Twitter | Search | |
いしいみちこ
2020年度「大学入学共通テスト」の問題例が発表された。国語の問題例その2。なんだかなあ。
Reply Retweet Like More
さと@ゴリラに夢中 Nov 6
センター試験の国語(not経済)に、契約書の読み方が出題されたってことですか? 未来の契約トラブルを回避するためには必要な知識なんでしょうが、しっくりこない…(^_^;)
Reply Retweet Like
太田 知輝 Nov 6
Replying to @mcmckokoro
問三の解答って第4条に書いてありませんか?
Reply Retweet Like
おかもん Nov 6
書いてあるのは貸主側からの解約、問三で求められてるのは借主からの解約ですね。 失礼しました。
Reply Retweet Like
✧operapink✧ オペラピンク Nov 6
Replying to @mcmckokoro
初学者向け民法1でやるような内容ですねw
Reply Retweet Like
neterobinson01 Nov 7
Replying to @mcmckokoro @sumi_ichi_
日本のセンター試験、共通試験はより良い問題を作ろうとしてドツボにハマって周りが見えなくなってる。ネイルアートやオレオレ詐欺名称があれもこれも取り入れてドツボにハマって訳分からなくなったのと同じ。オレオレ詐欺の新名称知ってますか?「母さん助けて詐欺」馬鹿かと。画像はネイルアート例
Reply Retweet Like
太田 知輝 Nov 7
なるほど ありがとうございました
Reply Retweet Like
小包中納言 Nov 7
Replying to @mcmckokoro
これはひどい。社会で必要な契約書の読み方なら、義務教育卒業試験で問うべき。大学入試は学問の道具としてのリテラシーを問う場だ。
Reply Retweet Like
小包中納言 Nov 7
Replying to @mcmckokoro
契約書の読解能力なら公民で問え。
Reply Retweet Like
のりセンセ Nov 8
Replying to @mcmckokoro
昨日の朝日新聞に、中高生の読解力低下の記事があったから、テストで契約書を読めるか心配です(^^;
Reply Retweet Like
シムラクラム Nov 8
Replying to @mcmckokoro
いつも思うんだが、問題の内容に対して教科書の内容が整合性ないんだよなぁ。教科書をベースにして考えると奇問にしか見えない。 このことを指導主事に聞いてみたけど、「現行ではなかなか出版社も難しいようで…そこは先生方の創意工夫で頑張って欲しい」と丸投げですよ。上がこんなんじゃねぇ。
Reply Retweet Like
'(asataro . masai) Nov 8
Replying to @AS_Insects @mcmckokoro
これを読めないなら大学レベルの論理で書かれた教科書や論文をよめるはずがありませんよ…物語文などよりこちらの方がよっぽど論文に近いです。
Reply Retweet Like
冬馬@有紗4th当てた人😈 Nov 8
Replying to @mcmckokoro
国語力を問うという意味では良問かもしれないけど、問題の方向性が分かりづらい。難問奇問に見せかけたサービス問題?
Reply Retweet Like
小包中納言 Nov 8
仰るとおり、この程度の易しい問題では大学入試にふさわしくないですね。大学レベルの論理で書かれた論文や教科書からの出題でなければ無意味ですよね。
Reply Retweet Like
jun101@西宮 Nov 9
Replying to @mcmckokoro
読解力を問う問題として、良い問題だと思うけど、何が不満なのかさっぱりわからない。
Reply Retweet Like
考えるカモ。 Nov 9
Replying to @mcmckokoro
日本もここまで来たのか…。呆れを通り越して悲しくなってくる…
Reply Retweet Like
ラブカメ Nov 9
Replying to @mcmckokoro
国語の問題としての成否は分かりません。日本語で書かれた問題で正誤があるので国語の問題としてはOKなのでしょう。次にこの問題の内容ですが…稚拙すぎます。甲・乙とか契約にあまり馴染みのない人には違和感があるかもしれれませんが、内容自体は中学生レベルかな…。
Reply Retweet Like
ラブカメ Nov 9
Replying to @mcmckokoro
このような問題が大学試験に出題されるということは、高校以下で正しい契約書の読み方とか勉強するのかな…ただ現実契約書はあっても最終的に裁判所に持ち込まれると社会通念上や過去の判例、今回の場合借主有利 が原則なので契約至上主義は裁判の段階で概念が変わります。
Reply Retweet Like