Twitter | Search | |
丸山ほだか Mar 27
丸山ほだかです。①提出した主意書の答弁書が閣議決定。テロ等の「等」については「例えば、暴力団、薬物密売組織などを想定」し、準備行為の「その他」については法案に明記されている資金又は物品の手配、関係場所の下見の他に「例えば、犯行手順の訓練、犯行の標的の行動監視などを想定」とのこと。
Reply Retweet Like
丸山ほだか Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
②また、法改正後も親告罪のものは親告罪のまま、つまり同人誌などの二次創作における著作権法違反は非親告罪にならないという答弁を得ました。一方で、同人誌制作団体などは「組織的犯罪集団」に含まれるのかという問いに関しては、「お尋ねのような団体は、〜該当しない」としながらも、限定条件が。
Reply Retweet Like
丸山ほだか Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
③やはり他罪との並びの関係上、二次創作団体のみが絶対に対象とならないとすることはできないようですね。外形だけで何かを完全に排除すればその種の団体がテロ集団の隠れ蓑になるからでしょう。また条約上の義務にて著作権法違反を外すことはできず海賊版のみに絞ることもやはり難しいとの政府見解。
Reply Retweet Like
丸山ほだか Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
④今回の閣議決定の答弁はもちろん法解釈や捜査を縛るので、純粋に同人誌やグッズ等をつくる目的のみの二次創作団体であれば、著作権者から訴えられない限り本法での逮捕はありません。(現行法でも著作権者から訴えられたら罪に問われます。)あと、訴えられたら準備行為のみでも裁かれる可能性が
Reply Retweet Like
丸山ほだか
⑤あるという点は、団体に指揮命令系統がなければ著作権者の告訴があっても準備段階で逮捕はできないかと。どんな案件も最後は個別具体の事例に即して判断されるしかないですが、やはり本法案で一般の方が巻き込まれ、更に起訴有罪まで持ち込むことは考えにくい。引き続き更に細かく確認していきます。
Reply Retweet Like More
朔夜の月(つっきー) Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
基本的には一般の市民には、どうということはないよね(`・ω・´)キリッ
Reply Retweet Like
ucchie@3/11 名古屋ウィメンズマラソン Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
ほだかっち、おつおつおっつ〜です(○︎´∀︎`)ノ つなぎツイート、ありがとございまっす〜ん🎶
Reply Retweet Like
コロ介 Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
具体的な質疑回答や解説ありがとうございます。どう考えても一般市民に該当しない法律だと思うんですが。 今現在にテロ等準備罪の該当行為又はその準備をしてる団体、それらに指示されてる政党が反対してるって感じですね。
Reply Retweet Like
菊花_kicca Mar 27
Replying to @maruyamahodaka
丸山さんのように本当に日本と国民に必要なことを討議してこその国会、国会議員だと思います。いつも丁寧な説明ありがとうございます。
Reply Retweet Like
日本の洗濯は日本維新から Mar 28
Replying to @maruyamahodaka
①一般国民は危険な人物団体には強い警察権力は必要と思っている②権力の乱用にはメディア、野党のチェックかある。反対するのは自信がないのか③いきなり特高のような組織にはならない④その兆しが見えたならそんな政権は選挙で持たない。⑤自信がないから反対するのか野党は…ということかな。
Reply Retweet Like
noraneko Mar 29
Replying to @maruyamahodaka
なるぼどね。
Reply Retweet Like
日本の洗濯は日本維新から Apr 2
Replying to @maruyamahodaka
一般の国民は厳しくする事には然したる異論はないと思う。時の政府が行き過ぎれば厳しい選挙が待っている。又行き過ぎを指摘するのが野党、マスコミの仕事。国民はそこに期待をしている。反対すると言う事は自分達に”行き過ぎを糾弾する覚悟と自信がない事”に他ならない。
Reply Retweet Like