Twitter | Search | |
山崎 雅弘 Apr 19
この大阪維新の会政調会長で大阪市長の吉村洋文氏の言辞も「大日本帝国と戦後の日本国を区別せず混同させるトリック」の一例。先の戦争は「日本が始めた」。「そして今の日本がある」のではなく「敗戦で大日本帝国が崩壊したから今の日本国がある」。
Reply Retweet Like
山崎 雅弘
「あの戦争で軍人が戦ってくれたおかげで今の日本がある」「戦後の平和と繁栄がある」等のトリックを信じてしまう人は多いが、事実はその正反対で、「当時の軍人が守ろうとした国家体制と政治思想」が敗戦で粉々に壊れ、全くそれと違う国家体制と政治思想が導入されたことで、戦後の平和と繁栄がある。
Reply Retweet Like More
山崎 雅弘 Apr 19
Replying to @mas__yamazaki
こういう歴史的事実を指摘することは、戦死した軍人や存命の元軍人に対して酷な言い方ではある。だからと言って「今ある平和は戦死した軍人さんのおかげ」などと事実を正反対に歪め、今を生きる若者や将来世代にまた当時と同じ苦しみを味わわせ、大勢の死者を出すことを、戦没軍人が喜ぶとは思えない。
Reply Retweet Like
暮密葉 Apr 19
Replying to @mas__yamazaki
戦争をしなければ敗戦もせず、又、戦没者や従軍慰安婦問題等の問題や原爆投下の悲劇も起きなかった。 故に前提条件から間違ってますね~
Reply Retweet Like
アサド兄さん。井戸知事の多選・六選反対 Apr 20
Replying to @mas__yamazaki
軍人といっても、憲兵や職業軍人の曹長、将校、軍事官僚と、招集された兵隊、学徒動員の人達とは考え方には大きな違いがあったように思う。職業軍人や軍事官僚はあの政治体制や戦争は居心地良く、逆に招集された方はかなりきつく前線で命を落とすことも多かったように思う。おかげでいうなら招集の方々
Reply Retweet Like
川野輪 秀一 Apr 26
Replying to @mas__yamazaki
その話はどこの日本ですか?
Reply Retweet Like
tamastent☆ Apr 26
Replying to @mas__yamazaki
その戦前からの,人達をも引き継いでの「意地と,眼差し」が,自分達,をもの,「平和と繁栄」に,とも,焦点が当てられていたからこその,では在ったのではと (新体制の,形(体裁)としては,受け入れた,ものの
Reply Retweet Like
JAPAN GREAT 日本は危機だ! Apr 30
その指摘は正しいですね。対米協調のチャンスを軍部がわざと何度も潰して、追い詰められて太平洋戦争に突入したんですから。 ただ、みなが言うのは軍人さんが、ではなくて日本を守ろうとしてくれた兵隊さんがいてくれたから、という素直な気持ちですよ。 いかに愚かな戦争であれ、祖国や故郷を
Reply Retweet Like
JAPAN GREAT 日本は危機だ! Apr 30
守るために亡くなっていった一般の兵士らに対して、私はすなおに手を合わせます。 まあ、軍人らについては、立派な人物も多数いましたが、将官クラスには老害のような輩もいたでしょうね。 また、中国相手の勝ち戦に奢っていた。それが日本占領の端緒をひらいた。 しかし、偉大な戦いでしたよ
Reply Retweet Like