Twitter | Search | |
三國万里子
ハンドニットのデザイナーです。毎日きれいなものを探しています。
4,804
Tweets
29
Following
25,567
Followers
Tweets
三國万里子 retweeted
燃え殻 Jul 17
このアンケートに答えると自分の求めるものにいちばん近い政党がわかります。自分の地域の候補者の中で誰と考えが近いかもわかります。選挙に行く前に一度やってみると参考になるかと。 毎日新聞ボートマッチ えらぼーと 2019参院選
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 16
Replying to @marikomikuni
やってみていい、と思います。基本的には「つて」出回っている世界ですが、熱意と能力のある新人はいつもウエルカムだと思います。わたしは個人デザイナーなので人を雇うことはないのですが。。たとえば編集者はいつも新しい人を探してるし、出会いたいと思ってるみたいですよ。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 16
手編みの仕事の求人ってあまり見ないし、いきなり編みもので食べていこうというのは簡単でないかもしれない。そもそも具体的にどんな仕事があるのかもわかりにくい職種だと思う。でもそこを乗り越えて働きかける人が仕事を得ている、とも言えるかも。いいなと思う会社や編集者に働きかけるのは大いに
Reply Retweet Like
三國万里子 retweeted
菅野綾子 SuganoAyako Jul 15
福島 さんの吟醸桃オーナー制に申し込み、今日、自分の木を見てきました。ちゃんと名前がかかっていました。うれしいぞ。東京に戻り、うちがいいにおいパラダイス。そのままでも食べるけど、ジャムやら酵素シロップやらサングリアやらサラダやらいろいろにもしてやるぞ。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 14
連日息子から図書館のカビ臭い匂いがする。ゼミの発表が当番制なのだがそれがなかなかハードでいつの間にか周り中いなくなり、今は「毎回俺のターン」だという。先生が不憫がって「大変だろうから休み作るよ?」と言ってくれるらしいが、やはり毎週レポート書いて出てる。二人ともお大事にと思う。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 11
なんと楽しそう。第2回開催されるなら観に行きたいなあ!
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 11
8冊目の本のために作品コメントを書いている。締め切りも迫っているのにさらさら書けなくて弱っていたけど、ふと「誰かとか何かの都合に気を取られるのやめよう。さらさらなんて書けるもんか。いくら時間をかけてもいいことにする」と決めたら急におもしろくなってきた。あとは入り込んで、やるだけ。
Reply Retweet Like
三國万里子 retweeted
永田泰大(ほぼ日) Jul 10
任天堂元社長、岩田聡さんの本『岩田さん』、本日、ほぼ日で申込受付開始しました。発送は7/23から順次。どうぞよろしくお願いします。この日が来て、なんともいえない気持ちです。
Reply Retweet Like
三國万里子 retweeted
永田泰大(ほぼ日) Jul 9
ほぼ日では、何かを販売するとき、当日の混乱を避けるために発売前日に商品紹介ページをすべて公開することにしています。『岩田さん』の申込みは明日7月11日の午前11時からですが、紹介ページは今日から公開されています。立ち読みページもあります。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 8
Replying to @1996buzzM
もちろんいいと思います。ぜひ編んであげてください!
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 8
三國の本を見て編んだ作品を売る人が後をたたず、出版社側としてしかるべき措置をとろうと思うので委任状を書いてください、書類送ります、というだいぶシリアスな頼みごとを昨日メールでされて、今朝届いた封筒の中身がこれだった。いろいろ励みます。
Reply Retweet Like
三國万里子 retweeted
なかしましほ Jul 8
今晩21:00〜NHK「きょうの料理」で、ムラヨシマサユキさんと夏の焼菓子をご紹介します。 シフォンケーキの最新版レシピ、テレビではじめてお教えします。 ぜひご覧下さい!🍌🍌
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
母からの荷物にまたこんなお知らせが。 よかったら見てください、 何作るんだろー。。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
Replying to @satosikun
ミラクルの天使がいるとしたら、ニコニコ受け取る人のところに分配すると思いますよ。 冗談だって、笑う顔が見たくていうんですもん。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
Replying to @satosikun
あれは奇跡が起きたコンテンツでしたね。今見返したら、ルリボシカミキリも登場していました。 山下さんにはミラクルが似合う。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
Replying to @satosikun
わーそっくり! 山下さんよく知ってますよね、虫の名前。 そういえばあの不思議な色の虫、なんといいましたっけ、数年前の夏休み頃にコンテンツにされた。。。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
静かな古本屋の中、心で雄たけびを上げた出会いの一等賞はこれでした。1934年クリスマス号のHARPER’S BAZAAR、美しい表紙はアール・デコ期を代表するファッションイラストレーター、Erteの描いたもの。 こんな星空、今夜見られると良かったね。でもお願いは、こっそりしっかり、しますよ。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
これも同じ雑誌の中、「いろんな水玉!」というタイトルのページに登場する「作れる」ワンピース。ぼーっと5分眺めちゃった。むーー。手作り本で、とは言うまい、でも嫉妬する、この完成度。何より着たいわぁ。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
続けて古い雑誌を色々と買いました。これは1960年2月〜3月号のVogue Pattern Book。 「60年代の形って」というタイトルの最初のページを飾るのは、黒いトリムの施された真っ赤な細身のコート。これを作っちゃいましょう、という雑誌なんだから、少し昔、人々のソーイングの腕はすごかったのよね。
Reply Retweet Like
三國万里子 Jul 7
自分の手でものを作る多くの人にとって、イヌイットの暮らしは憧れだと思う。イグルー(氷の家)、カヌーやソリでの猟、毛皮の衣類に包まれて獣と一体化したような人々。でもこの写真集は変わっていく部分についてもしっかり伝えている。 撮影から40年、この男の子もわたしとそう変わらない齢なんだな。
Reply Retweet Like