード。手を繋いで、最後まで歩ききった。カニは自力ではとれなかったけど、獲ってもらったのを持たせてもらい大興奮。さらに、カエルになりかけのオタマジャクシも見つけ大興奮。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 13
オットの実家より帰阪。毎年、川遊びに行くのだけれど、地元の人さえのこない本気の山奥に行くので、涼しいし、水も綺麗だし、小さな川なのでこどもたちにも安心。沢でカニ探し。自分自身は、祖父母の家が都会だったので、こんな夏休みを体験できるこどもたちが羨ましい。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 10
アンパンマンを見せないって・・・全てのテレビを遠ざけて育てるつもりかしら?(仮面ライダーを見る息子を眺めながら)
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 10
お盆前の最終日はプラン出し。自分がずっとやってみたかった間取りがバッチリはまる土地でのプランだったので、かなり楽しくプランができた。もちろんその絵が実現できれば嬉しいけど、できなくても考える時間が楽しい。この仕事が自分に向いてるなーと思う瞬間。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 9
娘が一足お先に祖父母宅に帰省して、息子一人っ子の夜。いつもなら、娘が勉強してたりピアノしてたりして見られないテレビを独り占め!寂しいと思う様子ゼロw
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 8
Replying to @nigiplus
1時間半で「子どもとピアノ」12年分を一気に体験した。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 8
娘のピアノの個人発表会に帯同。小学校1年生から高校3年生まで、順々に弾いていくのだけれど、中学に入ったくらいから、ピアノを主軸においている子と、他が忙しくなって練習できない子のばらつきがある。そして、大学受験を前におそらくこの発表会は最後という卒業式的な演奏まであり。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 7
Replying to @nigiplus
病気や障害は誰かのせいでも、何かもためでもない。たまたま。それで十分だと今は思う。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 7
Replying to @nigiplus
一時期、息子は私の料理スキルを上げるためにアレルギーっ子として生まれてきたのかもしれない。。。と思ったりもした。でも、そんなことはない。何かのために病気になるなんてない。たまたま、アレルギー持ちだっただけで、それ以上でも以下でもない。
Reply Retweet Like
和田さや子 Aug 7
何か出来事があった時に、そこに何かこじつけて理由を探すのをやめようと思ってる。例えば、うちの息子は卵と乳のアレルギーがあり、出来合いのものが買えなくなり、外食先も限られ、私が料理をすることが増えた。もともと料理は好きではなかったし、結婚前はほとんどしてなかったので、劇的な変化。
Reply Retweet Like