Twitter | Search | |
ますと@心で繋がる男女論
人間関係、コミュニケーション、に関するメディアを運営しております。その中で来た相談に超ザックリとお答えしています。
843
Tweets
549
Following
716
Followers
Tweets
ますと@心で繋がる男女論 Jun 23
つい最近まで「ミソジニスト」は 恋愛を拗らせた三十路の女性の総称みたいな感じの意味だと思ってた。 ピアニストとかコラムニストの親戚みたいな。 …完全にアラサー女子を敵に回すところだった。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 20
上手くいかない夫婦関係の共通点は相手に対して「やるのは当然」という意識があるということ。 父親なんだから稼いでくるのは当然。 母親なんだから家事をやって当然。 こんな「当然だろ」という気持ちがある。 だから感謝は消え、お互い自分の権利ばかり主張し合う。 当然ではなく、お互い感謝を
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 19
勝手に期待をして、勝手に裏切られたと感じて、勝手に被害者になる人は一定数いる。 そういう人に対しては距離を置くのが一番だけれども、「嫌われるのを恐れる人」は敵意を向けられると傷ついてしまう。 その結果、そんな相手に従ってしまい、心がすり減ってる人は沢山いる。 境界線は大切だよ。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 10
浮気を繰り返す理由は[刺激によって満たされない部分を埋めたいから] 埋める手段は人それぞれで、 ・セックスで満たす→浮気症 ・食で満たす→過食症 ・ギャンブルで満たす→ギャンブル依存症 ・お酒で満たす→アル中 みたいな感じ。 浮気症の人は、たまたまセックスの刺激を選んだだけ。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 10
高い志を持ち、熱く燃えて、夢中になって努力している男は浮気をしない。 なぜなら浮気相手に使うエネルギーが勿体ないから。 その時間とエネルギーを目標へ向かうことへ使う。 つまり逆を言えば、浮気をする男は本気になって目指すものが無く、惰性で毎日を過ごしているヤツ。または暇人。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 7
Replying to @mast070651
パパ活だろうが、ママ活だろうが、どんなビジネスであれ、他人から対価としてお金を貰うのはラクではない。 しかも「リピートされる価値」となるとハードルは上がる。 そしてパパ活を否定する人は「時給」という概念でしか対価をもらったことがない人が多い。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 7
Replying to @mast070651
稀に持ち前のルックスと、幸運にも最高のパパを見つけて高収入を得る子もいるけれど、 そこで自身の成長が全くなかった場合は金銭感覚が狂い、そのパパが消えれば何も残らず、生活破綻する人もいる。 ただ、基本的にパパ活を継続できる女性はバカではないし、何かしらの能力は必ずある。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 7
Replying to @mast070651
デート1回で何万円もの金額を稼いでいる結果だけを見ると、羨ましさや、妬む気持ちも湧くのは分かる。 でも、実際にやってみるとなると99%の人はできない。 パパ活はラクして稼いでいる印象があるが、実際は違う。 1回のデートで数万円稼ぐまでには、過去にいろんな試行錯誤がある。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Jun 7
パパ活してる人を見下す人がいた。 僕はパパ活もビジネスの一部だと思う デートや食事のみで対価を貰うには何かしらの価値を提供する必要があるし、体の関係があったとしてもつまらない女性だったらリピートはしないから。 ターゲットの設定、人を見抜く目、リピート戦略、結局能力ある人が生き残る
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 27
寂しい時に人からエネルギーを奪う方法の一つとして「わざとケンカをふっかける」というのがある。 口論して打ち負かすことや、それで相手が注目してくれることによって、承認欲求を満たすというわけだ。 いわゆる自分の存在の証明を歪んだ形で行うわけだが、SNSの誹謗中傷にはこの手のタイプが多い
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 20
今後オンライン授業が当たり前になってきた時、一部の優秀なカリスマ先生の動画の方が分かりやすいとなったら、一般の教師の役割は変わってきそう 細かい授業の準備をする必要がなくなるけれど、その代わり生徒一人一人と向き合う時間を作って、人間的な成長を促せる人が必要 マニュアル教師はいらん
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 12
Replying to @mast070651
結局、テクニックは料理で言うところのスパイスみたいなもの [天然の素材(等身大の自分)]に[適切な料理法(長所の発揮のさせ方)]があって、最後にスパイス(テクニック)を加えるからより美味しくなる。 大量のスパイスで素材の味を隠したら不味くなるのは当然。 まずは素材の味を活かすことから
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 12
自信が無い人ほど恋愛ではテクニックに走るけど、それは苦しい恋愛の始まり。 たとえそれで付き合えたとしても次に来るのは「素の自分を出したら嫌われてしまう」という恐怖心。 すると嫌われないように更にテクニックで偽りの自分を重ね続けて苦しくなる。 だから大切なのは等身大の魅力を磨くこと
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 11
メンヘラは感受性が高い。 人の表情や雰囲気などから、色んな情報を察知する能力に長けている。 それをネガティブな解釈に使うから不安の材料となる。 ポジティブに活用できたら、共感能力が高いため、他人の心のフォローをしてあげられる。 人の特徴は基本的に変わらない。 変えるのは活用の仕方。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 11
メンヘラと呼ばられる人達の特徴として[不安を自ら探し出す]というのがある。 ベースに「不安」があって、不安になるための理由を後付けで探している。 だからどんなに「大丈夫だよ」などと声をかけてもらっても、次の不安になる理由を探す。 ただ、本人は「不安にさせる相手が悪い」と思っている
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 May 5
この論文によれば、 「ロックダウンは大して意味なかった」らしい(笑) 経営者からしたら「ふざけんな」って感じだよね。 でも、コロナ脳になってる人は 「日本では自粛で感染者減ってるじゃないか!」とか騒ぎそうだけど。 やっぱり免疫高める健康管理が一番だと思う。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 26
Replying to @mast070651
じゃあなんで外出禁止などで抑えようとしているのかというと医療崩壊を防ぐため。 ヒステリックになったコロナ患者が増えて病院を圧迫したら、他の患者も救えなくなる。 検査数を大量に増やして崩壊したのがイタリア。 だから「検査数を増やせ」と言うのは医療崩壊を早めるだけ。
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 26
Replying to @mast070651
外出禁止などの封じ込めでコロナを根絶しようとしてる国なんて無い これだけグローバル化が進んだ世界で自分の国だけ鎖国なんてできないから。 封じ込めても他国からウイルスは入る だからといって鎖国を続ければ経済的に国は滅びる。 だから必然的に多くの人が感染して免疫を獲得するのを待つだけ
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 26
自粛をすればコロナが終息すると思ってる人がいるけど、自粛しても直ぐに終息はしないよ? 世界の国々は集団免疫の獲得を目指しているわけで、ワクチンも免疫を付けるためのもの。 つまり、感染でもワクチンでもいいから免疫を付けたいわけだ。 終息を早めたいなら、多くの人数が感染することが必要
Reply Retweet Like
ますと@心で繋がる男女論 Apr 26
男運が無い…と感じる時、 いつも同じ理由で別れているとするならば、それは自分自身がそういう男を選んでいるということ。 誠実で真面目な男性が理想…と言いつつも、自分を傷つけそうな男性ばかり選んでいる女性はよくいる。 大切にされると逃げたくなる女性は特に要注意。
Reply Retweet Like