Twitter | Search | |
manabinomirai
流通のコンサルをしている友人(結構有名人)から聞いた話。 地方のタワレコ閉店後、その地域の人たちはネット店へ移ったかというと、多くの人が音楽を聴かなくなったそうです。 ネットは目的がある人向けで中間層はわざわざいかない。 リアル店が、実は音楽文化や読書活動を支えていたんですね。
Reply Retweet Like More
霧雨時雨 Jan 8
Replying to @manabinomirai
manabiさんの仰る影響もありそうですが、今の経済だと衝動買いをするほどの余裕がなくなってきたのも事実だと思います。 あくまでこれも一部分でしょうが現代と違い様々な娯楽を始めやすい環境なので様々なものお金をかけてほかのことに時間や関心などが向いているのかもしれません。
Reply Retweet Like
manabinomirai Jan 8
Replying to @Sigre1119
そうですね。 これも一つの傾向であって、個々人にとっては、いろいろな要因もあるとは思います。 あと、書籍に関して言えば、書店をささえていたのは年配なんですね。POSレジのデータなどからもわかります。 年金の問題などからも離れていくという人もいるでしょう。
Reply Retweet Like
プリキュ Jan 7
Replying to @manabinomirai
煽りでなく不思議なんですが、 >多くの人が音楽を聴かなくなった これどうやって確認したんでしょうか
Reply Retweet Like
プリキュ Jan 7
Replying to @manabinomirai
>地方のタワレコ閉店後 とのことですが、それ以前から皆ストリーミングやダウンロード、ネット通販に移行しており、それによってリアル店舗の必要性が薄れ、閉店に至ったとは考えられないでしょうか ネット店に移ったわけではないとのことですが、個々人のネット環境を調べる術もないですし
Reply Retweet Like
サラリーマン Jan 7
本屋も似た傾向じゃないですか? 必要に迫られて購入する分は別としても、 本屋でちょっと気になった、 意外に面白そう、 の動機づけがリアルじゃないと起きないので、 購入する本、雑誌の量が減ると思いますよ。
Reply Retweet Like
のんたん Jan 7
Replying to @manabinomirai
少し逸れますが遥か昔レコード店健在の頃、フラりと立ち寄り気になるレコードはお店の上質な機材で聴かせてもらえました。ジャケットに惹かれて聴いてみることも。新たなジャンルやアーティストらとの初の出会いもあり、店主らからの情報も豊富で、中学生がちょっとだけ背伸び出来る場でもありました。
Reply Retweet Like
ぺろんとぺいつ Jan 7
本を読むより本屋ぶらぶらするほうが楽しいですもんね。ね、って僕だけかも知れないけど。そんで読まないのに買ったりして。
Reply Retweet Like
ざるそば@けんぞくぅになりました Jan 7
Replying to @manabinomirai
加えて昔はコンビニや街中の店舗などでその時の流行曲が有線で流れてましたけど、今はそれらや音楽番組も無くなって(ミュージックステーションはジャニとAKBばかり)日常生活で音楽と接する機会が減ったから尚更一般層は音楽から距離を置くようになりましたね。
Reply Retweet Like
田邑真紀🔴McRash⚫️亀羅家荷紺🇧🇷🇯🇲🇹🇭🇰🇷🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 Jan 8
リアル店舗の「偶然の発見」という機能を軽視して、ネット配信万能と言う人々は、多分試行錯誤なんか要らないから真っ直ぐ、いち早く正解や評判の作品にたどり着きたいだけなのかなぁ、という気がします。玉石混淆だから、自分の審美眼やセンスが磨けるのだと思うんですがなぁ。
Reply Retweet Like
しょうたろう Jan 7
Replying to @manabinomirai
わかります。CDも本も内容物さえあれば良いかというと、って話で、ライナーノーツや本そのものに触れた感覚が好きだったり。音楽も本も人間味がそのままでるものだからなおさら。。
Reply Retweet Like