Twitter | Search | |
M. Morise (忍者系研究者)
TLの流速制御のため,非公開リストで補足するようにしました.WORLD: STRAIGHT Library:
36,282
Tweets
37
Following
1,634
Followers
Tweets
M. Morise (忍者系研究者) 14h
延々と仕事をやっていると,段々曜日感覚が破壊され,今日が何日か分からなくなってくるな.日付を書くとき何日か必ず確認する癖がついてしまったw
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 19h
最終的には3点のバランスになります.現状は,1点目だけで色々と煽っているのが問題だと思っています.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 19h
人工知能が人間の仕事を奪うってお話は,「技術的にできること」「費用対効果」「人類の幸福度が上がるか」を独立して議論しないとならんのです.現状は,技術者が1点目を主張しマスコミが焚きつける構図だけど,3点目が一番重要だと思っている.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 19h
私の場合「人工知能で人間の仕事が無くなる」って扇動する人に対する皮肉ですw
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 19h
一昔前は,現実に対してインターネットが隠れ家的ポジションだったけど,ここ数年,インターネットに対する隠れ家が欲しいと思うことが増えた.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 20h
Twitterが,RT稼ぎの一発芸と有名人を愛でる場になっている,という突っ込みがあった.確かに,元の主旨とは違う方向へ進んでるよね.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) 21h
人間関係を構築するために重要なのは,合わないと思ったときの選択肢に「相手を変えよう」を入れてはいけないこと.基本は「自分が合わせる」か「交流を諦める」の二択.他者の価値観を自分のものさしで否定し,さらに,自分のために相手の価値観を是正しようなんて考えは傲慢なのですよ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
「常識とは,18歳までに身に付けた偏見のコレクションである」といったアインシュタインを見習って,どうぞ.「常識」からの解放が,楽に生きるコツ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
なんというか,人生において行動の判断基準を「ふつう」とか「人の目」を気にするのって,凄くストレスたまりそうなんだよな.その判断基準に沿ったとして,別の誰かが満足しないと自分も満足できないってのは凄くおっかない.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
「君たちはどんなに頑張ってもリア充にはなれない」意識高い系は、なぜ面倒くさい? 文筆家・古谷経衡が暴く“承認欲求の怪物”の正体 意識が高いことと,意識「だけ」が高いことは分けて,どうぞ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
(律儀に片付ける研究者の鑑)
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
うおお,このタイミングで1つ緊急の仕事だぜ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
言い換えれば,そういうことをしないと研究時間を確保できないくらい,現場はヤバイってことなんですけど,ね.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
政治交渉は好きじゃないんですけど,研究時間をキープしつつ予算を確保するためには,政治交渉が必要な時代なわけです.真向から議論して時間を浪費するより,簡単に根回しすることで同じ結論に早く到達できる.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
とはいえ,政治的な交渉により,一番頭が痛かったネタを戦略的撤退に追い込めたので,ストレスは労働時間以上に減りそうな予感.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
来年度から多少暇になるかと思ったけど,「暇」とまでは言えない感じだなぁ.年5000時間労働が4000時間くらいに減らせる見通しなので2割カットではあるけどw
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
学歴とは言うけど,あれって卒業時時点でのスクリーニング以上の意味は無いんだよね.結局「現時点で最終的に何を成してきたか」が重要なわけで.卒業時点では実績が見えにくいから「どういう教育を受けたか」でスクリーニングする意味はあるけど,数年経ったらもう関係ない.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
考えてみると,式典系のイベントは,可能な限りパスしていた気がする.成人式も興味なかったしなぁ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
自分自身はといえば,学会参加を優先するか研究時間を優先するかで,大学以降は参加したことが無いのです.博士号取得の際は壇上に上がれるから是非ともと誘われたけど「面倒なんで必要書類は全部郵送でヨロシク」と返すくらいには興味がない.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Mar 25
卒業式のシーズンといえば「卒業式に参加すべきか否か」という話題があるけど,あれってスポンサー(主に親)のためのイベントなので「親の意向に従うべし」が正解だと思っている.自分で学費出している場合は自己判断でOK.
Reply Retweet Like