Twitter | Search | |
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中
Philosophy. Culture and Representation Studies. Associate Professor at Ritsumeikan University.
60,259
Tweets
425
Following
31,030
Followers
Tweets
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 10h
ありがとう!
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 retweeted
中野エディット 16h
千葉雅也さんの本、ちょっと難しくて、難しい本は難しい本なりの役割があるけれど、マンガ化して概念をかみくだいたもの、作りたいし読みたいなぁ。 『動きすぎてはいけない』とか、難しいところもあったのですが、めちゃくちゃ面白かったわ。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 16h
Replying to @kagetsuta
ありがとうございます!!
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 16h
今日の授業はデリダ入門。二項対立をグキグキっと脱臼させ、「決定不可能性」のゾーンを開くテクニックを講義。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 retweeted
yuichi murakami 16h
しかし咳が酷くて実にまずい。この調子だとゲンロンカフェのイベントでは着帽マスクの不審人物として出ざるを得ないのではないかと思われるが、三浦俊彦先生の『エンドレスエイトの驚愕』を囲むイベントが5/29(火)にありますぞ。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 retweeted
Nao Tokui 18h
DJで二つの曲をクロスフェードするかわりに、中間のビートを生成して補間することでスムーズにつなげるという研究。技術的な内容は、他にも類似例があるのですが課題の定義が面白いですね Off the Beaten Track: Using Deep Learning to Interpolate Between Music Genres
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 retweeted
千野 帽子『人はなぜ物語を求めるのか』 16h
Replying to @chinoboshka
続篇、と言ってますが、『人はなぜ物語を求めるのか』は当初の計画の3分の1書いたところで規定の分量に達したので、これから発表する部分も当初の計画のなかに入ってた話題ばかりです。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 retweeted
千野 帽子『人はなぜ物語を求めるのか』 17h
Webちくまのリレーコーナーに書かせていただきました。そして『人はなぜ物語を求めるのか』の続篇情報解禁です。 File34. 千野帽子・選:ストーリーの不思議について、いっしょに考えてくれる本|昨日、なに読んだ?|webちくま
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 17h
最近、なんじゃこりゃっていう80年代みたいな柄物のシャツを着てる人を見る。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 17h
なんか、ホテルのキャッチコピーに、「エレガンスのないところに洗練はないと思います」というのがあったのだが、ほとんど同語反復ではないか。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 17h
Replying to @aimai_fuzzy
おおー、それは興味深い。ダメットとつながるという見方なんですね。僕も考えてみます。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 22
それはもしできれば文章にしてください!
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 22
続きは早起きしてやろう。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 22
背中トレ完了。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
この前読んだ社会学の論文に、「取り沙汰される」という表現があった。使ったことがない。そういう使ったことがない日本語の慣用表現がたくさんあると思う。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
我々は必要最小限の語だけで文章を書いてはいない。水増しをしている。そう言うと悪い感じがするが、水増しがない文章は読めたものではない。さて、そこに難しさがある。どのように適切で美しい水増しをするか。それがレトリックであり、儀礼性だ。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
たとえば、ひとつのそれほど難しくないことを説明するときに、僕の文章では通常、だいたい何文くらいの冗長性を確保しているのか。そういう意識を持つのも一案。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
儀礼性とはフォーマットだ。自分がどういうフォーマットで書けるかに十分なメタ意識があるだろうか。あまりちゃんと意識してない気がする。もっと自分の実存と切り離して、カタチをカタチとして意識して、そのなかで書けばいいのか。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
Replying to @masayachiba
要は、何か既存のフォーマットを想定して、そのリズムに乗せる。たとえば、予算申請の計画書っぽいスタイル、などもありだろう。
Reply Retweet Like
千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』発売中 May 21
Replying to @masayachiba
語り下ろし形式を採用して、ですます調で書くというのがひとつの方法。それで書き切ってから、再構成して直す。
Reply Retweet Like