Twitter | Search | |
中山幹夫
1964年東京五輪は10月なのに2020年東京五輪は熱中症の危険が高い真夏。なぜだろうと思ってたら理由が分かった。さすが自民党、人命よりもお金と米国属国を優先。 猛暑の夏に五輪なぜ? 米国のTV放送 最優先 選手第一は建前:東京新聞
Reply Retweet Like More
立野ダム反対!田島敬一JCP 15 Aug 15
マラソンなど、熱中症になりやすい種目は、会場を軽井沢などヒンヤリした場所に移すってのはどうでしょう?
Reply Retweet Like
つれづれの木の下藤吉郎 15 Aug 15
日本に限らずそもそもIOC自体が米国従属集団だという事が過去の経歴から明らかです。例えばスキージャンプのタイミングが理不尽だったり、変な時間帯に水泳の決勝組んだり🌋
Reply Retweet Like
moco 15 Aug 15
そうですね。選手のコンディションなどまったく無視して、それなのにメダルを取らなければうつむいてひっそり空港の裏口から帰ってくるなんてよく言われていますね。
Reply Retweet Like
つれづれの木の下藤吉郎 15 Aug 15
半ば、一番気の毒なのはアメリカ代表の選手なのかも。
Reply Retweet Like