Twitter | Search | |
This is the legacy version of twitter.com. We will be shutting it down on 15 December 2020. Please switch to a supported browser or device. You can see a list of supported browsers in our Help Center.
Marina
株式会社ミミクリデザイン/Art Educator 。CULTIBASEにて「創造のカケラ」連載中。元美術教員。研究テーマは創造性や主体性開発。ART/学校教育/ワークショップ/インプロ/ビジュアル化/漫画も描くよ。 ▷
448
Tweets
136
Following
7,497
Followers
Tweets
Marina Nov 27
出社したくなる会社です! (コロナでまだ4回しか今年出社してないけど😂) 私は大好きな人と刺激し合いながら働きたくて、ミミクリへ転職しました。 一緒に働きましょ〜!
Reply Retweet Like
Marina retweeted
giri / カタギリショウタ Nov 26
視覚を味覚に表してみることで、より自分の感じる心と向き合えるのかも! おもしろい!
Reply Retweet Like
Marina retweeted
臼井 隆志|Mimicry Design Nov 26
クロスモダリティによるアート鑑賞、さすが!これは面白いなー。
Reply Retweet Like
Marina Nov 26
ARTをトーストにたっぷり塗って、味わって鑑賞する。「食べるグルメ鑑賞」を実験しました!🍞 ARTを食べるグルメ鑑賞|Marina
Reply Retweet Like
Marina retweeted
東南 裕美 / CULTIBASE Nov 18
本日のCULTIBASE記事更新!組織をクリエイティブにしたいのであれば、メンバーが自信を持ち、心理的安全な場をつくることが大事というのを再確認|人や社会がクリエイティビティを発揮するには?アート鑑賞と表現、インスピレーションの関係に学ぶ
Reply Retweet Like
Marina retweeted
CULTIBASE|組織イノベーションの知を耕すメディア Nov 18
人や社会がクリエイティビティを発揮するためのヒントは「インスピレーション」に詰まっているかもしれません。 金沢工業大学情報フロンティア学部 心理科学科 助教の石黒千晶さんに学ぶ、アート鑑賞とクリエイティビティの関係とは。
Reply Retweet Like
Marina retweeted
CULTIBASE|組織イノベーションの知を耕すメディア Nov 15
人は失敗を恐れるがあまり、自然発生的に生まれた創造的なアイデアに蓋をしてしまうことがあります。その問題を解決する一つの方法論となるのが「虚体験」です。今回は、創造性を刺激する「虚体験」のミニワークを動画で紹介しています。
Reply Retweet Like
Marina retweeted
みさきち|編集&ご自愛|GCストーリー Nov 13
面白かった! 無用の長物も、見方を変えて伝えるとみんなに必要なものになる。自分の固定化した見方に気付いて、ほぐす訓練が必要だなぁ。 見向きもされなかったモノを広めた「気づき」とは?:連載「創造のカケラ」第1回
Reply Retweet Like
Marina retweeted
anothersky0428 Nov 11
プチ創造ワーク 高機能のキャッスレス決済端末や○○Pay/××Payといった決済手段をマルチに増やすのではなく、「生活者が本当に便利になるたった一つの決済手段を考える」ですかね~ 見向きもされなかったモノを広めた「気づき」とは?連載「創造のカケラ」第1回
Reply Retweet Like
Marina Nov 11
CUTIBASEにて「創造のカケラ」という連載が始まりました! 読みやすくて、誰もが気軽に創造の面白さに触れられるような記事を目指してます😆 かるーく読めちゃうので、お暇な時間にぜひのぞいてみて下さい!👀 見向きもされなかったモノを広めた「気づき」とは?
Reply Retweet Like
Marina retweeted
東南 裕美 / CULTIBASE Nov 11
CULTIBASEで新連載「創造のカケラ」がはじまりました。アートエデュケーターの が世の中に散らばる創造のカケラを拾い集めるように紹介していきます!初回のテーマは「コピー機」です👀
Reply Retweet Like
Marina retweeted
安斎勇樹@CULTIBASE編集長 Nov 11
Replying to @marina_mimicry
の"異化"にも通ずる考え方。Labメンバー限定配信の音声ガイドでは、 が連載の背景を解説しています。
Reply Retweet Like
Marina Nov 11
Replying to @yukari_shmz
わたしも卒論発表した時に清水さんが美術科で発表されていたこと覚えてます!懐かしいです…! ありがとうございます😆
Reply Retweet Like
Marina Nov 11
Replying to @anachoreta
卒論を書く際の議論がわたしもとても刺激的てとても楽しかったです!当時アカデミックライティングや卒論の書き方を教えていただき、本当にありがとうございました! お陰様で大変でしたけど、最高に楽しみながら卒論かけたな〜と思っています。 投稿したいですね…ぜひ!また頑張りたいです😱 笑
Reply Retweet Like
Marina Nov 11
Replying to @Qta96
お久しぶりです!読んでいただきありがとうございます、そして学生の頃は大変お世話になりました。 私も実際に学校現場に入る中で、子供の自由を引き出すためにどう制約をデザインするかが課題の一つでした🤔
Reply Retweet Like
Marina Nov 10
Replying to @TakashiUSUI
臼井さんにも読んでいただけるなんて…!公開してよかった…!笑 フリードル・ディッカーは最高にかっこいいと思っている方なので嬉しいです!😆 ありがとうございます。
Reply Retweet Like
Marina retweeted
ぴよまま@ゆる教育ママ Nov 9
子供の主体性に関する論文。面白かった! 「子供はつまらない活動から面白いことを創出する力を本来持っている」 子供の主体性を引き出すには「楽しい教材」じゃないと、と思ってたんだけど、これって子供が楽しさを作り出す成長の機会を奪っていたのかな。
Reply Retweet Like
Marina retweeted
臼井 隆志|Mimicry Design Nov 9
教育における「パンクス」isこれ。課題の閉鎖性を突き詰めた結果、自由をもたらす教材の開発と検証、感動して心震えた。 【卒業論文】 学校における主体性の教育に関する 教材の開発と評価 ―「つまらな教材」の実践を通して―|Marina
Reply Retweet Like
Marina retweeted
Masuminno Nov 9
こーれは、おもしろい‼️ [教員の指示に子供は従わなければならないという現代の学校制度の前提を利用し、教員の提示した課題に従わないことを手段として、子供の「課題創出主体性」の発揮を可能とした。]シビレル‼️
Reply Retweet Like
Marina Nov 9
Replying to @tatthiy
舘野さんに読んでもらえるなんて光栄です(多くの大学生が読んでもらいたいであろう…!笑)。私も卒論を書いた大学生の頃から、教員経験なども経て考えがアップデートされているので、ぜひまたお話しできると嬉しいです😆ありがとうございます!
Reply Retweet Like