Twitter | Search | |
村瀬信也
将棋に関する社内からの問い合わせあるある③ 「『○○は銀を上がった』(自動詞)という表現は変じゃないの? 『○○は銀を上げた』(他動詞)では?」 言われてみるとそうなんですけど、そう言うんですよね…
Reply Retweet Like More
kobari May 31
Replying to @murase_yodan
そんな事よりもっと大事な事があります。このままでは将棋連盟ヤバイです!ではないですよね、、。
Reply Retweet Like
Daisuke Katagami May 31
Replying to @murase_yodan
これたしか、宮田君がまさにその指摘したのを千葉君がモバイルのコラムか何かで紹介して、「彼は細かいことによく気がつくのである」と書いたんじゃなかったですかね。銀じゃなくて金だったような。
Reply Retweet Like
村瀬信也 May 31
Replying to @shogidaichan
そうなんですね。最近言われたのは、「桂を跳ねる、って変じゃない?」です
Reply Retweet Like
田代深子 May 31
「受かる」「詰ます」などもそうですが、能動と受動が現在の文法と逆転しているときがありますね。競馬の用語にも似たところがあると思います(「○○ステークスを使う」など)。
Reply Retweet Like
さくらはな。 May 31
Replying to @rieko_w
なるほどー (๑╹ω╹๑ )
Reply Retweet Like
Daisuke Katagami May 31
Replying to @murase_yodan
いろいろなバージョンがありますね。
Reply Retweet Like
やまねやまねこ May 31
Replying to @murase_yodan
(銀が、)銀(の通常の進路)を上がったというニュアンスで聞いているせいか、違和感なかったです。考えてみるといろいろ省略されている表現ですね。
Reply Retweet Like
『羽生善治 闘う頭脳』 May 31
Replying to @murase_yodan
この自動詞、他動詞問題、亡くなった柳瀬尚紀先生に検証して下さいと言っていたんですが……。
Reply Retweet Like
村瀬信也 Jun 1
Replying to @rieko_w @kusattamarimo
改めて考えてみましたが、やはり理由はよくわかりません
Reply Retweet Like
村瀬信也 Jun 1
Replying to @yamanecology
確かに省略というケースもあるかもしれません
Reply Retweet Like
村瀬信也 Jun 1
Replying to @Fighting_hub
そうでしたか。柳瀬先生のような専門家に一度分析していただければ、その話題が出るたびに参考にできるのですが
Reply Retweet Like
田代深子 Jun 1
おそらく能動と受動の両用に関わる文法的な解説が可能なのではないかと踏んでいます(わたしには無理ですが(笑))
Reply Retweet Like
戎棋夷説 Jun 1
Replying to @rieko_w @murase_yodan
「君は仕事を終わったの?」って言うでしょう。「その言葉づかいはおかしい。終えた、と言いなさい」なんて忠告する方が珍しくないですか?
Reply Retweet Like
村瀬信也 Jun 1
Replying to @pascal_api @rieko_w
あくまで印象ですが、話し言葉だと気にならないケースは結構多いと感じています。
Reply Retweet Like
管 直弼 Jun 2
Replying to @murase_yodan
定跡とか棋理とかで、上げさせられたから、銀は上がったので、全くの新手なら上げたのが相応しいのです。将棋は案外新手は少ないので、駒の動きは自動詞で表現するのが正しいと 理屈をつけてます。
Reply Retweet Like