Twitter | Search | |
M. Morise (忍者系研究者)
TLの流速制御のため,非公開リストで補足するようにしました.WORLD: STRAIGHT Library:
34,687
Tweets
37
Following
1,378
Followers
Tweets
M. Morise (忍者系研究者) Nov 28
WiMAXを忘れ,現地でオンラインミーティングやるためのヘッドセットまで忘れてしまうという大失態をやらかしている.いざとなれば現地で買えるし,まぁ何とかなるだろう.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 28
さて,今日は大学で講義してから空港に直行→そのままハワイ.これが学会じゃなければ楽しいんだろうけど,今回は学生の帯同もあるので,1人の時よりかなり神経使うのだ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
育てる言い方の模範は「〇〇していないなんてけしからん」を「〇〇したらもっと良い研究になりそうですね,続報を楽しみにしています」と変えるだけなので,これを見ている研究者の方々には是非とも真似してほしいなぁ.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
サーベイ量とか経験とか,そういう時間をかけないと埋められないパラメータで研究歴が浅い人をマウンティングする研究者にはなりたくないと思うわけです.経験の浅い人には,オススメの論文をさっと推薦できる研究者になりたい.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
「学会はプロが発表する場だから,学生の未熟な発表でも容赦しない」という意見もあるけど,学会全体で学生を育てる文化になってほしいと思う.ポスター発表で学生に理不尽な質問をして困らせている人を見たら,さりげなく割り込んで話題を変えるようにしている.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
分野外の人だと,基本的なサーベイが足りなくて抑えるべき研究が抜けていたりするんだけど,そういうのを「勉強してから出直せ」と門前払いにする人は結構います.性能は出ないけど結構面白いアプローチだったりするので,参考にすべき関連論文を提供して育てる意識を持ってほしいね.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
統計を使った音声分析だと,今年のINTERSPEECHでF0推定を統計的にやるってアプローチがあった(スペクトル包絡推定はもっと前からある).個人的には性能さえ出ればアプローチは自由だと思うので,色々な分野のアプローチで音声分析分野に参入してくるのは常に歓迎したい.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
DNNを活用する分野の先生とお話すると,DNN万能派(将来的に人間を超える)とDNNは案外すぐに限界が来る(10年程度で別の方法に食われる)派がいて面白い.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
恐らくですが,エンジニアリングとサイエンスとで棲み分けすることになりそうですが,エンジニアリングとしてはNeural turing machine系に偏りそうな気がしています.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
なので,私は粛々と音声分析合成技術を飽きるまで作り続けます.餅は餅屋に任せることにして,安易に流行を追ってはいけない(戒め
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
ただ,DNNが音声処理の主流になることと,音声分析技術が不要になることってのは全く別のお話.例えば聴覚を計測する際音声のどういうパラメータが効いているのか調査しようと思うと,ニューラルネットワーク系だと難しい.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
やっぱりそうなりますよね.波形だけで処理が完結できるって,音声処理の1つの究極系ですし...
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
将来的には「波形to波形」のDNNが主流になる予感はあるけど,その次が読みにくい.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
HMM→DNNへのパラダイムシフトはまぁそうだろうなぁ,と思うけど,ポストDNNってどうなるんだろ.NN→DNNのようにHMMがパワーアップして逆襲してきたら面白いんだけどw
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
HMM音声合成の土台を作り上げた方々に言われると,これ以上ない説得力を感じますわw
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
端的にいえば,テレビやネットでのニュース数の増減に基づいて世の中を測ってはいけないということです.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
高齢者の運転による事故もニュース数が増えていますが,実際に比率が有意に増えたってデータは(今のところ)無いわけです.ニュースは視聴者が喜びそうなものをテレビ局が厳選して流す以上,我々が見ているのはそういうバイアスで切り出されたごくわずかな世界ということです.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
特定のカテゴリに属する公表だけ氏名公開が有意に遅れるって証拠を出せば単なる事実の指摘になるので,言いたい人はまずデータ集めて統計的に解析してみたらいいのに.
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
百田VS津田「在日」論争が拡散中 「ヘイトスピーチ」か「言論弾圧」か(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース これって,実際に氏名の公表に問題があった事件を対象とした犯人の統計ってないのかな?
Reply Retweet Like
M. Morise (忍者系研究者) Nov 27
最近の音声研究分野はHMMやDNNが細分化しているけど「統計的音声合成」でまとめてしまったほうがすっきりしそうな気がするな.
Reply Retweet Like