剣城かえで@耽美小説 Oct 16
『私は私を道連れに』 死に連れて行けるのは自分だけです。書いた小説も美しい薔薇も連れていけないのに、自分だけはずっと私の道連れ。 誰かと歩もうとする前に自分と結婚するつもりで生きる。 連れていけないものを愛せるのは、自分を自分の道連れに死ぬことができる人だけです。