Twitter | Search | |
ますと@心で繋がる男女論
人間関係、コミュニケーション、に関するメディアを運営しております。その中で来た相談に超ザックリとお答えしています。
726
Tweets
715
Following
285
Followers
Tweets
ますと@心で繋がる男女論 May 24
子供の夜泣きに全く目を覚まさない旦那さんが、奥さんにボロクソに言われてケンカしたという相談…。 男女で性質が違うので夜泣きで目が覚めなくても仕方がないこと。 ただ、それで大ケンカになるとしたら、奥さんに対して日常での思い遣りが確実に足りていない。 夜泣きよりも、一番の問題はそこ
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 20
メンヘラ系の彼女と付き合うなら、相手の感情の起伏に振り回されてはいけない。 彼女が怒ろうが、泣こうが、不安がろうが、背景にあるのは寂しさ。 ドッジリ構えて「大丈夫だよ」と伝え続けること。 そして[感情で振り回す以外のコミュニケーションの取り方を教えてあげること]これが最重要!
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 20
「どんな男性と付き合いたいですか?」 と聞いた時、 ・魅力的な女性は[自分の応援したい男の理想像を述べる] ・恋愛に苦しむ女性は[自分にとって都合の良い男の理想像を述べる]
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 19
「私さえ我慢すれば…」と本音を隠す人は多いが、その結果 暗く重たい空気を放ち、場の雰囲気を下げてしまう。 そんな時は ・自分が我慢して暗くなり、場の空気を重くするか ・助けを求めてみんなで解決するか を考えればどちらを優先すべきか見えてくる。 助けを求めることは悪いことではない。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 19
Replying to @NeoCs3XzLFgSP1G
そういう人との関係作りは大変ですが、その反面、物凄くコミュニケーション能力は身につきますね!
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 15
絶対に非を認めないタイプの相手に正論は役に立たない。 大切なのは非を認められない背景にある ・劣等感 ・自信の無さ ・バカにされることへの恐怖 を汲み取ること。 そのコンプレックスを壊してあげた時、あなたの話を聞くようになる。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 13
「関係」というのは育てるもの。 この感覚があれば一度関係が悪化しても何も気にならなくなる。 むしろ健全な対話ができれば、悪化した時ほどお互いの価値観を知って仲を深めるチャンス。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 11
過去の恋愛を乗り越えているかどうかのサインは《元恋人の幸せを本気で祈れるか》にある。 もしここで[苛立ち、悲しみ、嫉妬、憎悪など]が生じる場合、その恋愛を経て完全に成長しきれていない。 その段階で次の恋愛に取り組もうとすると、同じ段階で同じ過ちを繰り返す可能性があるから要注意。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 7
「自立した人になりたい!」と相談に来るケースは多いが、自立ステージの先には《人の良さを引き出して活かす》ステージや《周りに影響を与えて導く》ステージがある。 自立することなんて通過点だし、そこを目指そうとする書籍やネットの情報は多いけど、その先を目指した方が人は成長する。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 27
彼氏に裏切られたという彼女の話を聞くと、彼女の方は自分の寂しさを埋めるために彼を利用しているケースが多い。 つまり、どちらも都合の良いように利用し合っていただけということ。 結局のところ、本当に良い人は純粋な想いを持つ人の所へ集まるし、その逆も然り。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 24
スマホをイジりながら… 仕事のことを考えながら… テレビを観ながら… それでいくら彼女の話を聞いても、彼女は不満が残る。そして「いつもあなたは話を聞いてくれない!」とケンカになる。 《大事なのは一緒にいるだけでなく、意識がどこに向いているか》 ちょっとした気遣いの積み重ねが重要。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 23
ネットに生息している情報弱者と呼ばれる方々が訴える「平等」というのは「とにかく最下層に合わせるべきだ」という主張が多い。 でも、それって実は不平等だ。 努力に応じて差が出るのは当たり前。 努力した分だけ結果に差が出ることが平等だろう。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 15
「彼は私がいないとダメだし、寂しがりやですぐ嫉妬するのが可愛い」 →だから私は愛されてる この解釈は要注意 嫉妬や依存を愛の深さと勘違いしていると、お互いが成長しない 嫉妬や依存はエネルギーを奪うため、恋という刺激と興奮が冷めたら疲れてくる 興奮のまま結婚して破綻するケースに多い
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 14
手放してはいけない男性&女性の共通点 ・人の幸せを喜べる ・人の幸せを祈れる 以上。 表面的な態度だけでなく、本気で心の底から他人の幸せを喜んだり祈ったりできる人は間違いなく良い人であり、心が豊かな証拠。 こーいう人と結婚できたら最高。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 12
「俺は自由が好きで、縛られるのが嫌いでさ〜」とセフレを何人も作る男は、 《一人の人間と正面から向き合うのが怖いから、自由という言葉で逃げているだけ》 本気で相手と向き合おうと思うと、自分は誤魔化せなくなるし、エゴも浮き彫りになる。 そんな自分の弱さを知るのが怖いだけ。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 9
「何度言ってもダメだったから見限った」という理由で夫婦関係を諦める人がいる。 しかし、よく掘り下げてみると [不満や文句を伝えること]と[自分の本音を伝えること]を勘違いしているケースが多い。 これは子育て、部下の教育、何かの指導、全てに当てはまるが、不満や文句で人は変わらない。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 8
世間的によく言われる[良い女]の条件って実はすごくシンプル。 ・人の幸せを本気で祈れるか ・人のために頑張れるか これだけ。 打算、見返りなどを求めるのではなく、純粋にこれができる人は男女問わず本当に素敵な人が多い。 ちなみに婚活市場にはこーいう人はあまりいない。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 6
人は寂しさを埋めようとする時に、わざとケンカをふっかけることがある。これはカップルや夫婦で良くあること。 あえて相手を怒らせて自分に気を向けさせてエネルギーを奪おうとするわけだ。 これは無意識だから、見抜けないと永遠にケンカをし続けることになる。 背景にある寂しさを見抜くのは大切
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 5
勉強ができることと頭が良いことは違う。つまり[高学歴=頭が良い]とは限らない。 社会に出てからの頭の良さは対人関係能力に比例する。 職場、家庭、夫婦、ビジネス、子育て、全てにおいて人間関係がベースだから。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 4
恋愛にドキドキを求めれば求めるほど幸せになれない。ドキドキって要は刺激。刺激というのは脳が慣れるし、より強いものが欲しくなる。 料理と一緒。刺激の強いものばかり食べると舌が鈍って素材の旨味は味わえなくなる。 恋愛もドキドキばっか追いかけると 安らぎや、癒しの幸福感は感じにくくなる
Reply Retweet Like